週刊少年ジャンプ06・07合併号『うろおぼえウロボロス!』の感想

cover07.jpg
『うろおぼえウロボロス!』
小畑健・漫画/西尾維新・原作
集英社週刊少年ジャンプ06・07合併号/?250



『2年2組柿崎くん きみに折り入ってお願いがある
 返事はイエスでいい!』
・・・え、強迫?(笑)


<感想>
生まれて初めて『週刊少年ジャンプ』をまともに読んだー!!(笑) むちゃくちゃ『うろおぼえウロボロス!』目当てでしたが、日頃『読書とジャンプ』さん『無駄話』さんで、作品知らないのにジャンプ感想だけ張りきって読んでる私としては(笑)、話題のアレとかコレとか読めて楽しかったですw 『銀魂』って、これかぁ!!(遅…) ありがとう、小畑健先生!! ありがとう西尾維新!!(愛ある呼び捨て・笑) お二人のおかげですw 


で、『うろおぼえウロボロス!』。 
転校生・柿崎杮(かきざき・こけら)のもとに舞い込んだ不思議な依頼(?)は、「妹からの告白に応えること。もちろん返事はイエスでいい!」というもの。 迫力あふれる依頼主の名は、張本漲(はりもと・みなぎ)。 告白主は、張本帳(はりもと・とばり)。 都市伝説となった最強?の「ウロボロス」を背負う二人は、学校一の有名人だった。 微妙にすれ違う二人の様子に、柿崎の「困った癖」がうずうずし出して…。


ものすっごく、「西尾ワールド」でした。 ん?ちょっと違うか。 ものすっごく、「小畑健にしか描けない西尾ワールド」でした!! 2ページ目で、マーカー片手にポーズを取って髪をなびかせる張本姉を見た瞬間、「うわ、これ西尾維新だ!!」って思ったもん。 漲さんの「動きに軸がある」様子とか、小畑絵がちゃんと表現してますよね。 うわこの二人、めっちゃハマる!!


よく考えると、盛大な姉妹ケンカを仲直りさせるだけのストーリーなのだけど、西尾維新の手にかかると何だか絶妙なまでに普通じゃなくなるから面白い。 相変わらずキャラ設定は上手だし。 「なんでも世界一」設定って何だ…(笑)と思いつつ、こんな時まで「二つ名」にこだわる西尾氏は凄い。 そういえば以前どこかで、「二つ名が思いつけば小説は出来る」と言ってましたよ。 でもそのおかげで人物の輪郭がしっかりして、漫画になっても耐えるんですよね。 

そんななかでも特に、漲さんの造形がとても魅力的でしたw 暴力に直立不動で耐える姿は、彼女が扱う「力」が暴力ではなく「武力」なのだと体現してるようでかなり好き。 しかも、可愛い。 少しくらい傍若無人だって、私は許しますよ(笑)。 あ、あと、柿崎の戦い方を見た瞬間、「も、もしかしてこれがカポエラ!?」とちょっと思いました(註・たぶん違う)。 『DEATH NOTE アナザーノト ロサンゼルスBB殺人事件』の読みすぎです。 何のことか分からない人はここで本の感想を読むか、カポエラを調べるかしてください(笑)。


何となく感じてたことなんだけど…西尾維新の世界観って、「絵」で表現したくなる「何か」が有るんでしょうね。 文中で丁寧に色彩を表現するし、あとはいろいろ奇抜な感じが、漫画という手法に合ってるのだろうな。 表現vs表現、みたいな。 『刀語』でイラストの竹さんが、「十二単を二重にしたような」と言及されてるとがめに、わざわざ薄地の衣装を着せてたりしたけど、あれも絶対に計算された表現だし。 今回の小畑先生の表現力も素晴らしかったです。 ごちそうさまでした!! 





Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


☆オススメ