2007年の本。

2007年もまもなく終了。 今年は一年過ぎるのがものすごく早く感じられてびっくり。 単に仕事が忙しくなったからなのですが、読書の時間が減っても読むことはやめなかった自分がちょっと好きです(笑)。 だって、本に救われたことも多いし。 これからも、言い訳せずに読み続ける人でありたいと思ってます。

で、2007年でとくに思い入れのある本を挙げてみることに。 一応シリーズものは1冊を選ぶ形にしました。 「マンガ編」と「小説編」に分けましたが、「小説編」は「続きを読む」からお入りください(文字数が…笑)。

それから、今年1年とてもお世話になりました!!
どうぞ2008年も宜しくお願いします!!




●マンガ編●

まじっく快斗 4

13年ぶりの新刊発売に、狂喜乱舞した覚えが(笑)。 
真っ白なタキシードにシルクハット、気障な台詞で世間を騒がせる「怪盗キッド」の正体は、高校生マジシャン・黒羽快斗。 彼は父の死の真相を追うために宝石を盗んでいて…という傑作コメディ。 私のマンガ原体験のひとつである、大切な作品。 でも、5巻の発売はまたもや未定…まぁ、待ちますよいつまでも(笑)。
  →過去記事 『まじっく快斗・4』の感想



フルーツバスケット 23

8年間の連載の、最終巻。 これほど泣いて泣いて、一人一人の感情に寄り添うように読んだ作品は、他にはないと言っても過言ではないです。 そのくらい、ずっと一緒だった。 1800万部を売り上げたのは、さすがのひと言です。
これでもか!!というくらい幸せな結末が、これまた嬉しい。 紅葉くんの生き方を尊敬しつつ、「ありがとう」を伝えたい作品です。
  →関連記事 『フルーツバスケット・23』(完結)の感想




1ポンドの福音.4

こちらも11年という大幅な中断を経て再開し、きちんと完結を迎えた作品。 ボクシングというスポーツの部分と、コメディな面、それから「ちょっと良い話」のバランスが絶妙で、読むと元気になれるお話だと思ってます。
2008年は亀梨さん主演でドラマ化も決まっているので、まだチェックして無い人はぜひ原作も読んでみてください。 いろんな違いが楽しめると思います。
  →関連記事 『1ポンドの福音・4』(完結)の感想 



おおきく振りかぶって8

言わずと知れた、高校野球の傑作マンガ。 我らが西浦高校が強豪・桐青に1点差で勝利をおさめた8巻は、今まででイチバンの熱さと涙を届けてくれました。 部員たちと一緒にたたかって、応援団と一緒に応援して、そのうえ相手チームにまで想いいれが生まれてしまいます。 青年マンガはちょっと、という少女マンガ好きさんや、野球を知らない人にも、ぜひ読んでいただきたいお話です。
  →関連記事 『おおきく振りかぶって・8』の感想



金魚奏 2

今年の白泉社刊行の少女マンガで、イチバンの傑作だと思っているのがこの『金魚奏』でした。 すなおで一途な女の子と、耳の不自由な青年が、太鼓の音をつうじて想いを交わしていくピュアなお話。 気持ちは溢れてるのに伝わらない言葉のもどかしさを「金魚」で表したのも素敵。 読みながら、本気で二人の恋を応援してました。 この表紙も可愛いんですよね~!! 大好きです!!
  →関連記事 『金魚奏・2(完結)』の感想




Q.E.D.-証明終了- 27

MIT帰りの天才少年・燈馬想をホームズ役に、元気印の少女・水原可奈をワトソン役?に配置して、殺人事件から数学ミステリまで幅広くあつかうミステリコミック。 27巻は、まもなく始まる「裁判員制度」をとりあげた傑作ミステリに仕上がってます。
ふだん「マンガはちょっと」と言う人にもオススメ。 うちの母も読んで面白かったっていってるくらいですから(笑)。
  →関連記事 『Q.E.D. 証明終了・27』の感想




黒博物館スプリンガルド

19世紀のロンドンという時代から語り継がれる「バネ足ジャック」を、カッコいい冒険活劇に仕上げた藤田和日郎の手腕が素晴らしい作品。 実ははじめて藤田氏の作品をきちんと読んだのだけど、もうすっかりファンになってしまいました。 コミックにしては珍しく、本の装丁にもこだわったところがポイント高いです!!  シリーズものでは(今のところ)ないので、この本だけでもぜひ読んで!!
  →関連記事 『黒博物館 スプリンガルド』の感想




●小説編●

ぐるぐる猿と歌う鳥

柔らかい語り口がいつも素敵な加納朋子さんが、「かつて子供だったあなたと少年少女のための」講談社ミステリーランドで書き下ろした作品。 めずらしく、口の悪い少年が主人公ということや、作中で使われる九州弁も、新しい魅力でした。 「社宅」という限られた世界のなかで、子どもたちの絶妙な友情が隠し続ける一人の少年の生い立ちに涙涙!! 大人にも子どもにも読んでいただきたいお話です。
  →関連記事 『ぐるぐる猿と歌う鳥』の感想




図書館革命

大人気『図書館戦争』シリーズの、最終巻でした。 私は今年初めて有川作品を読んだけど、あっという間に嵌ってしまいました。 図書館と戦争という一見そぐわない組み合わせを、独特のスピード感と台詞回しで読ませる手腕はさすがです。
白泉社『LaLa』とメディアワークス『電撃大王』でコミカライズ、そして2008年はアニメ化も控えてますので、未読の方はこれからチェックしても間に合いますよw
  →関連記事 『図書館革命』の感想



恋のドレスと運命の輪
『恋のドレスと運命の輪』 青木祐子/あき

今年イチバン私がはまりまくった作品です。 「恋のドレス」を仕立てるクリスと、彼女を気に掛ける青年貴族シャーロックが、「闇のドレス」の謎に迫る恋物語。 相手を想う気持ちでいっぱいのじれったさを味わいたい人には、もう本当にオススメ!!
とくにこの間は、クリスとシャーロックの間にあった壁をひとつ乗りこえたラストがもう!! もう!! どーしようもないくらい素敵なんです。 ぜひ第1作目から、二人のじれったくも純粋な想いを堪能してほしいと思います。
  →関連記事 『恋のドレスと運命の輪』の感想





Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


☆オススメ