『7時間目ラプソディー』の感想

459218839x.gif

『7時間目ラプソディー』 田中メカ
白泉社花とゆめコミックス/2006.5.10/\390




『ホタルも同じ 自ら恋の火を燃やして光る
 ――音も立てず』



<ご紹介>
白泉社の隔月刊誌『LaLaDX』で、読みきり掲載された3部作。 青春大好きな高校教師と、夢見る少女の清く正しい(笑)ラブコメディです。 同時収録『Light Right ラビット』。

クラスの学級委員長・倫子さんは、真面目でしっかり者だけど、少女小説好きな妄想少女。 専ら悩みのタネなのは、担任の佐久先生のこと。 文化祭でコスプレ喫茶を企画するようなお調子者の佐久先生に、オクテの倫子さんは振り回されっぱなし。 でも、先生が開く「恋愛相談室」を覗いたことで、倫子さんの恋心も目覚め始め…。 同級生のマサオ君も加わって、放課後、二人のヒミツの7時間目はどんな音色を奏でるのでしょうか?
    →関連記事 『キスよりも早く・1』の感想


<感想>
メカ作品の中で1・2を争うほど好き。 なのに何で感想書いてなかったんだろう私…。 メカさんは受賞作である『Light Right ラビット』からずっと大好き。 なので個人的に、メカさん大好き!! な遍歴を辿れる貴重な一冊なのです(笑)。 思い入れ強すぎて、書き忘れてたのかな。


お話の内容は、もう王道中の王道である「教師と生徒」の恋愛コメディ。 でも、きっちり本気で真面目なもの。 最近すぐどーにかなっちゃう悪い教師がいますが、この本はそゆのないので(ないよね?)安心して読めるのも魅力。 清く正しいのに面白い。 これがスゴイ。
そういえば一度通りすがりの方から「りるさんはこういう設定が好きなんですね」という可愛いメールをいただいたことのある私ですが(笑)他のレーベルで連載されてたこの設定の少女漫画は全然面白くなかったのですよ(それに、もっと好きな設定あるし…)。 


最初は敬遠してきた先生を異性として意識するようになる展開は、少女漫画ではよくあるパターン。 それなのにこの作品を面白く感じるのは、おさげで真面目で佐久先生に振り回されてしまう倫子さんが、そりゃもう壮絶なまでに可愛いから、だと思う。 少女小説を読んで恋愛への夢を募らせるところなんか、マンガ読みなら一度は覚えのあるんじゃないかな? そりゃもう可愛いです。 なので、佐久先生が倫子さんを構いたくて仕方ない気持ち、読者はよく分かるという運び。

その佐久先生も、いわゆるカッコイイだけの人ではない辺りがコメディ要素。 青春大好きwなので、生徒の適度な恋愛をバックアップするのというフザケた一面と、真面目で生徒想いなギャップが、何故か澄まし顔したただのオトナより魅力的に見えるから不思議w

一人の人間にこういう幅広い面を持たせるのが上手な作者さんなので、いろんな角度から登場人物を見れるのが、面白さのヒミツなんじゃないかと思います。


3話の中でどれが好き?と聞かれたら、私は第2話が好き。 林の中で過ごす倫子さんと先生だけの短い時間が、とても濃密に描かれていて、ホントどきどきする。 それに、「夏虫」と「言わない気持ち」をかけた表現が上手すぎるんですよ。 描き下ろしのバレンタイン小話とその後のお話も可愛いので、雑誌で読んだ人にもオススメですw


<まとめ>
現在『LaLa』本誌で『キスよりも早く』を連載中のメカさんですが、教師と生徒の恋愛モノとしては、こちらが先輩格の作品。 未読の方は、是非一度お試し下さいw

<関連サイト様>
●感想拝読しました・・・9/2 『土星のわっか』 『☆My Comic List☆』
●この本を買う・・・ 『bk1』 / 『Amazon』
●出版社・・・『白泉社オンライン』



 


Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


☆オススメ