『刀語 第七話 悪刀・鐚』の感想

刀語 第七話 悪刀・鐚 (アクトウ・ビタ) (講談社BOX)
講談社
西尾 維新(著)竹(イラスト)
発売日:2007-07-03

『わたしの刀はそなたしかおらんと思っておるわ
一度や二度負けたところで、それは変わらん』

<ご紹介>
何者かが死霊山を壊滅させたという報を受けて、一路土佐へ向った七花ととがめ。 そこで七花は、死霊山の僧侶を殺して『悪刀・鐚(ビタ)』を奪取したのが姉の鑢七実だと知り驚愕する。 刀を賭けて勝負する二人。 だが、『悪刀・鐚』を胸に秘めて挑む七実の前に、七花は惨敗してしまう。 全てを極める姉の強さに絶望する七花だが、とがめは覚悟と奇策を持って彼を叱咤する!! 悲しき姉弟対決、ここに決着!!
    →過去記事『刀語 第一話 絶刀・鉋』   →過去記事『刀語 第四話 薄刀・針』
    →過去記事『刀語 第二話 斬刀・鈍』   →過去記事『刀語 第五話 賊刀・鎧』
    →過去記事『刀語 第三話 千刀・ツルギ』  →過去記事『刀語 第六話 双刀・鎚』

<感想>
真庭人鳥(ぺんぎん)、めっちゃラブっ!!(笑)な第7巻でした(そこかよ)。
竹さんの描くイラストはいつも素晴らし過ぎて涙が出るのだけど、もちろん、今回のメインである七実姉さんのイラストも感涙ものの出来栄え。 目次と最終頁の幼い姉弟の絵が、今回の悲劇を一層引き立てていることは間違いなく、ホント、竹さんのイラスト無しに語れないです、『刀語』は。

さて。 森博嗣曰く「孤独な数字」である「7」ですが、メインの七実姉さんの孤独っぷりは凄まじいものでした。 はまり過ぎです。
正直、強すぎる彼女に七花が勝つには(舞台設定はともかく)あの方法しかないと思っていたし、彼女が負ける理由も彼女自身の強さ故だろうと予想はついてました。
でもさ、でもやっぱり寂しいですよ。 何か、いろいろ寂しい。
姉弟で殺しあうことも、強すぎることも、生きられないことも、愛されないことも、愛することも、いろいろ寂しいです。 でもきっと、だからこそ尊くて、七実姉さんはその大切さを七花から得たかったのでしょうね。
七花には残酷でしたが、結果としてとがめが欲しかった「覚悟」を七花が得たことは、皮肉ですが七実姉さんからの贈り物になったようです。

そして今回、とがめさんの奇策がこれ程までにハマったことがかつて有っただろうか、いや無い!!っと思わず反語が出てしまうくらい効果的な結果になったことがスゴイ。 7巻目にして初ってどーなのよ?(笑)と思いつつ、あれを実行したとがめさんに乾杯。 イメチェンも、超可愛いです♪
そして、嫌々始まった割りに最近めっちゃカッコよく決まる七花のキメ台詞も相乗効果があり、このコンビの充実ぶりが伺えました。 そうそう、今回のらぶイベント(?)は、痴話喧嘩、でした(笑)。

問題の『悪刀・鐚』は、個人的には『双刀・鎚』よりは納得できる刀でした。 今までの刀は全て尾張送りになっているのに、今回だけとがめの手元に残しているのが、今後の展開に関わりそうな気がするのは、私だけ??

<まとめ>
気になる(そしてウザイ・笑)新キャラも登場して、ラストへ向けてスパートがかかってきた『刀語』、次は『微刀・釵』・・・なんですが、巻末の予告ページにある毛筆だと『徴刀』に見えるんですが…これ、大丈夫っ!?(笑)。

<関連サイト様>
●感想拝読しました・・・『booklines.net』 8/13『読書とジャンプ』
●購入する・・・『刀語 第七話 悪刀・鐚』を『bk1』で調べる
●西尾維新の過去記事→『ネコソギラジカル・下』 『DAETH NOTE ANOTHER NOTE』
                 『xxxHOLiC アナザーホリック ランドルト環 エアロゾル』


    



10時半までに購入⇒その日に届く!(関東一円) 読みたい本を見つけたら、すぐ【bk1】!!



Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


☆オススメ