『鉄腕バーディー・16』の感想


『だけど、この星で――戦闘中の君の
味方ができるのは 僕だけじゃないか!』
表紙、目の毒っ!!(笑)


<感想>
続刊なのでいろいろ略。  →関連記事『鉄腕バーディー・15』の感想
                 →関連記事『鉄腕バーディー・14』の感想

                 →関連記事『鉄腕バーディー・17』の感想


内容は(以下裏表紙より)こんな感じでした。
闘いは終わった。 氷川が、そして御堂が散った…。 氷川を殺すという結果になり、やるせない想いを抱くバーディーと、その現実を己のものとして受け止めきれないつとむ。 そして、何も言わずに友の前から去った千明。 それぞれが痛みと喪失を味わい、歩き始めた旅路には…!? 第三部、突入! 二心同体SFアクション、第16巻!!

という訳で、長かった「月下の騎士」編と共に第二部が終了し、第三部が幕を開けた16巻。
それを象徴するかのような第168話「月下の騎士♯26」。 扉絵で満月に向う千明の背中から始まり、逆に満月を背にたつ姿で終わる感じが、とてもカッコイイ作りでした。 内容は氷川メインなのに、始終が千明。 そして最終的にこの二人が「去る」わけで、う~ん、濃いですよ168話!!

氷川の最期は、彼の実際年齢が判明した前巻あたりに予想した通り、老化が大きかったわけですが、それに逃げず敢えて手を下させた展開に嘘がなくていいな、と思いました。 殺させない手も有ったと思うけど、これによってさらにつとむが成長する兆しをみせているので、今後の展開も楽しみになる(前述したセリフ、なかなか素敵だ!!)。
バーディーの苦悩をつとむも考えるようになるあたりから、二心同体になった意味がやっと見えてきた気がします。 頑張れつとむ!!

前回ゴメスと手を組んだ効果がでて、獣化した3人はあっさり消されてましたが、リーさんの描写がなかったのが気になる…。 意外としぶとい、というかゴメスと手を組まれてたりしないでしょうか…(不安)。
そもそもゴメスは、千明をどうするつもりなのかなぁ? っていうかもっとそもそもの話、ゴメスは何をどうしたいのかなぁ?(キホンですよりるさん…)

さて第三部。 いろいろサービスカットの多い第三部。 ……目のやり場にこまるんですけどっ!!(笑)
阿留多文書なる伝説と鬼の木乃伊につとむ達が絡んでいく訳だけど、バーディーのそっくりさんがいたりなかなか意味深です。 千明と似たような感じで、アルタ人が地球に来た際の子孫、とか? 早宮さんがつとむを本格的に怪しんできたり、次巻へひっぱる作りでした。 しかも次はラブコメ?らしいですよ!!(笑)

<まとめ>
バーディーたちのナイスバディにやられながら読むのも楽しいものです(笑)。

<関連サイト様>
●作者HP・・・『ゆうきまさみのにげちゃだめかな?』
●TB送信先・・・『或る書店員の戯言』 TBP『ゆうきまさみ』 『コミックレビュートラックバックセンター』
●購入する・・・ネット書店『bk1』で『鉄腕バーディー・16』を見る

    


10時半までに購入⇒その日に届く!(関東一円)読みたい本を見つけたら、すぐ【bk1】!!

 


Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


☆オススメ