『シュガー☆ファミリー・2』の感想

シュガー☆ファミリー 2
萩尾 彬
白泉社 花とゆめコミックス(2007.6)
通常24時間以内に発送します。


→amazonはこちら 『シュガー☆ファミリー』
萩尾彬/白泉社花とゆめコミックス/2007.6.5/?390


<ご紹介>
教師と生徒、しかも義兄妹な二人が織りなす、ホームコメディ以上ラブコメ未満な作品の続刊が発売!!(祝!!) 読みきり『チョコレート★クラッシュ』も同時収録です(タイトル似てるけど別物)。

両親が未入籍のまま旅に出てしまい、何故か同居することになった夕夏と帝一。 帝一は超シスコンの高校教師で、学校で二人の関係を兄妹だと言い張る夕夏は、彼に振り回されっぱなし。 そんな折、遅刻寸前の帝一を起こした夕夏の首筋に、寝ぼけた彼が縋りつく事態が発生!! 蹴倒しつつもドキドキしてしまった夕夏だが、学校で「キスマークがある」と指摘されてしまい…!?
    →過去記事『シュガー☆ファミリー』の感想
    →関連記事『シュガー☆ファミリー・3』の感想


<感想>
掲載誌『LaLaDX』で毎回読んでいるにも拘らず、普通に楽しんでしまったコミックス。 いや、私が帝一の変態ぶりに洗脳されてしまったわけでは、決して、決して無い…ハズ!!(大泣)
デビューから本当にファンだったので、やっぱり単行本化は嬉しいです。 絵柄は昔と変化無いと思ってたけど、併録の『チョコレート…』を見るとやっぱり変わってるんですね。 でも好き(告白)。

今回も、「第5話の夕夏ちゃんのサービスショットは一体誰に向けたサービスなんだろう?」とか(多分私のようなヒトがちらほらいるんですよ…ぼそぼそ)、「第7話の七壬さんのカウンセリングは単に男のマジトークなのでは!?」とか、少女誌での需要を疑いつつも(笑)絵柄の綺麗さとのギャップがとても宜しいのです。 うん、可愛い♪

それでも私は、今のところこの作品は「家族モノ」だと思って読んでます。 えぇ、「お風呂でバッタリ」なんていうお約束があったって、超シスコンだって、絶対それ単純に「好き」なんでしょ!?とツッコミたくたって、これは家族モノです(笑)。
帝一のシスコンの理由が、単に彼が天然変態だというだけでなく(ぉぃ!)、過去に妹を失った悲しみを忘れられないからだとか、親の再婚に子供が感じる寂しさを、夕夏目線だけではなく椿の反抗心でも表現するところとかに、絆みたいなものを感じて切なくなったり。
だからこそ、帝一のシスコン振りにも人間的な温かさを感じられるので、頑なだった夕夏ちゃんが心を開いていく様子が微笑ましいのだと思う。
誤解とはいえ、夕夏ちゃんが「先生がお姉ちゃんになっても家族なのは変わらない」って言うなんて、最初じゃ考えられなかったもん。

二人の気持ちは確実に接近中なんだけど、近づけば近づくほど「家族」としての領域を量りかねている様子が、更にどきどきさせてくれます!! ん~、相手を思う気持ちさえ確かなら、本格的にラブコメになってくれても全然構わないんだけどな♪ っていうか、もう本当の気持ちは決まってるハズ。 でも、暫らく気づかないでいてください、可愛いから(笑)。

<まとめ>
毎回最小限の登場人物でお話を展開させているのも上手な作り。 少女漫画のラブコメ好きさんには、オススメです。

<関連サイト様>
・著者公式サイト・・・『低俗な姫君』
・出版社・・・『白泉社オンライン』

  


Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


☆オススメ