『C.M.B.森羅博物館の事件目録・5』の感想

C.M.B. 5
加藤 元浩著
講談社 (2007.5)
通常24時間以内に発送します。


→amazonで見る『C.M.B.森羅博物館の事件目録・5』
加藤元浩/講談社月刊少年マガジンKC/2007.5.17/?400


『ここが世界で一番いい博物館!
僕が見つけて 僕が作ったんだ』

<ご紹介>
大英博物館が認める「知を象徴する3つの指輪」を持つ少年・森羅と、元気印の高校生・立樹が、謎めく知識の断片を論破する!!
二人の元に現れた可憐な少女・マウ。 彼女が持ち込んだのは、活版印刷を実用化させたグーテンベルクの初刷り聖書の断片だった。 この2枚が本物だと判明すると、幻の50番目の『グーテンベルク聖書』が完成するらしい貴重品。 マウは森羅に2枚の鑑定を依頼するが、森羅はそれを断ってしまい…激怒する立樹だが、マウが狙われていることを知り!?
    →過去記事『C.M.B.森羅博物館の事件目録・4』の感想
    →過去記事『C.M.B.森羅博物館の事件目録・3』の感想

<感想>
表紙を見た知人に、「ほら、アナタ好みの幼女がいるよ」と名誉毀損ギリギリのコメントを頂いたりるです…。 ヒドイよ、大泣きだよ!! ・・・・・・いやでも実際、マウを可愛いと思ってる自分がいるのだけども・・・(笑)。

新キャラクタ登場の今作は、『グーテンベルク聖書』で頭脳ゲームを、『森の精霊』で殺人ミステリを描く作者得意のパターン。 個人的好みを言えば、グーテンベルクだの幻の聖書だの派手な小道具に惹かれるけれども、『森の精霊』は博物学の基盤と幻想の合わせ技一本!!という仕上がりで悪くない。
作者さんがこのシリーズで何をすべきかを分かってきている分、1巻時より面白くなってきているのも魅力。

巻末に次巻の予告が有って、遂に、遂に!! 『Q.E.D. 証明終了』の燈馬くんとの競演があるらしい!! こーれーは予想していたとはいえ、かなり楽しみです♪

以下、各話語り。
●『グーテンベルク聖書』
内容は前述通り。 活版印刷、ブローカー、幻の聖書など、どきどきするモチーフの魅せ方は相変わらず上手!!
事件面では、欲目?があったためか、首謀者に全然気づきませんでした。
ただそれよりも何よりも、森羅が博物館に寄せる想いの素直さがとても良くて・・・歴史を感じさせる展示物だけではなく、風や星空などの自然さえも携えた最高の博物館。 「博物学」の本来の意味を考えると、無機質で全て調整された現代の博物館の姿は、もしかしたら少し意味を違えているのかもしれない、と思わせられました。

●『森の精霊』
製薬会社のCEOの依頼で、ボルネオの呪術師・サダマンに会いに出かけた森羅とマウ。 新薬の材料の宝庫でる密林を知り尽くすサダマンと取引をしたいのだが、彼に会いに出た社員が「サダマンに殺される…」という言葉を残し失踪してしまい!?


・・・あらすじ書くとベタですね。 内容も結構ベタです…いろんな意味で。 立樹ちゃんの森羅発見能力が超人的なのですが…何なんだろ、女の勘よりは野生の勘に近い気が…ボルネオの水が合ったか?(笑)
首のトリックはちょっと強引、でも強引っぷりはちゃんと絵の不自然さで表現してあるので、漫画としてなら有りではないかと(小説じゃアウト!!)。
密林に対して畏怖の念を抱くのではなく、お金にしか見えないような人間にはなりたくないものです。 星を壊すのはそういう傲慢さで、表面的には屈しても最後に木魂するのは受け継がれるサダマンの言葉なのだと思います。

<まとめ>
個人的には★★★!! どんどん良くなるな。

<関連サイト様>
・TB送信先サイト・・・『或る書店員の戯言』



Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


☆オススメ