『金魚奏・2(完結)』の感想

金魚奏 2

金魚奏 2
posted with 簡単リンクくん at 2007. 5. 6
ふじつか 雪
白泉社 花とゆめコミックス(2007.5)
通常24時間以内に発送します。


→amazonで見る『金魚奏・2(完結)』
ふじつか雪/白泉社花とゆめコミックス/2007.5.10/?390


「この音が私と雅生さんを繋ぐ 唯一の音」
「私の音 覚えてる?」

<ご紹介>
耳の聞こえない雅生に恋をした飛鳥ちゃんの一途な想いを描く、とてもピュアなラブストーリー完結編。
困難を経て雅生と同じ大学に受かり、幸せな日々を送る飛鳥だが、雅生がオーストラリアに留学を考えていると知り愕然。 落ち込みつつの応援する決心をするが、ある日雅生が自分で留学を取りやめたと聞きまたまた驚愕。 寂しがる自分のためなら止めて欲しいと頼んだが、雅生から返ってきたのは意外な言葉で・・・。
書下ろし『蝉時雨』も収録(←すっごく良かった!!)。
    →過去記事『金魚奏』の感想

<感想>
前巻の感想でも書いたひと言を贈らせていただきます。
『「ピュア」ってゆーのはこの事だね!!』
何かホント、読みながら泣きました。

お話としては、恋の相手がろう者だっていう点以外はよくあるパターンな気がします。 だって別に、会えない寂しさを甘えに転換してしまう気持ちとか、留学・遠距離恋愛に悩む心とかは、相手が誰でも同じでしょ?
ただそういう気持ちに、音が聞こえない世界を共有できない切なさとか、だからこそ持てる強さとかを上手に絡めてある。 しかもヒロイン飛鳥ちゃんが、弱い気持ちに負けても自分を戒めて前向きに立ち上がる娘さんなので、見ていてホント尊敬したくなる。 それは、直向きに頑張っているだけの彼女には失礼なのかもしれないけど、でもやっぱり、想いの強さに本当に感動。

和太鼓をモチーフとしてだけではなく、お互いの気持ちや世界を確認し開拓するために使われている点も、好感度大です。 ラスト、すれ違う二人が共有できないはずの「音」を頼りに再会するシーンは、私本気で泣きましたよ。 あぁぁもぅ、何てピュアなの!? これは運命が導いた再会なんかではなく、彼女たちが自分たちの力で呼び寄せた邂逅。 素敵だな、泰生でなくても、憧れます。

作者さんがきちんと取材?しながら描いているためか、読んでいて嫌な表現も無いのも素敵。 とりあえず、男女問わず、一度読んでいただきたい作品です。
とにかく、表紙からして可愛くて仕方ないです。 あと、裏表紙折り返しにある地球儀型の金魚鉢!! 飛鳥と雅生の世界を表現してあるみたいで、非常にお気に入りです。

↓↓ 以下、各話語り。 少しテンション高めでお送りします(笑)。



テクノラティお気に入りに追加する



●第5話 飛鳥ちゃん受験のお話
セーラー服姿も見納めか!!と思うとかなり寂しい回でした…(笑・アホですね)。 誕生日、祝って欲しかった訳じゃなくただ一緒にいたかっただけな飛鳥ちゃんの笑顔とか、受験に指輪をしていかない決意が魅力的でした。 自己犠牲は愛じゃない、と私は思っているのだけど、この二人を見て間違っていない気がしました。
ただ!! 仕事上言わせて貰うと、事故の時あんな対応ではいけません!!(笑) まずきちんと相手の保険担当者さんに電話をいれた上で話し合いましょう。 人身事故なら尚更ですよ。可愛い顔に痕でも残ったら…(←ォィォィォィォィ!!)。

●第6話 入学&留学のお話
全面的に、泰生に大賛成なお話でした。 雅生が自分で留学を取り消したことを話す時の真剣な表情が印象的。 多分、「しっかりしろ飛鳥!!」くらい内心思ってたハズ。 それはけなしているからじゃなくて、後で自分で言っているように、二人の関係に憧れているからなんだけど、勝手な気持ちじゃなくて応援している様子が伝わってきた好きなシーンです。
それはともかく、キスの後の雅生さんの表情がいつになく色っぽくてドキドキしましたよ…(飛鳥ちゃんが可愛いのはいつも・笑)。

●第7話 遠距離恋愛のお話
正直、「この話で留学を持ち出す必要があるのだろうか」と思ってたんだけど、なるほどこれを描きたかったのか!!と膝を打ちました。 好きな人の声を聴きたい、というのは私たち以上にろう者が抱く望みでその反動のため電話が怖い、と聞いたことがあります。 その怖さをおしての電話シーン。 「歩み寄るしかない」という雅生さんの言葉の重さに気づき、泣きました。 こんなに切なくて愛しい電話、私もまだしたことありません。 飛鳥ちゃんは幸せ者だな、と思うけど、その幸せは与えられているだけでなく二人で作り上げているんだな、と実感させられました。

●第8話 最終話
音が波動であるのなら、耳で捉えることが出来なくても体で感じることが出来る音もある。 二人にとってはそれが和太鼓。 本来そんな「音」があること事態二人にとっては奇跡に近いのに、更なる幸せを紡ぐものになるなんてホント素敵だなぁとまた泣いたりしてました…。 和太鼓で始まり終わる、綺麗な纏め方も上手な作りでした。(本文に書いたので以上!!)

●番外編 蝉時雨(描き下ろし)
飛鳥と雅生のドラマチックな恋に当てられてしまい、自分の恋をうまく出来なくなってしまった弟・泰生がメインのお話。
ずっと影に日向に二人を応援してくれた彼自身のお話を見れて、すっごく嬉しかった。 っていうか、この続きが読みたいんですけど~!!(笑) 気になる、飛鳥ちゃんじゃなくても気になるっ!! 琴子ちゃんを助けたのは耳のためだろうけど、そのやり方にも性格出てる。 明るくて押し付けがましくない優しさを持ったホント良い奴。幸せになって欲しいです。 っていうかマジで続きを…!!(笑)

<関連サイト様>
・感想拝読しました・・・『土星のわっか』 5/29『Σ無駄話スマッシュ!』 
              7/16『☆My Comic List☆』 
              7/22『マンガ一巻読破』
・著者公式サイト・・・『FLOWER KING』 





Loading...

>遠子さん

コメントありがとうございます。
大好きな作品なので、読んでもらえてすごく嬉しいっ!! イイお話ですよね~。

>ハイハイハーイ、私も泰生君と琴子ちゃんのお話続編希望ーーーーーー!!!!

そうなんです、未だにこの続きが読みたくて読みたくてっ!!(笑)。 可愛い二人ですよね。 
泰生は飛鳥ちゃんたちのようなドラマチックな恋に憧れてるみたいだけど、彼も充分その素養はあると思います。
だって、影に日向に二人の恋を応援してきた人が格好よくないわけがないもんw

>巻末の花火のイラストにひとりにまにましてましたww

同じくニヤニヤしてました。 続き読みたいですよねー(笑)。

読みましたよー


で。


ハイハイハーイ、私も泰生君と琴子ちゃんのお話続編希望ーーーーーー!!!!

飛鳥ちゃんと雅生さんのお話はりるさんとほぼ一緒なのであえて触れません^^

琴子ちゃんだよ!!

「おーさか」

萌えーーーーーーーー!!!

巻末の花火のイラストにひとりにまにましてましたww



ある意味本編より続き読みたい・・・

あんないじわるな終わり方するなんて、ふじつかさんいじわるです・・・





でわ♪

Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


☆オススメ