スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Loading...

アニメ 『花咲ける青少年』の感想/公開番組『花咲ける青少年の世界(2)』

花咲ける青少年VOL.3 [DVD]
ケンメディア (2009-09-25)
売り上げランキング: 2068
どーでも良いけど、カッコイイです(笑)


公開番組『花咲ける青少年の世界(2)』

公開番組第2弾です。
参加声優さんと一緒に番組を振り返り、かつ、「花鹿ちゃんの結婚相手を勝手に(←重要) 選ぼう!」というコンセプト(笑)。 司会は前回と同じく、小松宏司アナウンサーと松嶋初音さん。 そこに、立人=森川智之さんも加わって、ユージィン=小野大輔さん、ルマティ=浪川大輔さん、カール=福山潤さんにいろいろ質問し、誰が一番花鹿ちゃんの結婚相手に相応しいかを判断する…というもの。 要するに、婚活です(笑)。 (番組ナレーションは、諏訪部順一さんでした)


・・・何ていうか、この企画とメンバーを見たときに、「この手のプレゼンなら福山さんの独壇場だろうな」と思ったんですけど、予想はビンゴでした(笑)。 相変わらず、ありもしない話なのに、もの凄い説得力を生み出せる人ですよね!!(笑) ただでさえカールは出番が遅いうえに、しかもトラウマのせいでむしろマイナススタートな人なのに、気付いたら妙に優勢に…!! ディベートしたら、敵無しなんじゃないの? そして、浪川さんの照れっぷりが尋常じゃなかった(笑)。


ファーストアピール
ユージィン ⇒「いろんな女性と浮名を流しているけど、女性だけじゃない。 人類愛です!!」 ←え
ルマティ ⇒「ルマティと結婚したら、『うちのダンナ、王子なんだけど』って言える」 (爆笑!)
⇒「カールと50階くらいのレストランに行こうとしたら、『イヤー!!』ってなるんでしょ? めんどいじゃん」 (←ヒドイ)
⇒「人類愛っていったっら、誰になびくかわかんないじゃん。 だからルマティが一番!!」
カール ⇒「他の二人に比べて、大変地に足のついた生活を送っております」 …確かに!!
⇒「常識もあって世間ずれしていないので、結婚した後の生活はいちばん充実できる」 …確かに!!!!(笑)


女性代表として、松嶋さんが「結婚に大事だと思うこと」を軸に、お話を進めることに。 まずは・・・経済力。 …夢も希望も関係ないところから攻めますね、松嶋さんっ(笑)。 さて、経済力対決の行方は? 「」内は、その経済力でどんな生活を送らせてあげられるかを声優陣が語ったものです。

ユージィン=金融財閥の三男 「パーティー三昧です」
ルマティ=石油産油国の第二王子 「国外に魅惑の逃亡劇をすることが出来ます」 (←いらねぇ・笑)
カール=石油財閥の長男 「贅沢だけど、普通の生活をさせてあげられます」
「カール良いじゃないですか、長男ですよ。 三男って…遠いよね」
っていう松嶋さんの凄まじいツッコミに、小野さんタジタジ(笑)。
一方浪川さんは、「スリルを味わうか、パーティーを味わうかの二択です」と余裕。 ちょっと面白いw


☆花鹿の誕生日! 何をプレゼントする?
ユージィン ⇒「星。 最初に星を発見した人を見つけ出して買収して(笑)花鹿の名前を付ける」
ルマティ ⇒「メールアドレス。 やっぱり、始まりはここから。 っていうか、次行って!!(ヤケ)」
カール ⇒「飛行機かヘリ。 それをプレゼントするけど、本当のプレゼントは、それで見に行く夜景」 (会場から拍手が!!)


そして婚カツ条件その?。 生命力。 それぞれのキャラの、イチオシの生命力シーンを作中からピックアップして対決。

ユージィン ⇒「告訴するならお早めに」  …まったく動じない、タフな生命力で勝負。
ルマティ ⇒「やられても、たくましく反撃!!」 …生命力のかたまりです!!
カール ⇒「助けて…お願い…怖い…苦しいよ…苦しいよ…」
何か、カールがいきなり不利でした(笑)。 まぁそーだよねー。 結論としては、一番生命力があるのは花鹿ちゃん、で一致してましたけど(笑)。


そして婚カツの条件その?。 愛の表現力!! 来ました、何だかんだで一番の見せ所。 キャラクターの愛の言葉を、声優さんが生アテレコですよ!!

ユージィン ⇒「花鹿 僕は君の声が好きだった。 君の話を聞くのが好きだった。 僕を酔わせたのは、この19年間で君の声だけだった」
小野さん、カメラ目線でやりきりましたよっ!!(笑) いや、でも真面目な話、このシーン大好きだったんでかなり嬉しいw 声もちゃんとユージィンでした。

ルマティ ⇒「おれが責任を取ってやる、おれが花鹿を妃に迎えるっ」
駄目だ、浪川さんの照れっぷりが、見てるこっちが恥ずかしくなるくらいでしたw いや、でもこれ恥ずかしいよ絶対。 声はちょっと、ルマティとは違ったかな? そう考えると、カメラ目線でやりきった小野さんのスゴさが目立ちますね(笑)。

カール ⇒「どうして僕はこんなに素直に彼女の言うことを聞いているんだろう。 ずっと年下の…初対面の少女なのに…。 君の名前を教えてくれないか? 僕は…カール・ローゼンタール」
みんなに、「ただの自己紹介じゃんっ!!」と突っ込まれながら(笑)、孤立無援で福山さんが頑張ってました。 挙句の果てに、「つまり、自己紹介をはじめて、愛はここから始まる、ということです」と断言。 そしてまたもや会場の拍手をさらうという黄金のパターン。 すげぇ。

そしてここまで他人事だった立人にも決め台詞を!! という流れにw 当り前ですよねー(←
立人 ⇒「お前が呼べば、いつなりと」
か、カッコイイ…!!(笑) やっぱりこのセリフですよw 一人身悶えてしまいました。


で、最終的に、誰が一番花鹿ちゃんの結婚相手として相応しいのかを、松嶋さんと、何故か森川さん(笑)とが、相談して決める・・・ということに。 
結果。


結婚相手に最適なのは、カール、でしたー!! パチパチパチw いや、正直、誰かに絞るとは思ってなかったので(番組的に、うまくかわすと思ってた)、この場だけとはいえ、きちんと結論を出してくれて面白かったです。 しかも、カール。 一番不利な立場からの優勝ですよ。 さすが福山さんの押しの強さ(笑)。 ちなみに、決め手は「(カールが一番)面白かったから」とのこと。 経済力も生命力もカンケイないじゃんねぇ、まぁお約束ですがw


そして最後はJ-minさんによるエンディング曲の演奏で終わりでした。 いやー、ホントはもっとアテレコ的なものが多いほうが良かったけど、(キャラ同士で会話・・・とか)思いのほかNHKが真面目に面白く仕立てあげてくれたなー、っていう印象です。 まぁ、この4人が集まっただけでも、私的には充分です。 まったくもって、本編には何の関係もなかったけど、その分、今度からの放映が楽しみになりましたw 次回はカールもたくさん登場するはずなので、今から楽しみーー!!





Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。