『月刊スピリッツ10月号(創刊号)』 の感想

img20090830.jpg
『月刊!スピリッツ 10月号(創刊号)』

小学館
2009年8月27日発売/¥524+税





<感想>
雑誌が売れない!!と言われて久しい時期に、小学館から 『月刊!スピリッツ』 が創刊されました。 5月に創刊された 『ゲッサン』 といい、小学館は月刊化に力を入れてるのかな? よく分からないけど、とりあえず私が今回購入した理由はただ一つ。 「月刊!スピリッツ誕生記念対談 荒川弘×ゆうきまさみ」 が読みたかったからです!!(力説っ) だって、どちらも大好きなんだもん!!

いざ購入してみたら、ゆうき先生描き下ろしのクリアファイルが付いててラッキーwだし、掲載作品で気に入ったものもあったので、買ってみて良かったかな…?と意見が傾いたんだけど、記念対談を最後まで読んだところに、驚くべきことが書いてありました。 以下意訳。

「(ページの都合上削った多々あるエピソードも含めて)
スピリッツ公式HPにて対談の全貌を公開いたします!」

――ちょ、待って待って、どういうこと!? 何の陰謀っ!?(笑) いや、せっかく3時間も対談したんだから、全部掲載したい気持ちは分かるけれども!! でも、この企画を楽しみに買った私の気持ちはどーなる!? …みたいな感じで、結構本気でショックでしたよ。 っていうか、550円返せ(笑)。 まぁ、公式サイトでも一度に掲載するのではなく、「続きはまた来週」 な週刊連載形式なので、先に全容を読めたのは良かった…のかもしれないけど、何か納得いかないし、寂しいです。 小学館の雑誌なんて、すっごく久しぶりに買ったのになぁ…残念だなぁ…。

でも、残念なままじゃせっかくの雑誌が勿体ないので(雑誌そのものに罪はないw)、感想書こうっと。 『続きを読む』 以下に収納します。 掲載作品は別の雑誌で連載されていたものがほとんどで、私はそれらを全く知りません。 その前提で書いてます、ご了承くださいw




●高橋しん 『花と奥たん○』
カラー見開きの扉絵、鮮やかだけど目にうるさくない彩色の感じが、かなり好きです。 あとは…いろいろと、見えそうで見えない構図が…(どこ見てる・笑)。 お話としては、1巻も発売した 『花と奥たん・1』 の前日譚だそうで、読んでない人には何が起きてるのかさっぱり分からなかったけど、とりあえずお料理がめっちゃ旨そうで、「み、見習わねば…!!」と汗をかきながら読んでました(笑)。 しかし『この日、東京は死んだと聞きました』って、気になるな…。


●義凡+信濃川日出雄 『古代ローマ格闘闇獄譚SIN』
『古代ローマ格闘奇譚ヴィルトゥス・1』 の第2部スタート、らしいです。 最近こんな感じのを何か読んだな?と思ったら、にくさんに紹介してもらった 『拳闘暗黒伝セスタス・1』 でした。 もちろん細部は分からないけど、古代ローマで戦うってところがね。 でも、セスタスの方が根本は熱いものがあったような…。 とりあえず、これは怖かった!!(笑)


●木根ヲサム 『黒×羊~12人の優しい殺し屋~』
天才俳優がその演技力で人を殺める…。 スクウェアっぽい絵柄だなーとちょっと思ったけど、結構好みの絵。 だけど、謎めく展開が魅力的かといえば、そうでも無いような…っていうか、3人目の妻が事故死の段階で保険金支払いは困難だと思う…(笑)。


●伊藤潤二 『伊藤潤二、大いに挑戦する~社会科大見学』
伊藤潤二氏の作品は初読です!! うわぁ、こういう形で読めるとは思わなかったので、ちょっと嬉しいw いや、だって、いつも怖いんだもん…(作風だから・笑) このシリーズはホラーではなく、伊藤先生が実際に(?)体験したものを漫画にするという企画モノ(のハズ・笑)。 今回は、滝行です!! 滝行の人たちがめっちゃ怖く描かれているんだけど、それ以上に果てしなくシュールで、体験したくは無いけど何か笑える…という感じ。 いや、面白かったですw 次回は「婚活」らしいけど…え、実際に体験するの?(笑)


●「月刊!スピリッツ誕生記念対談 荒川弘×ゆうきまさみ」
『ヒーローとは何か』、というテーマで対談をする企画でした。 描き下ろし1頁マンガもあるよ。 北海道話の長さに郷土愛を感じたり、いろんな意味で内容が興味深くて面白かった!! 特に、「困難の乗り切り方」は読み応えがあったなぁ。 そっか、作者も一緒に乗り越えるんだねw 対談、凄く良かったんだけど……知りたい人は、公式サイトを見ればいいじゃん!!(←りるは ねに もった・笑)


●宇仁田ゆみ 『青みゆく雪』
白泉社『MELODY』で不定期掲載してた『ゼッタイドンカン』が好みだったので、期待してたんだけど、雰囲気よくて好きな感じ。 中国人の青くんが、日本人の雪子ちゃんに熱烈片想い!なんだけど、カタコトの日本語が災いしてうまく伝わらなくて…というお話。 語尾がハッキリしない雪子と、ハッキリさせたい青くんとの不協和音な会話が、微笑ましいくらい楽しいです。 いや、当人たちは結構深刻だろうけど。 それでも好き、なのが良いじゃないですかw 雪子ちゃんが青くんの色に染まっていく…というタイトルが、意味深で素敵です。


●衿沢世衣子 『summer seminar』
衿沢さんも初読、嬉しいですw 『また遊びにきていい?』の答えが、『(虫カゴを)返しに来いよ』なミツくんの天邪鬼さがイイですね。 子供嫌いなんじゃなかったの? それとも「夏休み」が変えたの? そもそも早紀ちゃんいたし、ホントは子供好き? お母さんに見せた顔も本質ではないし、人っていろんな面があるんだなぁ…とタイキは学んだのかもしれません。 そして1コ上(笑)。


●霜月かよ子(作画)/柳広司(原作) 『Dの魔王』img20090830_1.jpg
うわー、霜月さんだ!! こんなところでお会いできるとはっw 『C-blossom<case729>』が大好きでした(⇒感想)。 今回もしっかりした原作のコミカライズなので、きっと面白いんじゃないかと思います。 原作である『ジョーカー・ゲーム』は人気だけど未読。 コミックス1巻も最近発売されたし(表紙が素敵w)、今からならコミックスでイイかなぁと思わせる安定感のある作りでした。 「大英帝国vs大日本帝国スパイ戦争勃発!!」というアオリがまた興奮を誘うなぁ…1巻買おうかなぁ…。 伊沢が尾行をまいた時の安心感と驕りを見開きでガツンと見せて、そして、あのラスト。 大胆な表現のカッコ良さにクラクラしました。 やっぱり霜月さん、絶対上手い。


しかし、何だかんだで一番驚いたのはこれ。
『VOCALOID2 Megpoid』 ゆうきさんで萌絵…うわぁ…!!(←何) しかも、声は中島愛さんって…ちょっとときめく組み合わせでしたw
VOCALOID2 Megpoid





Loading...
tags: 青年誌
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


☆オススメ