『あぁ愛しの番長さま・1』の感想




『あぁ愛しの番長さま』
 藤方まゆ 白泉社花とゆめコミックス 2006.11.4 \390

<ご紹介>
1年前にデビューしたばかりの作者さんの、超早いコミックデビュー作。
増刊『LaLaDX』に読みきり掲載、本誌『LaLa』に移行し連載中です。

家庭の事情で徳川工業高校の機械科1年1組へ転校してきた平山そうか(女)。
転校早々クラスの加藤と3年の抗争が発生したり、番長(死語)の存在を知って怯えるが、
3年の木戸と加藤の抗争を止めて、(偶然)木戸を倒してしまったそうかは、
「番長を倒した奴が次の番長」という掟に沿って、徳工生850人の番長をすることに!!
しかもそうかを狙う上級生も出現する中、次第に加藤といる時間も増えて…。
番長バカな同級生とそうかが、制圧範囲を広げていく?破天荒な工業高校ライフコメディ。


―――いやしかし、「番長」って…ねぇ(笑)。


<感想>
1年前に『LaLaDX』でこの作品を読んだ時は、
「またスゴイもんが出てきたな!!」と思ったものです…。 
いつの間にか本誌へ出世してました。 スゴイ…。

絵のレベルが高い白泉社の中で、この作者さんの絵はお世辞にも上手とは言えない。
でも、持ち味はきっと、「思い切りの良さ」だと思う。
「番長」を持ってくる話作りも、大胆で読みやすいコマ割りも、テンポが良くて心地良い。
そしてその「思い切りの良さ」はヒロインそうかさんにも受継がれていて、
ぐずぐず思い悩む場面が一切ないのが気持ちいいくらい。
しかも、ポンとグランドスラムを打っちゃったり、着替えを覗いちゃったり、
初回で使用されたアイテムが、次も必殺アイテムとしてちゃんと使われてたりと
お約束的展開を味方につけた軽妙具合もなかなかのもの。
コメディとして、よく出来ていると思います。


あとはキャラ設定。 一人一人がよくまぁキャラ被らずに作れてますよ。
主要5人のバランスがイイので、彼らだけでも上手く話が回るんだけど、
そこへ相手の番長を絡ませるやり方が、無駄が見えなくて巧み。
加藤くんの保護者設定が効いてるんだろうなぁ。
何ていうか、絵、以外の欠点があまり見つかりません。
(絵だって動きのあるものをさくっと描いてるので、酷く下手な訳じゃないんだコレが)

他の作品だと「もっとラブコメっぽくならないかな~」と期待する乙女な私デスが、
この作品については、丁度良いところではぐらかされるこのパターンがお気に入り。


<まとめ>
個人的には★★★★☆。 

最近の『LaLaDX』出身の作家さんは、勢いがあるなぁ!!

<関連サイト様>
・参考・・・『コミックホームズ』
・TBさせていただきました・・・ネット書店『bk1』  『☆My Comic List☆』  TBP『LaLa』
・出版社・・・『白泉社オンライン』


Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


☆オススメ