『君に届け・2』の感想

img20061001.jpg
『君に届け・2』

椎名軽穂 
集英社別冊マーガレットコミックス 2006.9.25 \390




<ご紹介>
表紙の通り、今回は友情がテーマの第2巻。
ファンタジー気は全く無い、超正統派の少女コミックです。
(詳しく?は、1巻レビューをどうぞ♪)

実はポジティブで健気!!なのに見た目の陰気さでぷちイジメ状態だった主人公・爽子
風早の言葉に支えられて、段々クラスの人とも話せるようになり幸せだったが、
優しくしてくれる矢野さん吉田さんに悪い噂が流れ始め、爽子は自分のせいだと悩む。
彼女達も、噂の発信源が爽子だということを信じたくない一方で疑ってしまう。
風早の助言で信じる気持ちを再確認した爽子は、噂を信じる人の誤解を解くため奮闘する。


<感想>
ホントこの作品、表紙が全てを表しててスゴイです!! (1巻の絵も大好きだな~)
はにかむ爽子と、大好きなのが伝わってくる矢野と吉田の表情が、全てを物語ってる。
こんなん見せ付けられちゃうと、読み手まで幸せになれるのではないでしょうか。
友達って、良いよね~。

物事は何でも障害を乗り越えて成長するわけで、ストーリーを進めるには大切な山場。
でも、下手を打つと単なるドロドロ劇で終わってしまうことも多いのだけど、
この作品にはそういう臭いが一切ないのが魅力。
爽子と矢野・吉田が、お互いを思いつつもすれ違っている状態がそれなのだけど、
何故すれ違ってしまっているのかを、助言を得ながら両者がしっかり考え抜く様子は、
青春真っ向勝負!!って感じで凛としている。 ホント大好き。
爽子が誤解を解くために立ち上がるシーンも、
自分が傷ついてることに気づいてない爽子を矢野ちんが抱きしめるシーンも、
「友達ってね、気づいたらもうなってんの!」と号泣する吉田さんも。
何かもう、すべてが愛しいです。 

爽子は、人に避けられるのが普通になりすぎていたから、
逆に普通の友人関係がどういうものだか、全然分からなかったわけです。
でも、「普通の友人関係」を築くのが難しいコトだって、私も知ってる。
当たり前のように持てる人もいるのだろうけど、そうでなかった立場として、
何となく身につまされるんだよね…。
嫌われてるのが当然だから、相手の立場に立って考えてみる、
なんて芸当を爽子は知らないわけですよ。
そんな爽子を支えてくれるのが風早みたいな人で、良かったなぁとしみじみ思う。
ちょっと今貧乏くじっぽいけどね(笑)。

風早はアレです、かなり私も大好きです!!(笑)
少女漫画の相手役の権化みたいな「いい奴」なんだけど、それだけじゃなくて。
なんか、可愛い…。(←褒めてます!!)
爽子たちの友情に気おされ気味なところとかが特に…。
だってそれって、爽子の気持ちを優先させてあげてるっとことでしょ? いい奴…!!
爽子と風早がお互いへの想いを深めていく様子も、かなり丁寧に描かれてるので、
単なる恋への憧れじゃなく、人として好きなの丸分かりで好感度大です。

それにしても微妙なのが、ピンの立ち位置。 単なる教師役じゃないんだ!?
この感じだと、矢野ちんと絡むことになるの?
ちっちゃいオジサンの話の行方と共に、気になるところです(笑)。


<まとめ>
個人的には、★★★★★の五つ星!!
青春真っ向勝負な感じが好きなら、男性にも絶大にオススメします。

<関連サイトさま>
・過去記事・・・『君に届け・1』
・感想拝読しました・・・07.9.24『今夜、地球の裏側で』
・TBさせていただきました・・・ネット書店『bk1』
・出版社・・・『集英社』  『別冊マーガレット』

 →『空夢ノートからのオススメ』へ行く(Amazonインスタントストア) 





Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


☆オススメ