『DAETH NOTE ANOTHER NOTE』の感想

『DAETH NOTE ANOTHER NOTE  img20060813.jpg
    ~ロサンゼルスBB連続殺人事件』
 西尾維新:著
 大場つぐみ・小畑健:原作 集英社 2006.8 \1300



<ご紹介>
週刊少年ジャンプで連載されていた人気漫画のノベライズ作品。
小説を担当したのは、ライトノベル界の旗手・西尾維新で、
何と、講談社の人気漫画『xxxHOLiC』と同時ノベライズ化という
驚きの企画で発売された優れもの。 
 (『xxxHOLiC』の感想はこちら)。

ノベルスかと思ってたら、薄いながらもちゃんとしたハードカバーで
小畑健氏による書き下ろしカラー付きという、なかなかに豪奢な作り。

夜神月がデスノートを手にするより、少し前のロサンゼルス。
停職中のFBI捜査官・南空ナオミの元に、ある捜査への協力要請が舞い込む。
要請者は、稀代の名探偵『L』。 
戸惑いながらもロスで多発する殺人事件の捜査をすることになったナオミだが、
Lから指定された事件現場には、『竜崎』と名乗る、長身で猫背の不審な男がいて…。
メロの視点で語られる、『L』の知られざる過去の事件録とは?


<感想>
まず何が素晴らしいかというと、
冒頭の引用文が、笠井潔『バイバイ、エンジェル』だということでしょう(笑)。
引用文自体は、主人公・矢吹駆の特殊で高度な思考論理の一節であり、
本来なら「ここだけ読んでもなぁ?」となるハズなんだけど、
『DEATH NOTE』の世界観・設定と組み合わさると、なかなかに意味深で素敵ですね。
グッジョブ西尾維新!!(そこがか)。
  『バイバイ、エンジェル』は、哲学書のようなミステリなのですが大変な傑作なので、
   時間と根気と新しいものを求めている方は、是非チャレンジなさって下さい♪


閑話休題。
本文の方も、とても面白く読めました。
もともと私はナオミさん好きーだったので(だってめっちゃ美人さん★)
クローズアップしてもらえて、ちょっと得意気。
西尾維新が私のような思い入れでナオミを起用したかどうかは不明だけど、
単純に考えても、彼女のポジションが外伝として描くのに丁度良いのは確か。
本編に絡みすぎず、存在感も厚すぎず、でも明確な頭脳と行動力を持った彼女は、
確かにLとのバランスをとり易い稀少なキャラクタだと思う。 上手い起用だよね。
カポエラの使い手という設定を後付けしても無理がないし怒る人もいないだろうし(笑)。
ところで、あの、カポエラってなんですか?
いやー、コミックでLが体張ってる時に出る技は、きっとカポエラなんですね!!(?)

ミステリとしても、充分よく出来ている。
ちょろっと言っちゃうと、物理トリックと叙述トリックの両方があります。
で、その両方をかなりうまく処理してある。
私は叙述トリックの方に気を取られていたので、藁人形の方はすっかり忘却してて、
解決編を読んだ後「それも考えなきゃならなかったんだ♪」と思い出したりして。
でもその甲斐あって、そっちにはちゃんと気づきました。
まぁ、あからさまにオカシイな伏線なので、威張れはしないのだけど…。

何ていうか、そういう「ミステリ」としての楽しみ方も是非して欲しいけど、
西尾維新の得意とする会話の妙を単純に楽しむだけでも、結構面白いです、コレ。
こういう風にLと話してみたかったな、と思ったですよ。
ラストのワンシーンなんて、読んでて映像まで浮かんできたほど。
コミック本編ではLへの愛情は普通だったのだけど、今作でかなりグッと来ました。
今やすっかり、私、Lファンかも(笑)。

惜しむ点は、本文の地の文の使い方が、ちょっと気になったことかな。
書き出しでメロ視点であることを明言されているわりに、
地の文のほとんどは、三人称に近い語り口で記されている。
のに、たまに思い出したようにメロの思考が挿入されるので、混乱することしばしば。
特にミステリでは、「地の文に嘘(トリックに関わること)を書いてはいけない」
というお約束な制約があるので、もちょっと気にして欲しかったかも。

ところで、この本が『DEATH NOTE』の元々の版元である集英社からではなく、
西尾維新の育て親・講談社から発行されていたとしたら――――。
あとがきにあるように、副題が『Lにメロメロ!』だったに違いなく、
それはそれでとっても読んでみたかった、という気が、絶大にするのですが…(笑)。
皆さんは、どう?


<こんな方にオススメ>
コミック『DEATH NOTE』感想はこちら)を読んでなくても、楽しめます。
ので、知らない方はここからスタートするのも有り!!
コミック既読の方で、Lファンの方にもオススメ。
bk1で発売日に読んだのに、面白くて既に再読済み(おかげで感想遅くなった)なほど、
オススメ。 個人的には、★★★★★!!



<関連サイトさま>
・感想読みました・・・『読書とジャンプ』  『空中庭園』  『読むなび!(裏)』
             『ケントのたそがれ劇場』 『粋な提案』 『ミステリ不全症候群。』
・TBさせていただきました・・・『bk1』 『ラノベなPSP』
・発行者・・・『講談社』
・BlogPeople『西尾維新』にTBしました。
tb_people.gif



Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


☆オススメ