『桃子マニュアル』の感想

『桃子マニュアル』 img20060709.jpg
 橘 裕 白泉社花とゆめコミックス 2006.7.5 \390


<ご紹介>
ここ最近はLaLaDXでの活躍が主だった橘 裕が、
珍しくLaLa本誌で連載した作品。

メガネ娘・桃子の秘密は、魔女だということ。
しかも、運命の相手以外にその秘密をしられてしまうと、
桃子の母のように「猫」に変身してしまう呪い付き。
だから恋愛の相手は慎重に選ばないといけない。
幼い頃に桃子の「魔法」を見て以来、大の怖い物嫌いになり、桃子を恨む祥平
優しくしてくれる憧れの人だけど、なにか裏がありそうな、押足(おしたり)。
桃子の「運命の人」は、誰だ!?

という、どこまでも典型的なラブコメディ。
相変わらず、絵とファッションが可愛らしくてグッ!!


<感想>
う~ん、可愛いは可愛いんですけど・・・。 
もう一押し足りない気がするのは、私だけ??

魔女っ娘でメガネっ娘でネコミミ娘でしかも可愛い・・・と、
キャラ設定は、一瞬「これは青年誌か?」と錯覚するくらいに完璧(笑)。
まぁ魔法といっても、ピンチに窓を割ったりするくらいのものしか出てこないんだけど。

祥平が、桃子の使う魔法にいちいち過度な反応をする(幼少期のトラウマのせい)ので
一応ヒロインのしでかすことがお話の中心に置かれている一方で、
運命の相手が欲しいけど、魔法のことを隠さなきゃいけないから積極的になれない
という設定のため、メインのストーリー自体はどうにも受動的。
このチグハグ感が全編通じてあるので、何となく散らかった印象になっているのが勿体無い。
「テンポが良い」というよりは「なんか忙しい」感じに思える。

でも、そこまで怖がっていても桃子を嫌いになれない祥平の気持ちとか、
「マニアックな方面にウケる」桃子の可愛らしさとかが良く表現されていて、
嫌な感じはしない。
これはこういう追いかけっこ的な恋愛の形として見れば良いのでしょう。

今までわりとメッセージ性のあるストーリーが多かった橘 裕だけに
もちょっと何かあるのかな?と思ってたけど、本当に単純なラブコメでした。
これはこれで意外。
せっかくなんだから、表紙はメガネ仕様のイラストにすれば良かったのにね。
個人的には★★★☆☆。


『bk1』にTBさせていただきました。

Loading...
tags: 橘裕
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


☆オススメ