『君に届け・1』の感想

img20060612.jpg
『君に届け・1』
椎名軽穂
集英社マーガレットコミックス/2006.5.30/\390

 



<ご紹介>
最初は別冊マーガレット誌上で読みきりとして発表され、
その後連載へと出世した作品。
(『誕生秘話』で「連載になったのは読みきりが好評
だったからではない」と作者が書いてるが、
そんな甘い世界ではないので好評だった模様)
初版のみ、「爽子しおり」付き ←別にいらない(笑)。

長い黒髪に陰気な笑顔…その外見から「貞子」と呼ばれ皆から恐れられる少女・爽子
自分の立ち位置を分かっていても、皆と仲良くなりたい気持ちで奮闘する爽子にとって、
他のクラスメイトと自分を平等に扱ってくれる風早少年は、尊敬する人物。
彼との会話をきっかけに少しずつ変わっていく爽子と、彼女を応援する風早を中心とした、
めちゃめちゃ正統派なラブコメ少女漫画です。


<感想>
実は、表紙に一目惚れ!!
シンプルな構図とタイトル、真っ直ぐ強くみつめあう視線…。
何ていうか、「潔くってカッコイイ!!」と思ってしまったので。 珍しいです。
しかも集英社。 うっわー、集英社の漫画なんて、何年ぶりに買ったかしら??
ちなみに私、マーガレットコミックスなんて買ったの、生まれて初めて… ←どーでもいい情報。 

何しろヒロインこそが恐怖の対象なので(笑)、一歩間違えば「これイジメ?」っていうほど
周囲が引きまくり・避けまくりなんだけど、陰気な外見に反してヒロインは超前向き。
実際は呪う力も無いし、霊感もない自分を真摯に省みて、
「せめて怪談くらいできれば皆も喜んでくれるかも」と勉強を始めるくらい。
まず、そんな爽子がめっちゃ可愛い!!(笑)

爽子を影に日向に応援する風早が、実は入学式の日から爽子を気にしてた、
なんていうのは可愛いお約束♪だけど、
彼と「ちゃんと」喋れて誤解が解けたことをきっかけにして、他人との関わり方を覚える
という爽子の成長過程がきちんと描かれているので、その後、
全く別の個性を持つ吉田さん・矢野さんとの馴初めもすんなり入れるのは巧い作り方。
この二人は多分ちょっと「悪い子」なんだけど、私の経験上、そゆ人は優しい。
なのでとゆーか何とゆーか、爽子の健気さに触れて、クラスの反発を買うのを分かってても
友達になろうとしてくれる、そんな心意気がカッコイイ!!

何よりも私が「この作品、良いな」と思ったのは、
こんなに良くしてくれる風早に対して爽子が覚えた最初の感情が「尊敬」だということ。
少女漫画では安易に恋愛へ持っていきがちだけど、
実際に友達がいない淋しい状況で優しくしてくれた人に感じるのって、信頼感だよね?
まず「人」として風早を尊敬して、それが恋愛感情として育っていく…。
そんなプロセスに、私も惹かれました。
最初のインスピレーションは間違ってなかったな!!

という訳で、私が普段好むような物語の謎もファンタジー要素もない、ごく普通の恋愛漫画。
ヒロイン以外のキャラ設定も、実は真新しいものではなく、むしろ定番。
描き方を間違うと暗くなりそうだけど、そこは作者が上手くコントロールしてる感じ。
私があまり読まない系統の作品だから新鮮だ、というわけではなく、
やっぱり巧く作られている作品なんだと思います。

でも思うんだけど、長くて艶やかな黒髪・夏でも白い素肌って美人さんの要素だよねぇ?


ネット書店『bk1』さんにTBさせていただきました。
『平岡公彦のボードレール翻訳日記』様にTBさせていただきました
























追記の編集 ▼クリックで開閉します


☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


☆オススメ