『アラクレ・2』の感想

『アラクレ・2』 img20060329.jpg
 藤原 規代 白泉社花とゆめコミックス 2006.03.17 ?390


<ご紹介>
雑誌『花とゆめ』もしくはその別冊増刊の『ザ・花とゆめ』に掲載された
シリーズものです。
アラクレ者が集まるやくざ一家に引き取られることになった
ヒロインを中心に展開するラブコメ。
コピーはズバっと、『ひとつ屋根の下の任侠LOVE』。 まさにソレ(笑)。
好評だったらしく、最近は本誌『花とゆめ』で3回連載にもなってたり。 

ラブコメは好きですが、それ以上にこの作者さんは、過去に『HELP!!』という
より生きることにまっすぐな素敵な作品を描かれているのも忘れてはならないところ。


<あらすじ>
母親が交通事故で亡くなり、途方にくれていた若村幸千恵の前に現れたのは、亡くなったと聞かされていた祖父・浅葱雷蔵。 引き取られたは良いが、そこは黒塗りベンツや強面な男性ばかりの、任侠一家だったのだ!! 戸惑う幸千恵に世話係としてあてがわれたのは、顔良し頭良し価値観おかしな青年・五十嵐楽十。 慣れない状況の中でも一家の温かさと楽十の優しさに触れて心を開いていく幸千恵だが、やくざであることは周囲にナイショ。 当然いろいろ危ないことも多くて・・・これからどうなる!? 


<感想>
いや、上手いんですよ。 ボケとツッコミが(笑)。
少女マンガなのに評価はそこかい!?って声もあるかもだけど、大切でしょう? メリハリって。
1巻の、幸千恵が天涯孤独に→やくざの家に住む、という強引な設定もさらっとしていて、
気づくと主人公も私たちも、その設定に馴染んでしまっているからスゴイ。
このテンポの良さは、本気で強みでしょう。

幸千恵と楽十の恋愛(どーでもいいけど今このPC、恋愛を「憐愛」と変換しましたよ…)
を軸に、家族愛などを描いていくこのシリーズ。
ポイントとなるのは、幸千恵の真っ直ぐな気性そのものでしょう。
曲がったことが耐えられない時に度々現れる姐御っぷりなんかも当然魅力的なんだけど、
周囲にやくざとバレたくないと思いつつ、実は優しい皆を嫌えないところとか。
楽十を意識するときなんかもそうですね。
彼の一見した「カッコよさ」よりも、「優しさ」の方にちゃんと惹かれているあたりが、
彼女の素直さの表れのような気がします。

だってですね、基本的に楽十の幸千恵へのラブは垂れ流し状態なので(笑)、
着ている物が薄地過ぎだと言っては自分のシャツを脱いで肩にかけたり、
ピンチに現れてはすっと抱きかかえちゃったりと、結構アピール度も高いんです。
良いですよね~、乙女はどきどきですよ(誰が乙女だ)。
でも幸千恵は、彼のその手の行動にどきっとするのだけど、それよりもまずパニックになる。
「何、この人っ!?」って(笑)。 素直ですよね。 
打算とか駆引きとか、無いんです。
彼女が本当に楽十を意識するのは、彼がとても優しく素直な笑顔を見せている時。
相手の優しい笑顔を見て恋を始められる人は、とても素直な人だと私は思う。
そして多分、寂しさも知ってる人なんだと思う。

だからこそ、好感が持てるのです。

今多い少女漫画のパターンでは、どーもこの「相手の内面に惹かれる」という基本的な発想が
おろそかにされがちなんですよね・・・。


ストーリーとしてはそれほどの軸はなく、やくざという特殊な環境下で起こるドタバタ劇の中で
前述したヒロインのまっすぐさと恋愛をいかにドラマチックに盛り上げるか、
という点にかかっているのが現状。
もうちょっと大きな筋を作って展開していくと、さらに楽しめそうですが。 
そこまでは、まだ。 頑張って下さい。


<こんな方にオススメ>
どきどきしたい女性向け、だと思います。
が、男性が読むと「女の子ってこーゆーのに弱いんだ!!」みたいな学習になるかも(笑)。
個人的には、★★★☆☆。 



藤原 規代公式HPはこちら
img20060329_1.jpg


Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


☆オススメ