『ぼくと未来屋の夏・1』の感想

『ぼくと未来屋の夏・1』 img20060212.jpg 
 原作:はやみねかおる
 漫画:武本糸会
 講談社シリウスコミックス 2006.1.23 ?514



<ご紹介>
元々は、講談社から発行されている『ミステリーランド』という全集があるんです。
これは、 「かつて子供だったあなたと少年少女のためのミステリーランド」というコンセプト通り、私達が小さい頃にワクワクしながら読んだ、 
例えば「怪人二十面相」などのジュブナイル小説の復権を願って綴られている全集なのです。
ハードカバーで文字も大きくて本当に子供向けの仕様なのに、
大人も楽しめる作品郡なので、執筆陣も超豪華。 img20060512.jpg 
本格推理分野の先鋒ばかり。
島田荘司や森博嗣、有栖川有栖に田中芳樹などが、
真面目に「面白いジュブナイル小説」に取り組んでくれてるのだから、
これはもう、大人だって楽しめてしまう秀作揃いなのだ。

この『ぼくと未来屋の夏』もシリーズの中の一作で、第2回配本として発行されました。
はやみねかおるは元々講談社青い鳥文庫で本格ミステリのジュブナイル小説を書いていた作家さんなので、このコンセプトはまさにハマリ役でしょう。
推理や冒険が、独特ともいえる優しい文章で流れるように語られている、まさに逸品。

その作品を、講談社がこれまた同じ様なコンセプトで発行を始めた月刊コミック誌『シリウス』で漫画化。
正直、原作を読んで満足してたので漫画はいいや、と思ってたのですが、
信頼する『マンガ一巻読破』様でとても面白いと紹介があったので、読んでみることに。
いや、読んで良かった!!(笑) やっぱりイイ物はイイ!!って感じですね。


<あらすじ>
夏休みの初日、山村風太はアヤシイ青年に声を掛けられる。 曰く、「未来を知りたくないかい?」 無視無視!!と先へ進むと、彼の予言?通りに悪いこと?が。 何故か風太の家に居候することになった青年・猫柳健之介は、100円出せば未来を売ってくれる「未来屋」だというのだ。 訝しく思いながらも共同生活は続くが、ある日風太は、神隠しの森で突然犬がいなくなってしまう不思議な体験をする。 必死で探すが見つからない犬の未来を、猫柳に売ってくれと頼み込むと、「あと30分もしないうちに現れる」との答えが。 果たしてその通りになり、風太は首をひねるばかり。 これをきっかけに、髪櫛町にいろいろと顔を出し始める不思議な事件に、風太と猫柳が挑むことになる・・・。


<感想>
いや、ワクワクしますね(笑)。
元々私の中でのはやみねかおるって、ちょっと懐かしいような牧歌的なオブラートに包んで真面目に謎に取り組んでいく、っていうイメージ(抽象的)なのですが、まさにそんな感じの漫画。
少年誌っぽい熱血さや少女漫画っぽい華やかさはないけど、
シンプルで基礎力の高い、本当に実力の試される作りになっていると思います。

とにかくキャラクターの描かれ方が、本当に素晴らしい。
風太はほぼ原作に忠実ながらも、絵で表現される「じと~っ」と猫柳を見る目がかなり印象的。
原作より生き生きしてるかもしれません。
猫柳も、通常のおばかな感じと謎を解く時の迫力のギャップがよく表現されている。
漫画版のみの女委員長の取り入れ方も、全然違和感ないですね。
原作は風太と猫柳を機軸にしっかり立っているけれど、こうして第三者を入れることで、
漫画としての世界観はぐっと広がっていってる気がする。

そして何よりも!!
提示された謎を、風太は小説を書きながら考えるのだけど、そのキャラクターである
少年名探偵WHOと助手ネコイラズ(もちろん風太と猫柳がモチーフ)が、めっちゃイイです!!
原作を読んでいる時は、「あぁ『作中作』形式なのね」くらいの印象で、論理的思考の流れを描写するのに巧いなぁとは思ってたけど、
まさかここまで立ったキャラとして描かれているとは思わなかったです。
ネコイラズ、可愛!!(笑)
こういう、漫画でしか表現できない武器をきちんと使って原作以上の広がりを見せている、
とても成功している好例だと思います。
二巻も期待大!!


<こんな方にオススメ>
・かつて子供だったあなたと少年少女たち。
大人も子供も、みんなに読んでいただきたいですね。
個人的には★★★★★。


Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


☆オススメ