『上高地の切り裂きジャック』の感想

『上高地の切り裂きジャック』 img20060130.jpg
 島田荘司
 講談社ノベルス 2005.11.7 ?880


<ご紹介>
ミステリ界の巨匠というか何と言うか、独特の存在感のある島田荘司。
彼には、エキセントリックな名探偵『御手洗潔』ものと、地道な警察官『吉敷竹史』ものの二つの代表シリーズがあり、
こちらは前者・御手洗シリーズの中の一作。
探偵役の御手洗潔(みたらい・きよし)と、情けないの代名詞(笑)石岡和己が
ワトスン役で繰り広げられる、本格ミステリです。

今作は、原書房から刊行された同名書籍の、講談社ノベルスへの再録+加筆修正版。
講談社のベルスの島田作品は、再録と書き下ろしとでノベルスの表紙の色を変えてあるので
(再録=黒地に金、書き下ろし=白地に黒) 
並べると一目瞭然。 分かりやすい上に、キレイなんだ♪(背表紙マニア…)。

同時収録 :中篇 『山手の幽霊』


<あらすじ>
石岡の元に届いた依頼は、腹を一文字に切り裂かれた女性の殺害事件の捜査。 遺体の発見は上高地だけど、殺されたのは横浜かもしれない? 警察側も物証から容疑者を逮捕するが、動機もアリバイもない挙句に大切なことは何も喋らない。 切り裂きジャックを彷彿とさせる陰惨な事件にに尻込みする石岡だが、御手洗のヒントは更に思いもしないものだった。「死体についていた○○は、捕まえたのか!?」


<感想>
扱っている題材こそ「切り裂きジャック」のような陰惨な事件だけど、ストーリーの展開としては
サスペンスドラマっぽいノリで、今までの御手洗ものの中ではある意味異色な仕上がり。
この手の展開は、もう一方の『吉敷』シリーズに近いかも。
御手洗だと、初期作品の持つ怖いような幻想的なような何とも言えない雰囲気の方が好き。
まぁでも、御手洗メインじゃなく石岡くんが頑張るようになってしまっている以上、
こういう展開にするしかないのでしょう。 彼が一人で事件を解決出来れば話は別だけど。

ストーリー後半で御手洗が(声だけで)登場するようになった途端、
「私が読んでるのはやっぱり御手洗シリーズだ!!」と実感できるようになるからスゴイ。
よくサッカーなどで「流れを変えるプレイヤー」がいらっしゃるけど、
御手洗の場合は「流れを全て攫っていくプレイヤー」に間違いない(笑)。 
この存在感は、まさに圧巻。 
天才を描ける作家さんって意外と少ないけれど、島田荘司と森博嗣はさすがだなぁ…。
(ご自分達が天才だからか)

犯人が何故「切り裂きジャック」のようなことをしたか、という謎の方は、過去のミステリの中でも
王道的な理由ではあるのだけど、そこに気づかせないような話の運び方は、やっぱり巧い。 
っていうか、石岡くんの存在自体が一種の叙述トリックですからね。
彼の口を通ると分かる話も分からなくなるので、ある意味御手洗以上の破壊力です(笑)。
それが悪いとかじゃそういう話ではなく、要するに、島田作品大好き、ってことだ♪

ただ、書き下ろしの前作・『ネジ式ザゼツキー』があまりに素晴らしかっただけに
今回はちょっと物足りない感じがするのも否めない、かな。
前編御手洗視点で進んだ『ネジ式』は、インパクトだけではなく感動もあった。
今作の読了後は「ふ~ん、なるほど」で気持ちが終わってしまう面がある。
勿体無いけど、「御手洗潔の事件簿」的に流れの一環として読む方が無難かもしれない。


<こんな方にオススメ>
たくさん出ているシリーズの一作ということもあり、オススメし辛い…(笑)。
ミステリ読んでみたいな、という人には、島田作品はオススメ。
名探偵が好きなら御手洗シリーズを、刑事ものなら吉敷シリーズを是非お試しください。

って言うかそもそも「ミステリ好きです!!」っていうと、引かれる確率高いんですよね・・・。

個人的には★★★☆☆。


・感想拝読♪・・・『フォーチュンな日々(仮)』
TBP『Let’s 講談社』に参加させていただきました。
img20060130.gif


Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


☆オススメ