『Honey・9(完結)』の感想

『Honey 君は輝ける星・9(完結)』 honey.jpg
 橘 裕
 白泉社花とゆめコミックス :2005.12.10初版発行



<ご紹介>
多分1998年くらいから雑誌『LaLaDX』にて隔月刊連載。
今年、めでたく完結いたしました。祝・完結!!

全然メジャーじゃないと思いますが、個人的に『LaLa』を読み始める
きっかけとなった作家さんの一人です。かれこれ…何年だ?
ずーっと昔ですが、ふぁんれたーなるものを送ったこともございます。懐…。
えーと、健全マジメな花ゆめ系コミックスの中で、
わりと色っぽい(というかマニアっぽい・笑)絵を描きます。 そこが好き(笑)。

ストーリーもツボでした。
赴任したばかりの若くて可愛い校医「桜樟のマリア」こと
長谷川千鶴と、県下一の秀才でありながら問題児・久我直樹の、 教師と生徒のどたばたラブコメ。
ヒロイン千鶴は、自分を女として寄ってくる男が苦手。しかも、失踪してしまった恋人を延々と待っている、ちょっと面倒くさ系な、でもめっちゃ可愛い先生である。

一方久我は、世話好きな千鶴を面倒だと思いつつも寂しさが癒されいき、失踪中と聞かされていた恋人が実は・・・でいることを知ってからは、逆に千鶴を支えようと頑張るようになる。

という少女ちっくな設定の中で、妙なエロ可愛さがあるのがこの作品の特徴。 千鶴は酔うと脱ぐ、とか(笑)。ベタです。チラリズム?かな。
全体的には、ピンクのカヴァーに象徴される感じ。可愛いけど、それだけじゃない、みたいな。
何がツボって、そりゃ「年上、だけど若くて可愛い校医さん」でしょ!!(笑)
私は女だけど、可愛い女性は大好きです。

何かとピンチに陥る千鶴を久我が奸智で救い出す、っていうのがストーリーのパターン。 「可愛いって、良いことばかりじゃないよな」と久我が千鶴を慮るセリフがいっそリアルです。 ちやほやされるより嫌がらせ、挙句にはストーカーなんかも出現しちゃう。 実際はそういう子の方が多いハズですもん。
そんな中でもまっすぐに生きてきた千鶴に、ひねくれ者の久我も癒されていくわけです。
可愛いお話じゃないですか。


登場人物の着ている服などは、
ファッション雑誌よりよっぽど可愛いじゃん!!ってくらいセンスが良くて驚きます。 「コレ欲しい…」と何度本気で思ったことか。 そういう意味では勉強になります。マンガばっかり読んでちゃダメよってね。 もっと自分も女を磨かないと!!と思ったり、思っても続かなかったり…(ダメじゃん)。

そんな感じです。
今回最終巻なので<あらすじ>も<感想>もひっくるめちゃいました。
次の作品が、月刊『LaLa』本誌に発表の場を移して連載中です。
『Honey』が好評だった証かも?
完結、おめでとうございます。



<こんな方にオススメ>
・マンガを読みながらファッションセンスを磨きたい方(笑)。いや、マジで。
・ちょっと女の子の世界を覗いてみたい男性の方。

個人的には(完結記念だし)★★★★★

TBP『橘裕』にTBしました。
TB_People.gif


Loading...
tags: 橘裕
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


☆オススメ