『LaLaDX11月号(2005年)』の感想

『LaLaDX11月号』ladx0511_s.jpg 白泉社/2005.10.8

私がもう何年も読んでいるマンガ雑誌です。
完全なストーリー連載は基本的に無くて、シリーズを連作読みきりの形で掲載してます。
私のように連載が苦手な人には大プッシュ!!
本誌は『LaLa』で、こちらはいわゆる増刊号扱い。
ですが、作品の持つエネルギーとか思想性、フレッシュさ、真摯さなどは『DX』の方がダンゼン良いです。

少女マンガなので「苦手だな」と思っている男性もいらっしゃいます?
でも私、案外コレなら男性にも読んでいただけるのではないか、と思ってます。

今回、この雑誌をちょっとばかり取り上げようと思ったのは、こちらの凄いサイトの存在を知ったからです。
全然及びませんが、マンガ好きとして広めるお手伝いを、ささやかに。



<ご紹介>
個人的に今回のお気に入りは4つ。 簡単にご紹介。

草川為 『十二秘色のパレット』
セロの誕生日を祝いたい、という気持ちがなぜ生まれてくるのかよく分かってないグエル先生が凶悪なまでに可愛かったです(笑)。 卑怯だ(笑)。グエル先生視点だと、しっとりしたストーリーが出来上がるようです。 セロ視点の方が、からっと仕上がる気が。 何でかな、と思ったんですけど、多分グエル先生が人一倍不器用な愛情表現をする人だからでしょうね。

緑川ゆき 『夏目友人帳』
第5話です。 コミックス収録分あたりまでは、「夏目とゆかいな妖怪たち」的なノリで(ぇ?)優しくストーリーが進んでいましたが、今回は「やっぱり妖怪って怖い(ところもある)んだよ」というお話でした。 それでも、騙しておきながら「名を呼ばれるのは嫌いじゃない」と夏目を見つめる三篠や、レイコのために泣いてくれるヒノエは、どこか淋しさを湛えているように見えました。

ふじつか雪 『トリッキィ』
新人さんの可愛くてパワー溢れる作品でした。 これ、久々に「どきどきわくわく」するマンガらしいマンガだったきがします。 ハロウィンとか発明とか冒険とかって、夢があって良いですよね!!ひとコマひとコマが可愛くてしっかりしてて、言うことなし!! 大好きです。
 
萩尾彬 『シュガー☆ファミリー』
この方も…私大好きなんです。 綺麗な描線で綺麗な絵を描かれる方なんですけど、ヒロインの着替えにバッタリ!!みたいなお約束シーンとか、どこか少年誌のニオイがするのは何故なんでしょう(笑)。 お兄ちゃんと義理の妹、という設定は、すみませんすっごくツボです!!(笑)。


気に入っていただけたら幸いです。
以下目次。
こんな方々がこんな作品を掲載してますので、良かったらお試しください!!



<シリーズ物(ページ順)>
時計野はり 『ひたいに三日月』
…額に傷のある女の子・ゆたかと忍者に成長した幼馴染(笑)梓のお話。

斎藤けん 『花の名前』
…身の内に孤独をすまわせる蝶子と京の繊細な同居ストーリー。

槻宮杏 『楽園ルウト』
…地上に墜落した天使・花都と、墜落先(笑)の双子・笑也と大峰のドタバタラブコメ。

和泉明日香 『しにがみのバラッド。』
…電撃文庫の人気作の漫画化。一風変わった死神モモが出会う人々のお話。

川瀬夏菜 『飛べない魔女』
…ホウキに乗れない魔女・カリンを取り巻く魔法使いたちのファンタジー。

ささだあすか 『三日月パン』
…不幸体質のみずほが転がり込んだパン屋・三日月亭で巻き込まれるあれこれ。

<読みきり>
・津田雅美 『赤い実』 ・柳原望 『波斗の海』 ・林みかせ 『君とひみつの花園』
・藤方まゆ 『あぁ愛しの番長さま』 ・紫臣 『魔女の仔』
・藤原ヒロ 『透明な世界』 ・蘭咲ルイ 『ライバル☆コンプレックス』



白線社の公式ホームページはこちらからどうぞ。
コミックホームズさんに詳しいデータがありますのでどうぞ。 


Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


☆オススメ