『プラネテス・Phase05』の感想

Phase05 『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』          初めての方はこちらからどうぞ。


<あらすじ>
休暇を貰ったハチマキタナベフィーの3人は月へ行くことに。 定期便で4日の道のりだが、財布をなくしたり、無断撮影をする映画スタッフや小さな少女・シアと出合ったりと、楽しく(?)過ごしていた。 宇宙に憧れを抱くシアとハチマキは妙に意気投合するが、少女の両親は一家心中を図るための薬がなくなっていることに気づく。 その頃、タナベの財布がスリにあっていたことを突き止めた定期便クルー・チェンシンは犯人を追い詰めるが、逆にシアを人質に取られてしまう。 ハチマキ達は、救出を願う両親の声に応えることが出来るのか…?


<感想>
…人の命かかってますから、出来ねば困る!!(笑)
というわけで、毎回違った視点をもつグループを登場させて、それらが巧く絡み合う構成を取ってる『プラネテス』ですが、今回は4つの視点をまとめていく模様。

?当然ハチマキ達テクノーラ社メンバー。純粋に休暇を楽しんでます。
?シアとその両親。借金取りに追われていて、何も知らないシアと無理心中する気満々で搭乗してます(ぇ)。
?C級映画の撮影スタッフ。すんごい所にもカメラを隠し持ってるある意味見上げたプロ根性。
?スリ犯。手先が器用で羨ましい…(違)。

どれか一つ欠けても話を纏めるのは難しそうです。
で、今回核となるのが、?スリ犯。
スリ犯があちこちで大活躍(だから違)をしてタナベの財布やシアの両親の薬を盗んだりしたために、?~?のメンバーが一堂に会する羽目になるわけです。
その辺の持っていき方は相変わらず秀逸。
だけど、今までのお話に比べて、内容はわりとベタ
そもそも定期便内で映画撮ろうとか無理心中しようとかの設定がまず無さ気…。
多分、これから月に行くっていうことと、後々ちょっとオイシイ所をさらうことになる撮影スタッフとの絡みを出したかったんでしょうね。
あとは、軽く力を抜いたお話も必要なので、そういう役割だったのかなと思います。
力が抜けてるからダメとかではなく、これはこれでドタバタ加減がすごく面白い。
やっぱりさすが、なのかも。

あ、あとこのお話くらいまでが、ハチとタナベの関係第一期って感じです。
ユーリが何故、一人休暇もとらずに宇宙を眺めているのか。
とかもひっくるめてこれから展開されていくので、やっぱり今回は狭間にあたるお話だった気がします。



<チェック>
リュシー
…同性から見て、良くも悪くも「女」な彼女。めちゃくちゃチェンシンにアピールしてますが、どうなることやら。

ユーリ
…毎回一度はユーリが宇宙を眺めるシーンがあるので私もいちいち書いてますが(笑)、別に取り上げなくてもアノ回までは進展しないですよねぇ…。でも書く。「何ででしょうねぇ!?」(しらじらしい…)


プラネテスのオフィシャルサイトはこちら。

Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


☆オススメ