『身代わり伯爵の誓約』の感想

身代わり伯爵の誓約

『身代わり伯爵の誓約』

清家未森
(ねぎしきょうこ・画)
角川ビーンズ文庫
2010年2月1日 初版発行/¥540





「……あなたが選ばないなら、俺はもう待たない。 今すぐここから攫います」
リヒャルトが怖いくらいに真剣な顔で見つめていた。
「俺は本気であなたが欲しい。 あなたも本当のことを言ってください。 俺のことが好きだって」



<ご紹介>
双子の兄の 『身代わり』 を務めたことで外交レベルの陰謀に巻き込まれることになったミレーユの恋と冒険を描く、激甘ラブファンタジーです。
偽王ギルフォードから祖国シアランを奪い返す――。 大好きなリヒャルトの悲願のために、一人敵地に乗り込んだミレーユ。 結婚誓約書へのサインと引替えに大事な宝剣の鍵を手に入れたけれど、ギルフォードの薬によって過去の記憶を奪われてしまう。 結婚式当日、やっとの思いでミレーユの元に辿り着いたリヒャルトを待ち受けていたのは、何故か両手に金棒を携えて暴れる、花嫁姿のミレーユで…。 リヒャルトはミレーユの記憶と祖国を奪還することが出来るのか!? シアラン編、堂々の完結!!


<感想>
お も し ろ か っ たーー!!  作品への愛を語る前に表紙について語りますと (何故・笑) 、あとがきで清家さんも仰ってるように、1巻以来のミレーユとリヒャルトのツーショット絵が、もう嬉しくて仕方ないです。 大騒動の末に実った二人の恋愛が、 「背中を預ける」 ことと 「一対の剣と宝石をそれぞれ持つこと」 で明確に表現されてるところがすごく好き。 そして、恋愛が成就しためでたい巻にも関わらず、やっぱりミレーユが男装姿なこと(笑)。 どれを取っても 『身代わり伯爵』 らしい描写になってて、この表紙絵は完璧ではないかと思うのですw


で、内容。 もう、本当に身悶えまくりでした。 腹筋も頬筋も攣りそうなくらい身悶えたのは久々だぜ!!(笑)  リヒャルトの押せ押せで責め責めな告白要求(笑)に床の上をゴロゴロし、ミレーユとのやっとかよ!!なラブ展開にニヤニヤが止まらず、ギルフォードやウォルター伯爵との対決に心臓の音が聞えるくらいにハラハラし、フレッドの兄妹愛にジーンと切なくなり、そして最後は笑いながら 「おめでとうっ!!」 って言いたくなる、とても素敵なお話でした。 今まで散々焦らされた甲斐があったってもんです。 いやもうホント、大満足!!


前巻ラストで記憶を失ったミレーユだけど、何ていうか、記憶なくてもミレーユはミレーユだなぁとw 彼女の魅力は、いつでもどこでも 「ミレーユらしさ」 を失わないところだと思うんだけど、ギルフォードらに自分の本質を奪われそうになる度に、本能的な危機感で花嫁衣裳に武器を縫み(笑)、結局は自力であっさり記憶を取り戻す…とか、本当に彼女らしい逞しさだなって思う。 記憶を奪われたミレーユは、助けに来たリヒャルトに 「死神」 を連想する。 そして死神は 「嘘」 を終わらせる存在だとも思ってる。 その連想の通り、死神=リヒャルトが、ミレーユの嘘 (=記憶の喪失で自分の気持ちを偽ること) を終わらせてた…っていうのは、ちょっと深い描写だなって思う。 まっすぐな彼女がリヒャルトに 「嘘」 を暴かれたことで幸せになるなんて、 「ミレーユらしさ」 の全肯定だと思うので。 そして結局 「死神」 に奪われたのは命ではなく、ミレーユの恋心と唇だっていうオチだけど(笑)、そんなところも好きですw


ミレーユが恋心を認めてさえいいれば、事態はここまでややこしくならなかったんだろうな…とも思うんだけど、でも、そんなカンタンに初めての恋を伝えられないのも、本当だと思うのです。 この盛大な遠回りさえもが 「彼女らしさ」 だったのかと思うと、何だかすごく愛しくなって、リヒャルトの 『たくさん頑張ってくれて、ありがとう』 って台詞がより素敵に感じます。 ホントその通りだよね!!  やっとラブラブな二人を見れたっていう感慨と、花火とキスのお預けのようなシリーズのお約束もあって、完結編らしい盛りだくさん加減がとても良かったです。 


でもって、リヒャルト。 初期のヘタレ路線を返上するかのような(笑)怒涛の快進撃には、本当にドキドキさせられました!!  『まだ、途中です』 とか 『この状況でおあずけはなしですよ』 とか、とても (作戦とはいえ) 逃避行中だと思は思えない言動の数々に 「いや君、現状分かってる!?」 と、何度問いただしたくなったことかっ(笑)。 挙句の果てに四阿まで作るって…どれだけ幸せオーラの密度が高いんですか!?  でもやっぱり、この幸せ感には私まで嬉しくなってしまいますねw ミレーユが 『どこにだってついてくんだからっ!』 って言ってくれたことは、彼の一番の勲章なんじゃなでしょうか。 


一方で、案の定オイシイ場面をすべてかっさらったフレッドには、盛大な拍手をw 彼が活躍 (というか暗躍?・笑) すると、物語が締まりますねー。 妹の仇とばかりにウォルター伯爵をやりこめるくだりは、フレッド同様私も 『すっきりした』 ですよ。 かと思うと 『もう帰ってこないことくらい、あの夜からわかってた』 って台詞には、うっかり泣かされそうに…。 分かってても今まで妹のために奮闘してきたのは、ひとえにミレーユのため。 彼の行動の根本には、友情だの兄妹愛だの家族愛だの慕情だの、いつだって 「愛」 があるっていうのが、最高にカッコイイところだと思うのです。 だからこそ寂しさも人一倍なんだろうけど…もういっそ、フレッドも自分の家族を作れば良いんですよ。 アルテマリスの某姫君のところに 「嫁に行く」 のはどうでしょうか?(笑) 次巻は彼の幸せについても触れられてるといいなw 



●感想拝読しました ・・・ 『雲職人の休息』様  『- `)。oO(少女小説読みの日記)』


Loading...

Re: こんにちは

>Lizさん

コメントありがとうございますw
私の拙い・・・というか、読み返すと「楽しかった!」しか言ってないような感想(笑)を、
楽しんで読んでくださったLizさんはとてもお優しいです・・・ありがとうございますw
私も、貴ブログの「ちょっと長い」ほうの感想読ませていただきました。
丁寧に書いてあって感動しました。 私も見習わないと・・・!!

> 私も今回の表紙大好きです。

二人らしくて良いですよねw やっぱり表紙では常にミレーユは男装なんですね…(笑)。

> 死神の解釈になるほど、と思いました。

なんで死神って単語が出てきたのかな?と思ったらつい考えてしまって…。
深読みしすぎだと思ってたので、お言葉嬉しかったです。 ありがとうございました!!

こんにちは

前のブログで、この本を読んだと書かれていたので、りるさんの感想を読むのを楽しみにしていました。感想、楽しく読ませていただきました。

私も今回の表紙大好きです。

死神の解釈になるほど、と思いました。

Re: こんにちは。

>なつめさん

こんにちは!! こちらこそご無沙汰しております(が、ブログは毎日見てます!!)。

はい、『こばと。』にハマってました。
感想読みたいと言ってもらえてとても嬉しいです!!
アピールしたんだけど全然そう言ってもらえなくて、ちょっとヘコんでたのです(笑)。
なつめさん、優しい!! 大好き!!(笑)

> わたしは、まだ銀杏のお話までしか見てませんがあれはすごい泣いちゃいました(><)

私もです!! あのお話、すっごく良かったですよね。
実は3回は見てますからね。 温かくて優しくて、切なかったですー。

> てか、わたし銀生が好きすぎです(笑)
> すっかり、浪川さんの虜になってしまいました。

ブログで見てたので、浪川熱にうなされてるなつめさんは想像できますよ(笑)。
でも分かる。 浪川さん素敵ですよね~。
風早くん用の可愛い声も好きですが、銀生はむだに色気が…!!(笑)

> すみません。身代わり~は、悶えましたね!
> リヒャルトとミレーユのやり取りに悶絶でした。メディア展開、期待してたり。

身悶え100%でしたよねっ。 頬筋つってもイイってくらい満足です(笑)。
メディア展開得意な角川ですし、ありそうな気がしますよ~。

私もいつも楽しく拝見してます。 これからも宜しくお願いしますw

Re: タイトルなし

>もとさん

こんにちは!! コメント+TBありがとうございましたw

> 楽しさが溢れてて感想読んでからまた読み返しましたよ(笑)

ありがとうございます(笑)。
ずっと書きたくてウズウズしてたので、気持ちが噴出してしまいました。
読み返して貰えるような感想が書きたかったので、とても嬉しいコメントです。

> 予想はしてたものの予想の上をいくらぶらぶ振りで満足でしたw

今まで焦らしに焦らされたことすら満足に思えるらぶっぷりでしたよねっ。
もとさんにこの作品を紹介してもらえて本当に良かったです。
ありがとうございます!!

> その辺も続編で期待したいですね~。

ですよねー。 意外と早い段階で次巻が出るみたいなんで楽しみ。
その前に、もう1回読み返したいです(笑)。

こんにちは。

ご無沙汰しています、なつめですー。あれ、りるさんがこばと。にハマってらっしゃる!w
最新2話といわずその前とかも感想読みたいですー。

わたしは、まだ銀杏のお話までしか見てませんがあれはすごい泣いちゃいました(><)

てか、わたし銀生が好きすぎです(笑)
すっかり、浪川さんの虜になってしまいました。

四月一日も出て来たんですね。早くみたいです(><)

と、向こうでコメントしたかったんですが
すみません。身代わり~は、悶えましたね!
リヒャルトとミレーユのやり取りに悶絶でした。メディア展開、期待してたり。

では、脈略なくつらつらすみませんでしたー。いつも
楽しく拝見しています。またきますね。では!

こんにちは。
移転してから初コメントですね(どきどき)
楽しさが溢れてて感想読んでからまた読み返しましたよ(笑)
予想はしてたものの予想の上をいくらぶらぶ振りで満足でしたw
>某姫君のところに 「嫁に行く」 のはどうでしょうか?(笑)
その辺も続編で期待したいですね~。
Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『身代わり伯爵の誓約』清家未森

「…俺と結婚してください」   リヒャルトの宝剣を手に入れるべく大公と結婚契約書にサインをしてしまったミレーユ。挙式まであと二日と迫る中、記憶を失ったミレーユとリヒャルトの恋の行方はーー!? シアラン...

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


☆オススメ