スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Loading...

『LaLaDX3月号(2010年)』の感想・前編

LaLaDX03.2010

『LaLaDX3月号(2010年)』

白泉社
2010年2月10日/¥657+税




<感想>
「開花宣言!」 と銘打たれた3月号です。 表紙は 『赤髪の白雪姫』 。 白雪のドレスの色は 「開花」 の色なのかなw 乙女はどんどん花咲くと良いと思います!(笑) 巻頭カラーは 『恋だの愛だの』 、 ふろくは 『夏目友人帳』 のニャンコ先生風船セットでした。 全体的にまとまってるけど勢いは乏しかったかな…?という印象。 お気に入りは 『つきいろ絵巻』 『ルカと盗賊』 『絶対平和大作戦』 でしたw  4コマ・ショート以外でここにない作品感想は、後編記事にありますのでどーぞw

 
●辻田りり子 『恋だの愛だの』
初巻頭カラーおめでとうございます。 かのちゃんも椿くんも、本人の意思に関わらず多方向に巻き込まれていきそうな展開だけど、私としてはそんなことより (コラ) 椿くんです。 かのちゃんの笑顔一つで許しちゃう椿くんが楽しくて仕方ないです(笑)。 あと、姉への愛情の方向性が間違ってる桃ちゃんの弟くんもちょっと楽しい(笑)。 いろんな人がいろんなことを考えていて、かみ合っていようがいなかろうが関わらなければいけないのが社会性なので、その辺をしっかり描いてあるな、という印象。


●葉鳥ビスコ 『桜蘭高校ホスト部 特別編・常陸院家の家訓』
ミルクティーとピクルスの組み合わせは、絶対にイヤだ!!(笑) いや、単体では両方大好きなんだけど、だからこそ別々に出て欲しい……ってそれはともかく、あの奇抜な髪型さえも本当は家族愛の象徴だなんて…いい話だけど、実は愛情が分かりにくい形でしか発動しないってのが家訓なんじゃないの?っていうくらい、みんな不器用ですよね(笑)。 それが魅力だけどw この家族見てて思ったのは、憎まれっ子世に憚るという格言(笑)。 正確にはちょっと違うけど、いずれにしろより根強く幅広く、繁栄していくんだと思いますw


●あきづき空太 『赤髪の白雪姫』
18話でした。 本編再始動!!…かと思ったら次号お休みとのことで結構ショックです…。 それにしても、白雪への気持ちに居直った(笑)ゼンの振る舞いがなかなか楽しくて良いです。 寝ぼけて指をはむって何事ー!?(笑) でもって白雪も、普段の気丈さとは違い、ゼンにだけ見せる表情はどこまでも 「女の子」 で可愛いですw 巳早が超久々に登場でしたが、さすがにあまり覚えてなかったので、この機会に1巻を読み返しました。 名家の三男坊って設定は最初からあったんですね。 白雪の誘拐のこととゼンの態度をみて、即座に巳早を敵認定するオビがやっぱりカッコ良くてときめいたぜっ!!(笑) その後も彼、ずっと巳早から目を離さないんだよね。 自身も過去、白雪に弓を射てるわけだし、白雪を狙う人物には思うところがあるだろうな。 そんな白雪がどうやら厄介ごとの渦中に引きずり込まれそう。 イザナ王子も巻き込む「城よりも相応しい場所」って何だろう? 2回言うけど、次号お休みショックです…!!


●天乃忍 『つきいろ絵巻』
助けてくれた俊介さまのお嫁になりたい 「狸」 のこまりは…? ということで、天乃さんの読みきりは、想像通り可愛くて大好きな雰囲気でした。 予告カットを見たときに 「あ、私きっとこの作品を好きだ」 って思うことがたまにあるんだけど、この作品もそうでした。 和服なこまりちゃんの絵から、温かさが伝わってきたんだよね。 で、案の定良かったので嬉しくなってしまったw 一途なこまりちゃんも、虚弱だけどオトボケで優しい俊介さまも、ツンデレ狸(笑)な小太郎くんも、みんな一生懸命に誰かを思ってるところがすごく好き。 そして、その誰かを想うときの、こまりちゃんの爛漫な笑顔とか、俊介さまの切ない笑顔や、 『救えない』 と笑う小太郎の表情が、 『狸も人も好きってきもちはおんなじ』 だと伝えてくれて、泣いてしまった。 大好きな人に撫でてもらったときの嬉しさだって、同じなんだよね。 お嫁になるのが夢だけど、それよりも恩返しがしたい…好きな人の幸せのために頑張ったこまりちゃんは、間違ってないです。


●橘裕 『うちのポチの言うことには』
第7話。 ふぇぇ、ポチがえろいことしてますー(笑)。 いいぞ、もっとやれー(え)。 前号に引き続き花織ちゃんの猫ミミが可愛くてドキドキしました。 ウサギも見たいと思う私は、やっぱり変かもしれません(笑)。 今話は特にお話が進んだわけではないけれど、ポチたちも婿候補なこと、長兄がキーマンなことが判明。 彼が花織ちゃんの 「犬」 を放棄した理由は何なのかなぁ? 花織ちゃんの声がないと自分を保てないと言うポチ。 では、遥よりも 「犬」 に近いっていう長兄はどうなんだろう? もろもろ気になるけど、やっぱりポチの見事な独占欲の方がもっと気になって仕方ないです。 舐めるだけで満足出来なくなる日はいつだ…(そこかよ・笑)。


●高木しげよし 『フィルムガール』
鳴ちゃんと司朗くんが既にラブラブなので見てて楽しい(笑)。 一緒にいても大丈夫な二人になりたいという最近の鳴ちゃんは、すごく素敵だと思うw ラスト、写真の鳴ちゃんの仕草が可愛いし、冒頭のスロウのポスター絵もカッコイイし、高木さんってこういう魅力的な構図を描くのが上手だよね。


●槻宮杏 『おねがい 神父様!』
教会の孤児として育ったヒロインと不思議な神父様のラブロマンス。 梨乃ちゃんの制服?が可愛くて眼福ですw 華やかな画面と神父様の独占欲(笑)が槻宮さんらしい展開でグッ。 神父様の一挙一動にドキドキする梨乃ちゃんが可愛くて、確かにあんな表情で見上げられたら堪んないよねー、と半ばオヤジ的視点で読んでました(笑)。  「ボーナス」 なの、分かるなぁ。 開き直った後の神父様のセクハラ加減が妙に好みでウカツにもときめきましたが(笑)、神父様の気持ちが動く要因がもうちょっとインパクトあると良かったです。


●小椋アカネ 『絶対平和大作戦』
第15話でした。 うおー、扉絵のユーダ姫の衣裳がキワどくて素敵なんですけど!! (コラ・笑)  かと思うと、ほっぺにチューで上目遣いとか、ホントこの人可愛すぎて大変です。 そりゃヨハネ王子も鼻血も出すって(笑)。 何ていうか、ヨハネとユーダの気持ちが一つになってヨハネ様のヘタレも返上だと思ってたんだけど、この人はきっとユーダ姫に関しては、きっとずっとヘタレなままなんだと思う。 そしてそれが彼の愛情なんだと、今回しみじみ思いましたw 優しさが幸せになるなんて、素敵だもの。 
ほのぼのムードな二人とは真逆に、お話は物騒になってきたけど…ここにきてエレミヤの動向が鍵を握りそう。 子供の笑顔は無理やり国を取り戻さなくても、確かに 「ここ」 にある。 ヨハネが求める街の在り方と、子供の笑顔は矛盾しないことに彼が気付いてくれると良いな。 豊かなのに 「地獄」 だというジュデッカではなく、本当の豊かな街を作ってくれると良いのにな。 次回楽しみです!!


●石原ケイコ 『ルカと盗賊』
綺麗なものしか盗まない大泥棒・シンラと、妹のために彼を利用しようとするルカのお話。 石原さん好きなのではりきって読みだしたけど、ところどころ分かりづらくて 「??」 と何度か読み返しちゃった。 でも、読み返すたびにいろんな発見があって、そしてどんどん面白くなる。 最初は飄々としてたシンラがルカに翻弄されてく様子は特にそうで、 『盗んでくよ』 に込められた気持ちを思うとシンラ同様嬉しくなりました。 まさに 「宝」 を見つけたんだなぁってw  ルカは自分の武器は不信だと思ってたけど、多分それは武器ではなく 「鎧」 だったんだと思う。 ルカが自分を守る為の。  「鎧」 を失って初めて見えた彼女の 「本当の武器」 は、どんなときもアンナを想える心。 自分が折れそうでも大切なものを守りたいと願える心をシンラは 「宝」 だと感じたんだろうなw  あと、ルカの手をとるシンラを凄い表情で見遣るアンナに爆笑でした(笑)。


●亜笠弓月 『告白裁判』
バレンタインに大好きな先輩から告白を引き出そうと奮闘するお話。 バレンタインなのに自分が告白するんじゃない、って発想がユニークw 告白が自白で弁護士が兄…とかちょっと面白かったです。 ただ何て言うか…それだけの好きオーラを持ってるんだから、やっぱり自分で言って欲しかったな。 あの先輩だから 「落ちた」 わけで、彼の素直な性格が伝わってきて良かったけど(そしてそれが狙いだろうけど)、う~ん…となっちゃいました。 あと、亜笠さんの 「オモシロ友達」 話がすごい面白かった。 周囲の人が優しすぎるだろそれ…(笑)。


●河口けい 『欲張りな僕ら』
金持ちの跡取息子が、己の強欲を直すために慎み深い女の子に弟子入りするお話。 二人の価値観の違いがコメディータッチで描かれてて、特に 「大きいつづらと小さいつづら」 の一連のシーンでは笑ってしまった。 私も御多分に漏れず小さい方だと思ってましたが、そうか、 「お気持ちだけ」 ね… (既に失格・笑) 。 罰が変顔なのにも理由があって、上手ですw 一番の被害者のくせに人のいいタカシ君と、KASEIFUといエプロンをしている家政婦さんがツボでした(笑)。


●笹月いぐさ 『オトギ草子』
人の感情に興味のある鬼と、鬼に弟子入りしたい少女のお話。 鬼になりたいだなんて言う割りには、鬼さんが鬼畜行為(文字通り・笑)を行うと慌てて止める少女が可愛いw 彼女は逃げたかっただけで、鬼は知りたかっただけ。 それがいつの間にか互いの 「居場所」 になるなら、素敵なことなんじゃないでしょか。 ただ、鬼さんがどーしても女の子に見えちゃうのが残念…。


⇒後編へ続きます




LaLa DX ( ララ デラックス ) 2010年 03月号 [雑誌]



Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。