『LaLaDX9月号(2009年)』の感想・後編

laladx09.jpg

『LaLaDX9月号』


白泉社
2009年8月10日/¥657+税






<感想>
こちらは『LaLaDX9月号』感想の、後編記事です。 ここにない作品感想は 前編 にあります(4コマ以外)。 あと、『片恋トライアングル』の感想だけ妙に長いけどご勘弁ください(笑)。


●草川為 『サテライター』
面白かったー!! 小さいサテライター達がめっちゃ可愛いw そして、お互いのサテライターを見たときに、都も尚も「かわいい」って言ってるところが、また可愛いですw 君らラブラブやん(笑)。 ただその分、サテライターを食べるシーンがちょっと怖いことに…。 でも、だからこそ、『オレはおまえよりも獣なんだから』っていう尚がカッコ良かった!! その前のオオカミとウサギのシーンがあるから余計に映える。 自我が消滅する時でも都の為に笑顔になれた「尚生」を食べたんだから、「尚」はこれからもっと都のためを考えられるようになるんだろうな。 それでも足りない分は、サテライターを食べて補うのではなく、「二人」が一緒にいることで補い合っていく。 頑張ってw

それにしても……生きていく間に「私が選ばなかったもの」は、確かにあると思う。 私は自分のサテライター達に、『私達の輝ける星』と言ってもらえる自分でいられてるかな。 ちゃんと彼女達に誇らしく思ってもらえてる「私」でいたいなと思いました。 私も頑張る。


●弓きいろ/有川浩 『図書館戦争LOVE&WAR』 特別編
手塚の笑顔を激写しよう!というお話でした。 先月の『LaLaスペシャル』番外編にときめきすぎたので(笑)、これはこれで落ち着いて読めて良かったですw  性格が分かりやすいとかそういうことに関係なく、きちんと人を評価できる堂上教官がステキです。 手塚はなまじ堂上をよく見ているから、郁ちゃんを評価してる彼に気付いちゃってるけど、ちゃんと自分のことも見てくれてるんだ…っていうのは気付きにくいものなんだよね。 今回、そこに気付いた時の手塚の笑顔がとても良かったです。 それにしても…柴崎、やっぱり最強だぜ!!(笑)


●あきづき空太 『赤髪の白雪姫』
ミツヒデの回想編の後編でした。 全然関係ないんですけど(またか)、私は建物(特にアーチと街灯)フェチなので(笑)、背景として描かれるクラリネス王宮の素晴らしさにいつも惚れ惚れしてしまいますw 服飾の描写も細かいし、あきづきさんのそういうセンスが大好きです!!

内容的には……ミツヒデ、ゼンのこと大好きだな!!って感じですね(笑)。 この回想を読んでから2号前からまた読み返したんですけど、白雪への告白を見守るミツヒデの誇らしげな様子に再度胸を打たれました。 あの時も感動したけど、2人の6年前を知った今だと、余計胸に響きます。 もちろん白雪は、恋愛的な意味でゼンに無条件の信頼を与えたわけだけど、その「ゼン」に「人を信じる」喜びを授けたのは、他でもないミツヒデだっていうのが、泣きそうなくらいステキでした。 あと、前号見たらちゃんと「国の為に尽力してる」リドの人が登場してるあたり、構成的に上手いですよねw
 

●水野十子 『遥かなる時空の中で』
どうやらあと2回で終わりっぽい…あまりきちんと読めていないのですが(昔から、実は水野さんの漫画がちょっと読みづらいのです。 絵柄は好きなんだけど)、セリさんとイクティダールが出てくるときだけはノリノリで読んでました(笑)。 なので今号も登場してて嬉しいw セリさん美人ですー♪ 内容的に、私は何となく天真くんとくっつくのかと思ってたんですけど、この流れだと頼久さんなのかな? 洞窟でもずっと一緒だったし。


●槻宮杏 『猫にトモシビ』
ニャンコが可愛すぎる…w 灯台を前に小さい朔月と「野田くん」が呆然としてるコマの絵が妙に好きなのも、シッポが可愛すぎるからだと思います(そこかよ・笑)。 お話としては…多々に無理があったけど、そこを勢いと華やかさで押しきってしまう槻宮さんらしい作品でした。


●高木しげよし 『フィルムガール』
毎回言ってますが、この方の作品は雰囲気があるところが良いなぁと思うんだけど(紙面に載ったメイちゃんの写真とかスゴク良い)、それ以上がなかなか来ないのが難しいところです。 メイちゃん、今回も司朗くん任せになっちゃってたし。 もっと一人で、自分で、っていう前向きさがラストくらい欲しかったです。 でも可愛い(笑)。
 

●辻田りり子 『二階堂季文考』
お兄ちゃんがマジ残念でした。 薔薇抱えるの似合ってるのに!! 美月タン、までは許せるのに!!(笑)  あとは緑子ちゃんの寂しがりっぷりがちょっと愛しい。 アホな子ほど可愛いって言うけど、彼女にとっての美月ちゃんがそれだったんだろうな。 主人公二人については……意外とバカップルになるんだと思います、以上(笑)。


●天乃忍 『片恋トライアングル』
最終回でした…何かもう、いろいろ良かったな…。 切なかったけど、でも愛しくなるくらいに真直ぐで、嘘がない。 この物語を動かしていたのは、どれだけ悩んだって止められない関谷さんの「好き」っていう気持ちだったことがよく伝わってきた告白シーン、すごくステキでした。 たくさん走って伝えた「好き」は実らなかったけど、関谷さんが結城くんから貰った『大切で大好き』を、『最高評価』だといえる彼女がホント愛しい。 そして、そんな関谷さんを影に日向に支える葛西くんの想いが、本当に本当に愛しいです。 君は関谷さん並みのストーカーか!?と思えるくらい頑張ってたよね(笑。誉め言葉!)。 私は葛西派なので、是非もっと頑張って彼氏の座をゲットして欲しいですw

結城くんの、姫宮さんにだけはちょっとだけ意地悪したくなっちゃうところが、すごく「男の子」っぽい。 可愛い愛しいだけでは収まらない感情なんだろうな。 何でなのか、ちゃんと気付く日が来て欲しいな。 あと、『あんたがひっぱってくるんでしょう!?』の引っ張るが、文字通り引っ張ってるんだっていうことが判明したラストのコマが可愛かったです(笑)。 

この作品は、私の「三角関係モノは苦手」という意識をはじめて変えてくれた作品になりました。 白泉社の三角関係モノは割りとどちらも選ばないことが多く、選んでもその説得力に欠けていたり(どっちも魅力的過ぎるから)するんだけど、この作品はきちんとけりをつけたうえで、誰かの気持ちを斬り捨てなければいけない罪悪感よりも、もっとたくさんの「好き」を伝えてくれました。 そんな天乃さんに大感謝です!! ありがとうございました。


●豊田悠 『猛獣は檻の中』
お、続いてますね。 個人的にカルラちゃんは制服よりもドレスアップしたほうが断然好みです。 脚元のドレープがお気に入りw(笑) 「人は裏切る」からヘイゼルを「犬」だと思いたい彼女の頑なさは、それだけ彼が大事な証拠。 振り返り様の涙顔が可愛くてメロメロだったんですが、そこに絆されちゃうヘイゼルのヘタレっぷりにもメロメロでした(笑)。
 

●芳川由美 『青色ハンドメイド』
ずっとふるふるしてる人形が可愛くって可愛くって!!(ぬいぐるみ大好き・笑) でも、破裂して「へちょ」ってなってしまう寂しさったらないです(しゅーん)。 日向ちゃんは破裂しちゃう子たちが可哀相じゃなかったのかな…。 『がんばれ』って言ってくれてたのに、大事なのは最初のぬいぐるみだけなの? そこも淋しかったです。 あ、制服のカラーがストライプなのがめっちゃ可愛い!! とくに男子の!! 新名くんと斎京くんの掛け合いも楽しかったです。 


●八屋百 『江戸ベガス!』
親子の情に弱いので、イカサマ嫌いのおやっさんの最高の「イカサマ」にちょっとうるっと来ました。 人はいつだって、自分が思っている以上のものを持っているのだと私も思います。 ただ、タイトルがマイナスポイントだ(笑)。


●次号予告
『キスよりも早く』の番外編と、斎藤けんさんの新作読みきりが掲載。 『少年ドールズ』は本誌から再移動ですね。 そして…『笑うかの子様』の続編である高校生編が『恋だの愛だの』としてスタート。 やっぱりやるんじゃん(笑)。 個人的にはモチロン、ふじつか雪さんの新作が楽しみですw

・前編 ⇒『LaLaDX9月号(2009年)』の感想・前編
・前号 ⇒『LaLaDX9月号(2009年)』の感想・前編
・前号 ⇒『LaLaDX9月号(2009年)』の感想・後編







<感想を拝読したサイト様>
『地図を持たずに旅に出よう』




Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


☆オススメ