アニメ『こばと。』の感想/第22話『…さよならの日。』

こばと。限定版 第6巻 [DVD]
角川エンタテインメント (2010-06-25)
売り上げランキング: 15600

第22話 『…さよならの日。』


『次の満月までにコンペイトウを集めろだとよ。 …さもないと、契約に従ってお前の行く末は決まる』


いおりょぎさんの意味深な発言のオンパレードがとても気になるっ!! こばとちゃんの行く末って、一体どうなっちゃうの!?  そんな謎めく部分とは別に、いろんなことに 「さよなら」 があったお話でした。 よもぎ保育園の取り壊し。 さやか先生の自立。 藤本の長年の想いの終わり。 そしてこばとちゃんも、いおりょぎさんに 『何だよそのリアクション!! 自覚ねぇのかよっ?』 とツッコミされてたままではいられないでしょう。 作画がなかなかに美しくて、その美しさゆえに 「さよなら」 の切なさが強調されてた気がします。 泣いてしまった…うぅ。


『よっぽど良い夢でも見てたのか?』 (いおりょぎ)
『はいっ。 …あ、あれ? もの凄く、幸せな夢だったんですけど…』 (こばと)

思い出せないのは、記憶がないから。 こばとちゃんが現在のように 不安定な存在になってしまったのは、いおりょぎさん達が以前起こした 「戦い」 に巻き込まれたのが原因みたい。 今まで張られてきた伏線がどんどん集約されつつある展開に、とてもドキドキしてます。 実は、原作がまだ進行中だからアニメはもしかして曖昧に終わるのかな…?と危惧してたんだけど、どうやら結論付けてくれる雰囲気なので安心しました。 だって私、このアニメ大好きだから、きちんと結末が知りたいんだもん。  いずれにしろ、 「夢」 に登場した男性 (こばとちゃんの父親?) の後姿が藤本に似ていることがとても気になるっ。 あと、さらっと桃矢兄ちゃんが登場してたのがめっちゃ嬉しかった!!  っていうか、関さんだ関さんw もっとメインでも良いんですけど! (それじゃ別作品だ・笑)
  

・『違うって! そーじゃねぇんだよ。 あー、分かってねぇなぁ!』 (店長)
・『藤本くんの、力になってあげて』 (さやか先生)

藤本の頑なさを、周囲だけは心配している。 多分彼には、保育園が全てだったのだろうから。 さやか先生には沖浦さんがいた。 園児たちには家族がいた。 けれど彼には、さやか先生を含めて、園に繋がる世界しかなかった。 それが失われることが痛くて、耐えられなくて、拗ねたくて、ただ悲しいんだろうなって想像出来るからこそ、心配なんだよね。 

さやか先生は、保育園が藤本を縛ってきたんじゃないかって心配するけど、私はそれもちょっと違ってて、彼には園のために生きるってこともきっと大切だったんだと思う。  他人から必要とされることは、ものすごい力を与えくれるから。 『頑張り屋でい続ける』 ことも、必要だったと想うのです。 私、そういう気持ちならちょっと分かる。  でも、ずっとそのままじゃなくて良いっていうのも、やっぱり分かるんだ。  『それは私の役目じゃないの。 もう、そうじゃないのよ』 … 力の源を失ったことで、藤本が自分を保てなくなるのなら。 … 彼を支えたいと、こばとちゃんが本当に願うのなら。 「行きたいところに行く」 というこばとちゃんの願いは、既に変化しているのかもしれないですね。 


『先生。 …始めて、良いですか?』 (取り立て屋)
『――お願いします!』 (さやか先生)

このさやか先生、綺麗でした。 「自分で決めた」 ―― そう言えるまで、どれくらい悩むとあんな風に笑えるんだろう?  この人は最初から美しかったけど、あの笑顔が一番綺麗だった気がします。 保育園に誰よりも支えられていたはずなのに、それを失ってもより強く輝ける精神力には、藤本じゃなくても惚れるってもんですw
 

『俺のことを可哀想だと思ってるなら、やめてくれ』 (藤本)
『違いま――』 (こばと)
『迷惑なんだよ!』 
『……違う、藤本さ…っ!!』

この一連のシーンは、息を飲んで見入ってしまいました。  『違う…』 と囁く花澤さんの、儚く震える声にドキっとしました。 うわぁ、短い否定の台詞ひとつに見事に想いが表現されてる…!! こばとちゃんは、その想いが何なのかまだ自覚してないはずなのに、 「想い」 はちゃんとそこにあるっていうのが分かる!! プロって凄い、と冷静に感じる自分と、こばとちゃんと一緒になって切なくなる自分がいて、本当にドキドキしてしまいました。 藤本めー、こんな可愛い子を泣かせて!! それじゃ身を引いた堂元さんが可哀想じゃないか! (←ヒドイ・笑)


『責任を感じてることは確かでしょねぇ。 あの戦いがなければ、あの子が…』 (瑞祥)
『とばっちりを喰らって、あんなことにならずに済んだ…か』 (玄琥)

いやぁん、だから気になるんだって!! っていうか、銀生の台詞が少ないのも気になる。 浪川さん、もっと喋って… (違うだろ・笑)。


『オレに出来ることなら何だってやる!! だから、季節がもう四つ巡るまで…いや、一つでも良い!! この通りだ!!』 (いおりょぎ)
今までのいおりょぎさんの言動から、決して神に従順でないことは十分伝わってきてた。 今回だって、まだ足掻こうとしてたし。 だからこそ、そんないおりょぎさんが己の主義主張よりもこばとちゃんのために懇願する姿に、何かもう号泣でした。 責任感、あるんだと思う。 でもそれよりずっと、いおりょぎさんはこばとちゃんのことを好きだよね?  『待つのは苦手』 って言っておきながら、今まで根気強くこばとちゃんに付き合ってきた優しさとか、いろいろ思い出してもう 「いおりょぎさん大好き!」 って抱きつきたくなりました。 最後の絶叫も切なくて、状況はほぼ絶望的なんだと分かる。 こばとちゃんの 「契約」 がどんなものなのか、そして彼女の 「願い」 がどうなるのか、続きがホント楽しみです!




Loading...

>NKさん

コメント、そしてご来訪ありがとうございます!!
さっそくのお越し、とても嬉しいw
いつも気にしてくださって、ありがとう~。

>題名は聞いた事はありますが内容は全然知らないですね。面白いんですか。

CLAMPさんの原作は毎月15Pくらいしか掲載がない短いお話なので、
コミックスで読むと「う~ん・・・」って思っちゃうんだけど、
アニメ版は原作を再構成してあるのでなかなか楽しいです。
毒がないので、それをマンネリだと思う人には向いてないと思うけど、
私には癒される、可愛いお話ですw

>赤毛のアン

な、懐かしい!! そういえば、子供の頃読んだきりです。
今読むとまた違うのかなー。

早速来ました!

ここに移転した事を聞いて早速来ちゃいましたよ~(笑)。
「こばと」ですか・・・。題名は聞いた事はありますが内容は全然知らないですね。面白いんですか。

この記事の絵の女の子は19世紀のヨーロッパか「赤毛のアン」に出てきそうな女の子ですね。
Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

こばと。 第22話 『…さよならの日。』(感想)

記事はこちら

こばと。 #22

よもぎ保育園の閉園が決まりました。保育園の取り壊しが決まる中、藤本は小鳩にさえも心を閉ざしてしまうのでした。アバンは、小鳩の夢から。藤本みたいな男性がピアノを弾いています...

こばと。 第22話「…さよならの日。」

ついに具体的な期限が示されましたね

こばと。 第22話・・・さよならの日。

 清花先生と一緒によもぎ保育園にある荷物を片付ける小鳩。藤本は卒園式以来、アルバイトづくしで、ここに顔出さなくなった。 本文はメイ...

「こばと。」第22話

   第二十二話「・・・さよならの日。」小鳩は清花と二人で、よもぎ保育園のお片付けをしていた。藤本はアルバイトを増やし、以前にもまして忙しくなったため、保育園には現れなくなっていた。忙しそうな藤本を心配していた、小鳩は・・・。一方、いおりょぎは「コンペ...

こばと。 第22話「…さよならの日。」

なんとも切ない展開になっちゃいましたね(ノ_・。) 保育園復活どころかマジ取り壊しかよ… 藤本はこばとちゃんを突っぱねちゃうし、 こばとちゃんは藤本への想いが恋だってことわかんないのね(泣) そして極めつけは、 コンペイトウいっぱいになってなかった_| ̄...

こばと。 第22話 「…さよならの日。」

 よもぎ保育園の最後の日。清花、清和、小鳩のそれぞれの思い。

こばと。 第22話「・・・さよならの日」

想い出-------------。しあわせな夢を見た小鳩は、眠ってても笑顔でいた。だが・・・目が覚めた時、小鳩はその夢を覚えていないのだ。よもぎ保育園は無くなり、清和くんは今日もバイト。清香先生は沖浦と和解したけれど、それを見た清和くんが寂しそうで・・・。それが気...

こばと。 #22

【…さよならの日。】 こばと。2010カレンダー著者:CLAMP販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)発売日:2009-11-18おすすめ度:クチコミを見る うしゃぎさん大ピンチ!? 

こばと。 第22話「…さよならの日。」

こばと。O.S.T.1 春のうたかた(2010/02/03)TVサントラ花澤香菜商品詳細を見る よもぎ保育園は処分される事になり、清花先生は肩の荷が下りた様に落...

こばと。 第22話 「…さよならの日。」 【感想】

「藤本君の…力になってあげて」 清和にとってよもぎ保育園は、自分の存在を繫ぎ止めていてくれる掛け替えのない場所だったのでしょうね...

『こばと。』#22「…さよならの日。」

「分かりません。でも、ここが痛いんです」 何を考えている?何がしたい? 過去の夢なのか、藤本似の人が夢に出てきて朝から幸せいっぱい...

こばと。 22話『…さよならの日。』

朝。 小鳩は寝ながら笑っていた。その眠りから覚める。

こばと。 第22話 「・・・さよならの日。」

ついに保育園も壊され別れを惜しむ中、いままで清香先生の為に頑張ってきた藤本さんは仕事に勤しんで清香先生への気持ちを紛らわせる・・・ 清香先生も保育園の為に頑張り過ぎていた藤本さんに付いていて欲しいと頼むも、強く拒絶する藤本・・・ 小鳩はなんとか藤本...

こばと。/第22話『…さよならの日。』感想

鬼のようにデレたかと思ったら、鬼のようにツンになってしまった…。

こばと。 第22話「…さよならの日。」

 よもぎ保育園の閉園が決まり、小鳩は清花と共に園内の荷物の片付けに忙しい日々です。でも藤本は相変わらずバイトに励んでいて、園に近づこうとしません。事情を知っているバイト先の人に何を言われても意固地になってしまっているような……。でも集中力は明らかに低下...

こばと。 第22話 感想

 こばと。  第22話 『…さよならの日。』 感想  次のページへ

こばと。 第22話 …さよならの日。

幸せな夢を見たという小鳩。

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


☆オススメ