『LaLaDX7月号(2010年)』の感想(後編)

LaLaDX7.jpg

『LaLaDX7月号(2010年)』


白泉社
2010年6月10日/¥657+税




<感想>
こちらは、「LaLaDX7月号』感想の後編記事です。 ここに掲載のない作品感想は 『LaLaDX7月号(2010年)』の感想(前編) にあるはずw (註・4コマ除く)


●草川為 『八潮と三雲』
待ちに待ってたラブ展開がもしかして来た? 来ましたっ!? というお話で、読みながらずーっとウキウキしてましたw 八潮さんのそっけなさも、他人 (他猫?) からだと 「気に入ってる」 ように見えるって!!  甘さ全然足りないけど、彼をよく知る人が言うんだから間違いないよね。 っていうか、帽子被ってない八潮さんがカッコ良くてどうしようかと!!(笑) しかも 「しー君」 の存在に 「俺ではなく」 と気持ちが揺れるってことは、ちゃんと惚れられてる自覚あったんですねw 良かったー、三雲ちゃんの気持ちがちゃんと届いてて。 眠れぬ夜を過ごすと良いさ(ニヤリ)。 ちなみに 「しーくん」 って やしおの 「し」 だったりは… しないか(笑)。

一方の三雲ちゃん。 以前 (3話かな?) のオチにあった魚料理をここでリベンジ出来て良かったですねぇ。 大好きな人のおうちに初めて行って、思わず羊を数え過ぎちゃうくらいドキドキしてるのに、ちゃんと 「うまい」 の一言を引き出せる女子力に乾杯ですw 何度か噴き出して笑ったところがあって、オババたちが 『めんこいのに』 と不憫がる(笑)シーンと、かまぼこの飾り切りと、脈絡なく核心つかれちゃうシーンには爆笑でしたw こういう草川テイストってホント大好き。 他の方にはない 「味」 で三雲ちゃんの魅力が描かれてるのがイイ。 続き、本当に楽しみだ!!


●藤原ヒロ 『会長はメイド様! ~こんにちは妹です~』
美咲ちゃんの妹目線のお話。 私も懸賞当てたいなー。 ほとんど当たったことないんですよ。 皆さんあります? もはやこの年になってしまったらDXの懸賞に応募する勇気もないし。 だってあれ年齢書くんですよ? 書けるかっての!!(笑) …という感じでしたw(あれ、感想は?)  


●仲野えみこ 『帝の至』
いつも香蘭が志季との違いを思い知ることばかりだったけど、今回は城下に下りた志季が香蘭たち 「平民」 との差を実感する、という展開でした。 香蘭と出会えたことは志季にすごい影響しているはずだけど、こうやって実際の生活をみて、自分は 「違う」 んだって、自分だけが 「違う」 んだって思い知らされるのは、かなりショックでもあるだろうな。 でも、志季が 「帝」 と 「平民」 の距離が遠いことよりも、 「香蘭」 との距離感をさびしく感じたのは何でだろうね? とニヤニヤしてしまう。  『やだっ!』 と一蹴した香蘭を嬉しそうに見やる志季だけど、彼がどこまで何を感じているのかまだ読めないのが悔しいっ。 早く彼にもドキドキして欲しいのになw 吏元の方が分かりやすくて可愛かったです(笑)。 それにしても、香蘭の生活力は素晴らしいですなw 


●小椋アカネ 『絶対平和大作戦』
シ、シリアス…っ!! 余計な口を挟む間もないくらいにシリアスなんですが、とりあえずこれだけは間違ってない。 こんな時でも思い出すのはユーダ姫のことって、一体どれだけ惚れてるんですかヨハネ王子っ!!(涙!) もう本当にメロメロなことが伝わってきて危うく泣きそうでした。 いずれにしろ、いつでも本当に強いのは 「覚悟した人」 なんだなって。 ユーダ父も、ヨハネも、覚悟があるから自分には厳しく、時には他人にもその厳しさを要求できる。 でもそれは、他の誰かを何よりも優しく想い続けるための手段なんだよね。 ユーダに覚悟がないというのなら、それはもう、覚悟するしかない! 頑張って欲しいです。 …が、来月号はもしかして二人の出会い編かな? 


●橘裕 『うちのポチの言うことには』
元々面白かったけど (主にポチのセクハラが・笑)、 ポチの兄が登場してから謎めいた面白さが増してて魅力ですw 戌井家以外にも 「ケモノ」 がいることが判明したけど、兄がかつて保護した少女の呼び出しにいちいち応じるのも、彼女の近くに 「ケモノ」 が出没するかもしれない、と考えてるからかな。 そもそも 「ケモノ」 社会ってどうなってるんだろう?とか、何故 「ケモノ」 の姿になってるんだろう?とか、ポチより能力的には高そうな兄が警察を選んだ理由はなんだろう?とか疑問もたくさん。 ポチだって、体を張って花織ちゃんを助けても、その後に抱き合うことすら出来ないんだもん、普通の愛情じゃやってられないよなーと改めて思いました。 うー、花織ちゃんに大人になってもらうしかないんだけど、少女性から女性への脱皮って橘作品の見所なので、今後も注目ですw


●響ワタル 『少年ドールズ』
何度か書いてる通り私は人形が苦手なんだけど、その一番の理由はやっぱり 「冷たさ」 だったりします。 美しい外見、人に近い存在なのに、決定的に違うその温度差に怯えてしまう。 だって、温かくても不思議じゃないのに、温かくないんだもの。 その異質さが怖いのだけど、あげはちゃんはその異質さを実感できないまま成長してしまったんだね。 あまりにも人形に近すぎて、あまりにも人形から愛されていたから。 初めての現実と直面した今って、すごく不安だろうなぁ。 レオはレオで普通の人形とは違うみたいだけど (っていうかそうじゃないとラブ的に困る!・笑)、 またヤヤコシイ人間が増えてきたので展開心配です。 頑張れーレオー!!


●ふじつか雪 『桃山キョーダイ』
有馬ーーっ!! 何故そこで引く!? そこは押せ押せでチューするところだーーーっ!!!! …と(笑)セクハラ紛いのことを考えながら読んでました。 ゴメン有馬(笑)。 それにしても奈々ちゃんがグッジョブ。 怖い映画見た後ってお風呂の鏡って本気で怖いですよね!? 千尋ちゃんの気持ちも分かるけど、 『い や だ!!』 という有馬の全力の拒否にどれだけの想いがこめられているのかと思うと、もうニヤニヤが止まらず(笑)。 有馬の敵は、千尋の鈍さでもハル兄の妨害でもなく、16年という歳月が築いた 「家族」。 こんな大敵に怯むわけでもなく、ただ千尋のために自分を押し殺す有馬が切ないなぁ。 はやく千尋ちゃんが 「吊橋の上じゃなくても緊張するパターン」 に思い至ってくれれば良いな。 答えはひとつしかないよ! …ところでハル兄は何であんなに有馬をダメ出しするの? 父親だから… にしては意味深だなぁ。 


●田中慧 『純愛ステーション』
相変わらず初々しくて、私のように汚れていると何ていうかもう、 「抱きしめたいっ!!」 と思うほど可愛いです(笑)。 恋愛面もそうだけど、駅舎に対する想いを聞いているだけで何だか嬉しくなる。 私はテツじゃないから、この作品を読まなければ駅舎に愛情を注ぐ人がいるなんて考えたこともなかったけど、分野は違えど何かを大切に想う気持ちって素敵ですよねw  そんな風に大切なものを守りたい気持ちは一緒なのに、それゆえに國見さんに 「たまらなく辛い」 思いをさせてしまった姫野さん。 でも 「嬉しそうだと幸せ」 な気持ちをあげられるのも姫野さんだけなので、もう本当に末永くラブラブでいて欲しいですw 個人的には苗字呼びグッジョブ派なので(何それ・笑)、名前呼びはもうしばらく取って置いてください。


●石原ケイコ 『お嬢様の運転手』
面白かったー!! っていうかもう、ツボだらけでどうしようかとおもいましたっ!! 扉絵見た瞬間から 「これはツボに違いない!」 と一目ぼれだったんだもん。 大正ロマンな袴姿も運転手の制服も主従関係の恋も大好きなんですっ。 それを石原さんの絵で見られるなんてホント眼福ーw  幸せーw と身もだえも激しかったです。 鼻血を噴き出してたモブ少女にめっちゃ共感しながら読んでました(笑)。 だってお嬢様可愛いですよ!! 不得手なものを言い訳にしないように頑張るところも。 心の支えにしてきた父親からの信頼を失ってでも鳴滝を守りたいと想える気持ちも、一つ一つが穢れなくて可愛いのです。 鳴滝がメロメロになる気持ちもよく分かるw いちいちキザな鳴滝の造形は本当に私好みで、ずっと二人のいちゃいちゃを見ていたいくらいでした。 何でもいいから続いてください!!


●高柳三樟 『イビル ガーデン』
あ、高柳さん半年振り。 ファンタジー展開と黒白のコントラストが相変わらず独特ですねぇw 持ち味を武器にしてるなぁという印象で、今作は今までで一番好みでした。 とにかくヒロインが可愛い (そこか!・笑)。 冒頭から繰り返される日付の描写がヒロインの特技に繋がるとか、言い訳にタコヤキが繰り返されるところとか展開が上手だし、訪問者とのバトルも見せます! ただ、お姉や先生の行動が唐突だったかな? 出て行く前に 「出来ること」 を仄めかすなどの一呼吸あるとなお良かったです。 ところで、タイトルってどういう意味?


●片桐シロ 『絶対王子革命』
フェミニストな 「王子」 が、彼の魅力に靡かないボーイッシュな女の子にドキドキして…という、まさに白泉社の王道!てなお話でした。 ヒロインの媚びない可愛さが際立つ華やかな絵柄がイイし、背景すごく頑張ってるのも好感度高い (絵が描けるってスゴイ) ので、あとはお話にオリジナル色が見たかったかな。

 ⇒『LaLaDX7月号』の感想(前編)へ戻る!!


Loading...

>optiさん

お久しぶりです!! 
お忙しい中のご来訪、とっても嬉しいですw ありがとうございます。

>手書きでハガキ書く方が億劫になっている事実。

そうなんですよね!!
PC頻度が上がったこともありますし、個人的に昔、右の親指を痛めてからは本当に文字を書くのが億劫になってしまい、それ以来ハガキ1枚も一苦労です。
普段は痛くないんですけどね。

>それこそ”今さら”です(ぉ

私も性別は気にならないんですけど(だってもう変わらないし)、年齢は、こう・・・覚悟していたよりも切実というか何と言うか(笑)。
でも、optiさんのように「気にならない」というお言葉を聴くと心強く感じます。 私もいろいろがんばるぞ!!
・・・さし当たって、今号の懸賞に応募してみようかな(笑)。

>主にプレゼントの必要性という意味で。

確かに少女誌の懸賞品は一般的に男性に不向きですけど、ゲーム機やカメラもあるので当たれば意外とお得かなって。 私もその辺狙います(笑)。

ご無沙汰してます。
雑誌懸賞は実のところけっこう手間かかりますね。
ネットが主になっていると、キーボード打つよりも手書きでハガキ書く方が億劫になっている事実。
でも、いざ出すとしたらあんまり年齢とか性別は気にしませんよ(笑)。
それこそ”今さら”です(ぉ
まあ、少女漫画雑誌買うことに抵抗はないけど、懸賞応募したことはまだないかな…主にプレゼントの必要性という意味で。
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


☆オススメ