『LaLa9月号(2010年)』の感想

LaLa09.jpg
『LaLa9月号(2010年)』


白泉社
2010年7月24日/¥400+税





<感想>
表紙とふろくは 『会長はメイド様!』、 巻頭カラーは 『夏目友人帳』、 センターカラーはいよいよ最終章に突入した 『桜蘭高校ホスト部』 でした。 今号は創刊34周年記念号! という訳でいろんな特典 (?) があってお得な感じ。 38名の先生方の色紙プレゼント企画、その年々を代表する男子キャラ図鑑・・・などなど、巻頭企画は見てて楽しかったですw 
それにしても、今回はどれも面白かった…!! 久々に頭っから最後まで、にやにやしたりドキドキしたり泣いたりしながら楽しめましたよ。 さすが記念号w 3つ挙げるなら、 『桜蘭高校ホスト部』 『狼陛下の花嫁』 『キスよりも早く』 でした。


●巻頭企画
・オールスター色紙プレゼント
ど・れ・も・可・愛・い!! うわー、全部欲しいんですけど!(笑) だってどのレディ達も可愛すぎてオレには選べないんだぜーとか寒いことを言いたくなるくらい全部欲しい。 神様っ!!

・34周年イケメンコレクション
各年を代表する男性キャラを1名ずつ挙げてるんですけど… 私、いつから 『LaLa 』買い始めたんだっけ?と己の 『LaLa』 暦がちょっと怖くなりました(笑)。 雑誌で読んでなくてもその後買った作品も多くて、ダグラスは今見てもカッコイイとか、 『フルーツ果汁』 には泣かされたよ!とか、私の橘さん好きは『ヴァンプ』から続いてるんだなぁとか、 『オーラバスター』 の代表って諒ちゃんじゃなくて希沙良なんだ!とか(笑)、いろいろ思い出深かったんですけど、何よりも誰よりも1997年の修さんが異彩を放ってる気がしてなりません!!(笑)  にざさん…。


●緑川ゆき 『夏目友人帳』
静かで雰囲気のあるカラー扉絵がすごく好き。 実はこの絵を見ただけでうっかり泣きそうだったんだけど、本編読んだら余計に泣いちゃったよ…!!  私、人間には忘れないとやっていけないことってあると思うんです。 でも、思い出したらその時こそが、 「もう大丈夫だよ」 っていう自分からの合図なんじゃないかと思う。 夏目の心は、ご両親のことを思い出したくて仕方なかったんだろうな。 忘れたくなくて、覚えていたくて、大事にしたかったんだと思う。 だからどんなに 「嘘」 を吐いても、誰も騙されてくれないんだよね。 
田沼くんはアレです、北本と二人で夏目の家に来るほど北本と仲がよかったことに驚いた!(笑) 夏目の笑顔の嘘を見抜くことも、北本らに協力を仰ぐことも、以前の田沼からは考えられなかった。 彼も夏目同様、一歩一歩大事に進んでるんだなw ひとりではきっと、出来ないままだったろうから。  …それにしても、カラー予告カットのちび夏目が可愛くて仕方ないっ!! 抱きしめたいですーw


●藤原ヒロ 『会長はメイド様!』
忍者に爆笑でしたw お話的に結構シリアスだったはずなのに、何故そこで忍者を投入したんだ藤原さん…っ!!(笑)。  あとは、美咲ちゃんが 「悩み」 を一方的にぶちまけるシーンが好きでした。 うん、相手の勝手な都合に巻き込まれてるんだから、美咲ちゃんもそのくらいでイイと思うw  『追い越したと思ってるの?』 という台詞があったけど、私も美咲ちゃんは碓氷を追い越してないと思う。 っていうか、この二人はいつも肩を並べている印象です。 どちらかが少し前へ出たら、もう片方が全力で追いつこうとするような関係。 とりあえずは全力で忍者をくすぐって口を割らせて欲しいですw(ぇー


●時計野はり 『学園ベビーシッターズ』
ゆかりさんの旦那様と一緒にトルコで発掘作業がしたいっ!! (←トルコ大好き・笑)  というのが今回一番感じたことです。 普段なら犬井先輩のラブコメに目がいくはずなんですけどねー、そんなタイミングの悪さも犬井先輩らしいですよねー (ヒドイ・笑)。  でも、好きな人の幸せを願える人って素敵だと思うのです。  あとはとにかく、我慢強く絵本読みを待ち続ける虎太郎くんの可愛さが半端なかったことと、これでようやく竜くんにも初恋のフラグが立ったことに大注目。 牛丸サン確かに可愛かったけど、ぜひここは猪又さんでお願いします!


●葉鳥ビスコ 『桜蘭高校ホスト部』
見開きの扉絵、好きですー。 個人的に葉鳥さんのイラストはアナログ塗りの方が、瞳に力があってイイと思う。 おかげで鏡夜先輩がカッコ良くて大変だぜ!(笑) っていうか今回全体的にハルヒが可愛すぎてどうしようかと!! 環どころか、私のハートも鷲掴みされましたw
 
本編。 いやもぅ、久々に 「これぞホスト部だぜ!」 というコメディとラブとホロリ加減に大満足でした!! ハルヒがついに告白! ものぐさヒロイン(笑)とまで言わしめたハルヒが 「自分から」 告白したっていうだけでスゴイ事態なのに、その上超カワイイ笑顔つきでの告白!! 完璧なシチュエーションだったのに、どーしてそこで話をややこしくするんだ環先輩…っ!!(笑)と笑いが止まりませんでした。 でも、ちゃんと自分で言えたから許してあげますw  『いやじゃ…ないです』 までの一連のシーンは本当に素晴らしくて (葉鳥さんも緊張したってブログに書いてたくらいw)、 アニメ版の声で何度も脳内再生したくなるくらい 「ホスト部」 らしかった。 ヒカルもだけど、ここに来るまで皆スゴク頑張ってのを見てたから、私もスゴク嬉しかったです。

で、コスプレだけど、もうハルヒは女の子にしか見えない!! 恋するパワーはここにも健在ですね。 絶対お客さんたちは気付いてると思うんだけど、どーかな (言わないだけで)。  ハルヒが環を好きだという気持ちって、きっと特別だけど特別なことじゃないんだろうな。 彼への気持ちは 「いつもどおり」 な日常と同じくらいに、当たり前のものなのでしょう。 次号のデート編も楽しみだけど、さて、ハルヒは高坂さんに何を相談したんだろうね。 考えられるのは以前の留学の件だと思うけど…!?


●樋野まつり 『ヴァンパイア騎士』
冒頭から藍堂先輩のヘタレフラグが全開で 「あぁもーセンパイったらw」 とほくそ笑んでたんだけど (コラ)、 迷いなく 『奪う』 発言をなさった時には 「やばい、センパイが初めて恰好イイ!!」 と思ったものですw (褒めてます!・笑)。 


●可歌まと 『狼陛下の花嫁』
断じて悪い男に騙されてなどいないって夕鈴は言ってるけど ―― ごめん、いろいろ騙されてると私は思うー (爆笑)。 いや、騙すというよりは、篭絡?  陛下の手練手管と舌先三寸と本気の想いで、夕鈴はすっかり絡め取られてる気がしますよ。 陛下も休暇中、ということでほとんどが犬陛下の 「顔」 で描かれてるんだけど、あのシーンだけは逃がす気ゼロの 「狼」 陛下の顔つきだったもんね。 そりゃ夕鈴も、自分の心臓の平穏のために 「休め」 と言いたくなるでしょうw でも陛下にしてみたら、几鍔には 「本気で怒るよ」 と言う夕鈴の姿は、目に痛いんだろうな。 だって夕鈴は陛下に遠慮したままだもん。 身分が違うから、というより、好きにならないための距離感なわけだけど、そこまでは読めてないはずだしね。 几鍔の動きで夕鈴と陛下の関係がどう動くのか楽しみです。

ところで。 …やばい、見れば見るほど几鍔が好みな気がしてなりません!(笑) 妙な色気すら感じるのは、もはや私の欲目ですか? 散々思わせぶりに話した 「親切な忠告」 が、どれも夕鈴の観察日記のように思えるのは私の欲目ですかっ!?(笑) お前どんだけ夕鈴を見てるんだよ、そして陛下はどんだけ夕鈴が可愛いんだよ!とツッコミまくりでしたw 


●水野十子 『キミにXOXO』
個人的に 『遥か』 の時より絵柄やコマ割が好みなので読んでて楽しいんだけど、このお話どこに行くんだ!?という疑問は拭えず(笑)。 先輩を好きなマサムネは仮の姿の方で先輩に憧れられちゃうし、エコーちゃんは素のマサムネの方が好きみたいだけど仮面の変態に惚れられちゃう・・・と、全方位的に一方通行な恋愛模様がちょっと楽しいかな。 そして私は、そんな中を一人役立たずに彷徨う彼が大好きです! (主にビジュアルが・笑)


●田中メカ 『キスよりも早く』
いやもう、読みながら自然と涙が……ブンちゃんもメグもまーくんもみんな切ないんだけど、でもやっぱりどーしても翔馬が…っ!!(涙) とりあえず、開き直った翔馬がまーくんを追い詰めるのが楽しかったですw (あれ、涙は?・笑)。  だって私、今まで何度も感想に書いてきたけど、翔馬にはそうやって素直になって欲しかったんだもの。 ブンちゃんが 「くるくると形をかえてつかめない」 って言ってるけど、翔馬はずっとそういう自分の気持ちを持て余してたんだろうから。 あの鈍感さは、 「兄の奥さん」 を好きにならないための無意識のセーブでしょう? やっとそれを開放出来たのだから思う存分暴れればいい。 そしてその後に……もっと噛み締めなきゃいけない別の感情と向き合えばいいと思う。 さり気なくシャツを貸すシーンは、すごくお気に入りですw

あと、個人的に今回のまーくんは減点! 気持ちは分かる、でも女の子を物理的に乱暴に扱っちゃダメー!! 一方のメグちゃんは最高にイイ女だった。 彼女は既に一度翔馬に対して大暴れした後だから、あの境地なんだろうな。 辛くないはずないのに鉄兵くんの面倒まで任されて(笑)、それでも相手を気遣えるなんてスゴイなぁ…っ。 ブンちゃんに関して言えば…彼女は少し翔馬に揉まれるくらいで丁度いいと思います。 いや、胸の話じゃなくて(当たり前だ!・笑)、自分が恋愛の対象になるんだってことを思いっきり実感して、更に素敵な女の子になって欲しいなって。 今は頑張り時だね!


●呉由姫 『金色のコルダ』
髪をセットした香穂ちゃんが超可愛くてドキドキしましたw 今回、いつもに増して絵力があった気がする。 土浦もカッコ良かったです、ヴィジュアルがw (←限定かよ・笑)  っていうか、月森くん登場してないのに何この存在感。 逆に土浦っちなんて出ずっぱりだったのに、何この切ない感じ!! (爆笑)  香穂ちゃんを大事に思ってるのが伝わってきて、私やっぱり彼が好きだなぁと思ったんだけど、彼がどれだけ心配しても、香穂ちゃんは自分で乗り越えちゃうんだよね。 しかも、月森くんとの 「約束」 を支えにして。 ぐぅんと沈んでも、自分を省みることが出来る香穂ちゃんはすごくいい子だ。 いい子だけど、自分がいなくても浮上してしまうことは土浦にとっては残酷な現実だろうな。 彼は彼で香穂ちゃんを見習って、自分のなかで折り合いをつけなきゃいけないんだろうなって思います。 それにしても柚木先輩が優雅すぎる! 髪のセットね、雅ちゃんのを手伝うって言ってるけど実は自分の髪をアレンジして遊んでるから上手なんじゃ!?(笑)  


●なかじ有紀 『純愛ラビリンス』
いやぁ、独占欲丸出しなハルトがめっちゃ楽しい、本当に楽しい!! (←鬼か・笑)  お話が始まった頃よりウミちゃんへの想いが加速してるからか、多少キャラ違うよね。 そんなところが楽しいですw  猛暑の中の撮影だと、役者さんの立ち位置がとても暑いんだってことを初めて知りました。 作品を作るって凄いエネルギーが必要なんだね! ハルトのエネルギーはウミちゃんで、レイラのそれはハルト。 3者が影響しあうのって良いと思います。 ドーナツのチョコレートコーティングは猛暑で溶けないのか?というツッコミだけはしておこうかな(笑)。


●弓きいろ/有川浩 『図書館戦争 LOVE&WAR』
扉絵が可愛くてちょっと気を抜いてたら、本編が熱くて熱くて凄かった!! 郁ちゃん、それオトコマエ過ぎ…(笑)。 でも良いなぁ、私やっぱり彼女好きです。 教官が出るまでもないっていう判断も、同僚としてまっすぐ相手を叱れるところも、ホント面倒くさいけど自分の根っこの部分を腐らせない熱さは貴重だと思う。 そしてそんな彼女を溜息つきながら叱ってくれる堂上と、笑って認めてくれる小牧さんの包容力が素敵過ぎる。 ここにいる人達はみんな本が好きだけど、人間も好きじゃないとこうはできないんだっていうのを弓さんが上手にコミカライズしてくれてます。 弟への愛はあるけど一方的過ぎる手塚兄を、弓さんがどう描いてくれるのか楽しみだなw

あとは…砂川のレビューの件。 これは個人的にもアウトです。 上から目線を気取って批判的なことを書くのって、割と簡単なんですよ。 だって、作品を愛さなくていいんだもん。 ただもちろん、自分のブログに本の批判を書くのは正しいと思う。 私としては、そういう時にも「それでもこの本を面白いと感じた人はいるんだろうなぁ」という最低限の客観性を持った上で書いて欲しいという希望はあるけど(だってやっぱり好きな本が否定されてたら悲しいじゃん?)、個人運営なんだから多くは望めない。 私だって、ブログを読んでくれた誰かを不快にしてるんだろうし。 でも、 「図書館」 としては完全にアウトでしょう。 原作の時も思ったけど、改めて文章を発表することについて考えさせられました。 


●一ノ瀬かおる 『未少年プロデュース』
いや、だからコウセイはちゃんと自分から告白しようぜー… という不満を第1話から抱き続けてるりるです。 そこはオトコノコ頑張ろうよ!! という私の想いとは別にカーコちゃん幸せそうですが。 とりあえず、ドSだと思っていた巴先輩が実はドMなんだと気付いたお話でした(笑)。 この人、カーコちゃんが自分に靡かないから構いたいんだなぁ。 コウセイの直情と巴先輩の歪み具合が只事じゃない中、ヒロインがヒロインらしくなってきたのが良いですねw ポスター、可愛いと思います。


●真柴なお 『百年恋慕』
8月には真柴さんの初コミックスも発売になりますね。 もちろん応援の気持ちを込めて買いますとも! …という訳で今回は王子5兄弟のうちの3番目が登場。 私、クラヴァットとかリボンタイとか大好きなんで、リボンタイが似合うレイは即決でお気に入りでした。 えぇ、たとえ5メートル走で息切れするような男でも好きですとも(笑)。 そして、エヴァに似てるからレイ兄を好き、というルイスがやっぱり鬼畜でした。 お前は兄弟の好き嫌いの基準さえもエヴァに置いてるのか!…と(笑)。 そんな中で相変わらずエヴァが可愛くて大変w  彼女の心を満たせるのはルイスだけだけど、ルイス以外の誰かのためにもこんなに頑張れるようになったんだよね。 そりゃー鬼畜のルイスさんも可愛くて仕方ないことでしょう(笑)。 相手の近くにいられる自分になりたい、という気持ちには、向上心とか相手への尊敬がないと出来ないことなので、私、エヴァって本当に大好き。 頑張って欲しいですw


●次号予告
久々の! 待ちに待った! 森生さんの 『きゃらめるBOY』 が掲載ですw 正直、このまま掲載ないかと思ってた(笑) あとは大好きな仲野えみこさんの新作読みきり 『イヴの秘めごと』 も楽しみw  『キミにXOXO』 と 『未少年プロデュース』 が2ヶ月お休みです。



Loading...

>YUJIAさん

こんにちは、初めまして! コメントありがとうございます。
台湾の方からコメントをいただいたのは初めてで、すごく嬉しいです。
日本語、お上手ですねw

>たまたまこのブログに”身代わり伯爵”の小説情報を探しました。

『身代わり伯爵』シリーズの検索で、このブログを見つけてくださったんですね? ありがとうございます!
私も『身代わり伯爵』大好きです。
台湾では刊行がゆっくりみたいですけど、その分長い時間楽しめそうですねw

>ララ雑誌は私も好きです

嬉しいですw 台湾では高いのですか? 海外ではやはり値段が上がってしまうのですね・・・もっといろんな人に読んで欲しいから、安くなると良いのですけれども…。

>今度まだ貴方のブログ来ます。

お待ちしてます。 ありがとうございました。

>manjiさん

こんばんは! コメントありがとうございましたw
お返事遅くなってすみません! ちょっと試験勉強してました(笑)。

>イケメンコレクション、自分も自分のLaLa歴が恐ろしくなりました…(笑)

うわぁ、お仲間!?(笑) すっごく嬉しいです! 
私も一覧表見ながら、「あれ、これ分かるな・・・いやこっちも分かるぞ!?」とどんどん遡ってしまいました。 いつから読んでたんだろう自分…(笑)。

>個人的には、So What?とハッスルがなかったのが残念でした。

ハッスル良かったですよね! 私も何か他にもいろいろあって欲しかった気がするんですけど、修さんの存在で全てが吹き飛びました(笑)。 あれをチョイスされた担当さんは素晴らしいです。

>夏目の展開が楽しみ過ぎてなりません!

ですよねー!! ちび夏目に期待したいですw
コメント、本当にありがとうございましたー。

こんにちは!

こんにちは
私は台湾からです~
たまたまこのブログに”身代わり伯爵”の小説情報を探しました。
いま台湾で身代わりの小説はただ五本だけ、スピードはとても遅いです あと
ララ雑誌は私も好きです:)
(台湾でちょうどたかい......)

ここはいろいろの漫画、私も読みました~今度まだ貴方のブログ来ます。

こんばんは!

イケメンコレクション、自分も自分のLaLa歴が恐ろしくなりました…(笑) ダグラス以降は確実にわかるよ。おそろしやー!
個人的には、So What?とハッスルがなかったのが残念でした。みかん、オコジョさんとアニマルズでさえいるのに。修さんには目頭が熱くなりました…。

夏目の展開が楽しみ過ぎてなりません!
早く来月号が読みたいです!!

それではまたー!
 

>もとさん

こんばんはっ。 コメントありがとうございますー☆

>私も驚きました(笑)。今までなかったですよね…?(←うろ覚え)。

で・す・よ・ね!?(笑) 今までもなかったと思います。 実は最初、田沼くんによく似た別の級友がいるのかと目を疑いました(笑)。

>最近は重い展開だったので、読んでて楽しかったですw

やっぱりこういう方が『ホスト部』のノリですよね。 仰るとおり、殿が殿らしくウザかったので(笑)、光の殺意にも「仕方ないよねー」とOKサインが出せそうでしたもん。
鏡夜先輩も久々にブラックで素敵でしたw(←

>火原先輩に比べれば!
>志水君に比べれば!

確かに! 一応月森くんのライバル?として頑張れてるだけでも土浦は恵まれてますね。 弄られてるうちが華というか何というか…(笑)。
でも正直、私も火原先輩はもっと恋愛的に絡んでくると思ってました。 志水くんは、存在が癒しなのでいてもらわないと困るんですけど、確かに恋愛的には難しそう。 でもやっぱり、出番大事ですよねっ。 もとさんが寂しくならないように、ハガキ出しますか…(笑)。

こんばんは。

>田沼くんはアレです、北本と二人で夏目の家に来るほど北本と仲がよかったことに驚いた!(笑)
私も驚きました(笑)。今までなかったですよね…?(←うろ覚え)。

>いやもぅ、久々に 「これぞホスト部だぜ!」 というコメディとラブとホロリ加減に大満足でした!!
最近は重い展開だったので、読んでて楽しかったですw殿の一人カラ回りっぷりとか久々だなぁとか。なんだかお祖母さまが可愛く見えてきたのは秘密です(笑)。

>逆に土浦っちなんて出ずっぱりだったのに、何この切ない感じ!! (爆笑)
もうなんでしょう…お約束?(笑)。でも土浦君は良い方です。一番最初に自覚したのに…な火原先輩に比べれば!恋愛には一切絡まないどころか、登場すら危うい志水君に比べれば!!最近はまったく出ないってわけではないのが救いですけどね…。恋愛は別にいいんですけど、好きなキャラが存在感なくなると寂しいです…。うまく動かすの難しいんだろうなぁとは思いますが。
Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[漫画]9月号感想

最近本当にこっち更新してないなあ。せいぜいこの毎月の恒例行事をやめないように気をつけていこうと思います。 LaLa (ララ) 2009年 09月号 [雑誌] 出版社/メーカー: 白泉社 発売日: 2009/07/24 メディア: 雑誌 クリック: 3回 この商品を含むブログ (5件) を見る もうすぐ次

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


☆オススメ