森生まさみ 『もちもちの神様・1』の感想

もちもちの神様1

『もちもちの神様・1』

森生まさみ
白泉社花とゆめコミックス
2010年8月10日 第1刷発行/¥400+税







『 ・・・ああ友達作るって なんてムズムズして うずうずして 照れ臭いんだろう 』


<ご紹介>
『LaLaDX』 に掲載された第1話~3話までと、読みきり 『フェアリー チャイム』 を併録。 恒例のあとがき (N・G) はファンには嬉しい内容w
学校一の美少女・長谷川流歌は、天邪鬼な性格ゆえに素直になれず、クラスで孤立中。 自分は強いから一人でも平気だと思いつつも、分け隔てなく優しくしてくれる三日月くんに恋心は募るばかり。 意を決して 「もちもちの神様」 に恋愛成就を願うと、神様の使い・もちこが現れた!! 小さくて可愛らしいもちこと一緒に過ごすうちに、三日月くんとも喋れたりして毎日が楽しくなってきた流歌。 そんな彼女にもちこは、 「本当にお願いしたかったことは何?」 と問うのだけど…? 


<感想>
何度も書いてるけど、森生作品は私の少女マンガ原点なので、コミックスが発売になるたびに嬉しくて大変ですw でもまさか、 『きゃらめるBOY』 (⇒感想) の3巻よりもこっちが先にコミックスになるとは思ってなかった!(笑) 1/4の柱で、 「恋愛モノしんどい」 時期だったと書いてあったけど、そ、そーゆーことなのでしょうか… (ドキドキ)。 でも大丈夫、私、友情モノも大好きなんだ!! (←ただ、恋愛モノも大好きです・笑)


という訳で、天邪鬼な流歌ちゃんと神様の使いである 「もちこ」 が、たくさんお友達作ろう! と頑張るお話です。 「もちこ」って何?はつっこまない方向で(笑)。 三日月くんへの恋心はもちろんあるんだけど、それ以上に彼女が求めていることを神様は見抜いた上でもちこを遣わせてくれた… という流れなんだけど、面白いのは、流歌ちゃんは友達を作るために慣れない人助け (?) をしたりと頑張ってるんだけど、もちこのペースがかなりスローリーなので(笑)、ガツガツした雰囲気が皆無だという点。 そのスローペースが流歌ちゃんの本来の笑顔を引き出してくれるから、周りの人もだんだん流歌ちゃんの本質を好きになっていく…という展開が上手です。 面と向かって 「お友達になってください!」 って恥ずかしいけど、それをおしてでも欲しいのが友達なんだというストレートなメッセージ性は、とても森生さんらしいw 良いですね!


実際、第1話でもちこと出会ってから、流歌ちゃんはどんどん可愛くなってると思う。  どれだけ三日月くんを好きでいても一人では告白する勇気さえ持てなかったのに、と思うと、すごい進歩だよね。 実は私も中学時代は流歌ちゃんのように肩に力を入れて生きてたので (今じゃユルユルだけど・笑)、 一人でも平気だって強がっちゃう気持ち、分かるなぁ。 寂しい、というのは人間関係の温かさを知って初めて実感できる感情だから、失うまで気付けないんだよね。 だからこそ、気づいた時の喪失感が大きいんだけど。 流歌ちゃんにしても可南ちゃんにしてもその辺不器用なくらい真っ直ぐで、今の私にはくすぐったい関係に映ります。 でも、そのくすぐったさは大人になっても忘れたくないなぁとも思わせてくれる。 割り切ったオトナな関係ばかりじゃ勿体ないよって言われてるみたいで、ちょっとどきっとします。 うん、忘れないでいたいなぁ。


ところで。 おっくんか三日月くんかと言われたら迷わず三日月くん派なので(どーでもいい・笑)、残念だけどもちこと恋のライバルになることは無さそうw  でも彼がいなければ、彼が流歌ちゃんに優しさをあげなければ、流歌ちゃんはもちことも出会えなかったわけで、そう考えると実は一番のキーパーソンなんじゃないかと思います。 友情面でも、恋愛面でも。 でも何となく、流歌ちゃんの三日月くんへの想いって、恋というよりはダメな自分にも分け隔てなく接してくれたことへの感謝に近いのかなぁという気もしてます。 おっくんが存在感を増してる上に、可南ちゃんの恋も出てきてるし、もっとお友達も増えるのかもしれないし、中学生ライフはまだまだ賑やかになりそうなので、子供心を忘れないように見守っていたいなと思いますw 私ももっと、 「もちる」 ようにしないとなっ。

「続きを読む」 以下は、あとがき(N・G)への言及をしてみました。 が、森生作品既読者じゃないと、何のことか分からないと思います(笑)。





それにしてもN・Gが嬉しすぎましたw 森生さんがニンテンドーDSソフト 『トモダチコレクション』 に自作品のキャラを投入して遊んだ顛末が書かれてるんだけど、懐かしいあんなキャラやこんなキャラが、今も生き生きしてることがすごく嬉しくて、楽しかったw

とにかく、 「一番最初にゴールインした二人」 には、もう爆笑でした!!  うん分かるっ、彼女なら絶対摑んで放さないわぁ(笑)。 彼女の方が押しまくったというのも性格的に合ってるし、押されちゃう彼も性格的に合ってるし (そりゃもー、本編でも押されまくりでしたからね!・笑)、 「侮れないなトモダチコレクション!」 とびっくりです。 

二番目のカップルについては… 吹雪ちゃんが 『夢が叶ったー』 と言ってるのがすごいシュール…… 健吾はイイのか吹雪ちゃん…(笑)。 でも確かに、健吾が他の女の子と付き合ったらえぇーって感じだけど、吹雪ちゃんと 「彼」 なら全然OKだから不思議だよねw むしろ、 「おめでとう吹雪ちゃん!」 って言ってあげたい気がします(ごめん健吾・笑)。 そして森生さん同様、あの二人の親友っぷりは私も嬉しかったー!! 何ていうか、本編完結後も彼らはお互いの負担にならない、でも何かあったら真っ先に駆けつけられる距離感で付き合い続けていくんだろうなって思ってたことに、正解を貰えた気分です。 うわぁもう、本当に健吾だけがダメダメなんですけど…そんな要領の悪さも彼らしい(笑)。

週番とハチマキとか、本当に懐かしい!! 『7人目は笑う』 ですねw  クニサダの気障っぷりが大好きで仕方なかった 『理由(わけ)は彼女に聞いてくれ』 は今でも個人的ラブコメのトップ3に入る作品なので特に嬉しかったな。

でもやっぱり極めつけは、 「もちこ」 の結婚相手でしょうかっ!! クロミネだなんて、何て神憑りなカップリングなんだ…!!(っていうか、奴はまだモーホーなのか!・笑)  確かにそれ以上のオチはないよね、という最強にして最凶っぷりで、声を出して笑ってしまったw あぁ、やっぱりいろいろ読み返したくなってきました。 上手いやりかたです森生さんっ!! 一生ついてく(笑)。


Loading...
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


☆オススメ