アニメ『STAR DRIVER 輝きのタクト』の感想/第5話『マンドラゴラの花言葉』

STAR DRIVER<スタードライバー>輝きのタクト 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス (2011-01-26)
五十嵐卓哉/榎戸洋司/伊藤嘉之/神前暁
宮野真守/福山潤/早見沙織/石田彰/戸松遥/坂本真綾


●第5話 マンドラゴラの花言葉

今回を一言で表現するには、タクトくんの台詞が一番しっくり来る気がします。 曰く、『破壊力大きいよ』。 ――えぇ、大きすぎますともっ!大笑いしたわっ!!(笑)  マンドラゴラ(マンドレイク)の花言葉は「幻惑」だけど、確かにあの美少年至上主義な感じには幻惑させられましたねー(笑)。 それほど桑島さんが可愛かったですw 『キスって校則違反だっけ?』って、きょとんとするところとか。 『ひ・み・つ☆』って迫るシーンとか。 そろそろ聴き慣れてきた『アプリボワゼッ』とかも、何だかいちいち可愛かったな☆  

あと、ケイトがすっごく良かった! 4話でも思ったけど、タイガーの恋心だったり、先生の美少年だったり(笑)と違いはあるけど、彼女はきっと何かに真剣な人には甘い人なんじゃないかと思う。 彼女のチーム「ブーゲンビリア」の花言葉は、「情熱・薄情・秘められた思い・あなたを信じます」だとか。 私はケイトってスガタを好きなんじゃないかと思い込んでるんだけど、そんな私から見たケイトは、後ろの3つが当てはまる人です。 薄情と正反対の、まだ見ぬ1番目の想いを、いつか見せてくれると良いんだけどなw 


●人物メモ
・ツナシ・タクト →第4話に引き続き上半身ヌードを公開した主人公(笑)だけど、今回は完全に先生に主役の座を奪われてましたw
・シンドウ・スガタ →相変わらず台詞が少ない不憫な人。 地震からワコを守るシーンが密かにお気に入り☆ 次回いよいよスガタのターン!(待ってた!)
・アゲマキ・ワコ →どんどん妄想度が上がるのは何故…そして妄想に品がないのは何故…好きだけど!(笑)。
・エンドウ・サリナ →ファンサービスにも余念がない演劇部部長。 「やりたい放題!」を真綾さんの声で聴けて良かったのか悪かったのか…(笑)。
・オカモト・ミドリ →第6隊科学ギルド代表。 ヨドックのスタードライバーで第1フェーズは「若返り」。 何より美少年大好きで、そのために保健医をしている模様。 
・ニチ・ケイト →タクトのクラスの委員長で化学部部長で第3隊ブーゲンビリア代表。 「嗅覚」に関する研究は何のため?
・ヘッド →何か「本当に欲しいもの」があるみたいですね…何か動きが欲しい頃です。



●会話集
『でも、何で室外!?』 (タクト)
『もちろん、ファンサービスw』 (部長)
 
相変わらずスガタもワコも、自分達の人気話には反応薄いですね~。 普通のこととして受け入れちゃってるんだろうけど、それにしてはギャラリーの数が凄すぎる! 正直、ヒナちゃんの人気より二人の方がスゴイんじゃね?と思ったり…(笑)。 ここで「準部員は綺羅星のことを知らない」って言ってたから、綺羅星って人数多そうだけど学園には普通の生徒もいるんだって、初めてちゃんと理解できました。 


『先生っ、どうして僕の名前を?』 (ツバサ)
『――ふぇっ!?』 (ミドリ)
 
校長先生の反応といいツバサくんの疑問といい、ミドリ先生は自ら墓穴を掘るタイプだったんですね(笑)。 それだけ美少年好きということなのかぁ…って、フォローにならないw いずれにしろ、スガタの人気に隠れがちなツバサくんにからしてみたら、「憧れの先生が自分の名前を覚えててくれた!」とますます想いが募ったシーンなんじゃないでしょうか。 まさか自分が美少年図鑑に収録されてるとは思ってないだろうし…まさか憧れの先生が保健医をやってる理由が「美少年を味わいたいから」だとか思ってもいないだろうし!(笑) 


『モテるねー。 可愛いし、華はあるけど…何かモテすぎ?』 (部長)
『この匂いだな』 (スガタ)
『そう、匂いだ』 (タクト)
『…匂い?』 (ワコ)
 
ちょっと「あれ?」っと思ったシーンです。 ワコちゃんて第1話で「知らない男の子の匂い」を嗅ぎ取ってタクトを助けたくらいなのに、「匂い」に気付いてないのかな?って。 もしかして巫女には効かない? そんな訳ない…よねぇ? 


『日常生活で始めて見た…』 (ワコ)
『やるわね。 ――まさかこの後はあの伝説の!?』 (部長)
『投げキッス…実在したんだ…!!』 (ワコ)
 
相変わらず会話が楽しいですw お色気ムンムンから続く伝説シリーズですね、これ(笑)。 でもその伝説も、ツバサくんには通じななかった…というのは、個人的にチェック項目だったりします。 ヒナの投げキッスがツバサくんに通じなかった理由・・・それは「ツバサがミドリ先生に恋をしているから」。 それならば、同じくヒナちゃんに惑わされなかったタクトとスガタも「恋をしてる人がいる」って受け取ってイイんじゃないかと私のラブコメ脳が叫んでます!!(力説・笑) こういう風に遠まわしな演出って、結構好きですw 


『教師が生徒に手を出すのは、校則以前の問題ですよ? ――綺羅星!』 (ケイト)
『綺羅星!! …あっ』 (ミドリ)
『やはりプロフェッサーグリーンだったか』 (イヴローニュ)
『そう言う君は…イブローニュ? イブローニュだな?』 (プロフェッサーグリーン)
 
いやそこもっと早く気付こうよ!って思いつつ(笑)、前半後半の演技の切り替えが素晴らしさに思わず聞き惚れましたw 今回こういう演出多くて、声優さんの力ってホント大きいなって再確認。 部長も「やりたい放題」でやらかしてたし(笑)、この作品の会話が楽しい、大きな要因だと思います。 


『…呼び出して、何してるのかな?』 (ワコ)
『そりゃーもう、――やりたい放ー題!』 (部長←)
『(何か衝撃を受けた様子で) やりたい放題…!!』 (タクト)
『(妄想を膨らませた様子で) やりたいほーだい!?』 (ワコ)
『じゃぁ僕が誘いに応じたフリをして様子を探るよ』 (タクト)
『やっぱり貰ってたんだぁ?』 (部長)
『どうするつもりだったのぉ?』 (ワコ)
『こっそりヤラれたい放題』 (スガタ)
 
ここの会話がすっごく好きだー! そして妙に嬉しそうなスガタがやっぱり好きだーーー!! どう聞いてもここの福山さんの発音は、「やられたい放題」ではなく「ヤラれたい放題」だったと今でも信じてます!(何その微妙なニュアンス・笑)  


『さすがにイカ刺しサムもその船出を躊躇った。 けれど躊躇うサムを少女は叱った』 (気多の巫女)
『本当に欲しいものがあるならリスクを恐れちゃいけない。 その少女、イイコト言うね』 (ヘッド)
 
イカ刺しサム=タクトなら、少女=ワコなのかなって思ってたんですけど、何か違うのかも。 タクトが今までいた場所から旅立つのを後押しした人が「少女」なのかな? え、もしかして、元居た場所に、もう一人ヒロインがいる…? 


『独立時間軸に干渉できるサイバディ・ヨドックと、ゼロ時間という舞台…そして我々科学ギルドの技術が揃ったことにより実現した、これは究極の兵器だ』 (Pシルバー)
『このシステムはゼロ時間内での動きを数秒予測して見ることが出来る』 (Pグリーン)
 
前者を噛み砕いて言うと、後者になるようです。 「独立時間軸」って、ゼロ時間の中に流れる時間…ということ?  いずれにしろ、予測出来るのはものすごいアドバンテージですよね。 タウバーンの優位性はタクトが第3フェーズに移行している(乗り込んでいる)のが大きいけど、予測されたらそれが全部裏目に出ちゃうわけです。 これは強い、もしかして前半のコメディ部分を吹っ飛ばす結果が待ってるのかも!!・・・と思ったら。 


『細い腰骨…逞しい胸板… (豪ー快!) 二の腕ぇw (銀河!) 首筋ぃww (十文字っ) 鎖骨ぅぅぅ! (斬りィィィ!!) お、美味しそぉぉぉ♪』 (ミドリ) 
前半以上のコメディが来た! これは確かに盛り上がるっ(by第1話・笑)。  もうホントに桑島さん万歳!な感じなんですけど。 アホだアホだと思いつつ、可愛かったなぁ☆ 


『もしかして、敵に見惚れてやられたの? ……ホントにそうなの!?』 (イヴローニュ)
『…だったらどうしたっ!』 (Pグリーン)
『いや? スゴイなーって思って。 驚いた……あんた、ホンモノね』
 
ここも凄く好きなシーン。 ずっと「イヴローニュとして」話してるのに、最後の『ホンモノね』だけが「ケイト」の言葉なんですよ。 物語前半で、ケイト→イブローニュをやっているので、その返しが美しく帰着したなぁという印象です。 冒頭で述べた通り、不器用でも自分の想いに忠実な人にケイトは甘いんだろうなぁとも思うしw  あとは、「やりたい放題」だった先生が結局「やられた」…という訳で、言葉遊び的にも道徳的にも(笑)、綺麗に纏まってます。 う~ん、会話はやっぱり面白すぎる! 


『診察しましょぉねぇ♪ (と、鍵をかける)』 (ミドリ) 
第4話で語られた「そして二人は秘密を持った」ということなのかな? それにしても、マンドラゴラの惚れ薬で男子生徒をメロメロにさせていた「ヒナ」ではなく、何もしない「ミドリ」のままで自分の目的を達成できた…というのはかなり意味深。 仮面で秘匿が出来るのか?というのはこの作品のテーマの一つなんだと思ってるけど、そうなると先生は、うまく隠せていないまま秘密を手に入れた(鍵をかけた)、ある意味成功者なのかもしれないなぁとも思いました。 



Loading...

>NKさん

再びのコメント、ありがとうございました☆

>すみません、アニメでしたか・・・(記事の内容はよく確認すべきですね

いえ、お気になさらず! というか、私の文章が長いので記事を全部読むのはなかなか大変だと思います(笑)。 こうやって、訪問してくださって、コメントまでいただけるだけで、私は充分幸せですのでw

>ところで、このお話は面白いんですか

私にとっては、とても面白いですw 日曜の夕方という健全な時間帯に放送するにはちょっとドキドキするような描写もありますけど(笑)、ロボットSF有り、学園青春ストーリー有り、そして何よりも「謎」が有って、飽きさせない作りになってると思います。 作品のあちこちに『星の王子さま』のモチーフが使われているので、共通点を探すのも楽しいかもしれませんねw

>ただ自分が知らないだけで、いろんなアニメがあるんですね。

奥が深いですよね・・・私も全然分かってないですもの。 でも、この作品は好きだなぁ☆

>こにぃでさん

こんばんはw いつもコメントありがとうございます。

>綺羅星過激団(扮装が)って、何やら楽しげな秘密結社ですね(笑
一見、すごく楽しそうな集団ですよね(笑)。 ただやっぱり、どうも根は深そう…というか、個々人にとっては重い何かを抱えてそうな気はします。 もしくは、何かに縛られている、というか。 まぁ、先生はとにかく楽しそうでしたけど!(笑)

>フェロモンのように異性にしか効かないのではないでしょうか
そうそう、フェロモンとしては多分異性にしか効かないんだと思います。 私がちょっと気になったのは、フェロモンの前に「匂い」としてワコが認識してなかったように思えたからです。 部長は「匂いがヤバイ」って言ってるんですけど、ワコはそれすら分かってないような…? う~ん、「匂い」も異性限定なのかな? それがムンムン!?(笑)

>ところでなんで『ホスト部』は深夜帯放送だったんでしょうね(笑
どう考えても、『ホスト部』より『スタドラ』の方が不健全ですけどねー(笑)。 『ホスト部』は良いアニメでした・・・今でももっと評価されて良い作品だと私は思ってますw

>次回はやっとスガタにスポットが当たるようですが
や っ と で す よ ! 第1話からスガタくん押しだった私には本当に長い時が流れました…(笑)。 

>まさかのサカナちゃん絡みでしょうか。
あ・・・そういえば、髪の色が同じ青系!?(←着目そこ?) 今までサカナちゃんについては、ヘッド以外の人が全然言及していないのが不思議ではあるんですよね。 一体彼女は、誰なのでしょう?

>二人がとても近しい関係であることは間違いないのでしょうね。
ワコが「鍵」であるなら、タクトの「印=傷」が「鍵穴」のような役割なのかな?とは思ってます。 いずれにしろ、いろんな意味で楽しみですよね! あー今週も想像が止まらず…(笑)。

すみません、アニメでしたか・・・(記事の内容はよく確認すべきですね)。


ところで、このお話は面白いんですか(まぁ、その作品が面白いかどうかは人にもよりますが)。写真と題名を見る限りではSFっぽいのですが・・・。
ただ自分が知らないだけで、いろんなアニメがあるんですね。

>NKさん

コメントありがとうございましたw
えーと、一つだけ訂正しますと、これは本じゃなくてアニメなんですねー。 日曜夕方5時から放送してます(笑)。

>確かに、マンドラゴラという植物は本当にあります。

古今東西でいろんなファンタジーに登場してる植物ですよね。 実在してるのは知ってるけど、私もホンモノは見たことないです。 なので、感覚としてはとてもファンタジックな存在、という印象かな。 人の声のような悲鳴をあげるとか、想像つかない(笑)。

詳細のリンクをはってくださってありがとうございました。

>もとさん

綺羅星☆ コメントありがとうございました。
私も文字通り大笑いしながら見てましたw

>可愛かったですね~w最後の跳ねた感じが好きでした。
可愛いんですよね。 高音から低音まで自由自在だったけど、上手さより可愛さを表現できてて凄かったですw

>多分ケイトは難しい役だと思うんですが・・・
>ケイトが裏切った巫女なのかなーってなんとなく思いました
あぁなるほど! 確かにケイトはちょっと立ち位置違いますよね。 第4話でケイトがヘーゲントを使ってたのは私も気になってたので、納得のいく考えを頂けて嬉しいですw 
実際、ワコ以外の巫女ってクローズアップされないんですよね。サカナちゃんだって、ヘッドに捕らわれてるのに誰も何も話題にしてないし。この島における巫女って、どんな存在なのでしょう?

>星の王子様から結構多用されてるんですねー
演劇部の「夜間飛行」とか、タクトの「大切なものは目に見えない」とかもそうですね。 もしかしたら「銀河美少年」も、異世界の王子であった「星の王子さま」がモチーフなのかもしれないですね。 
とか言いつつ、私もちゃんと読んだことないんで、時間があれば原作読んで共通点とか調べたいんですけど…無理かなー(笑)。 

こんばんは、りるさん。綺羅星過激団(扮装が)って、何やら楽しげな秘密結社ですね(笑 それにしても、やたらと嗅覚にこだわるエピソードが続きますが、プロフェッサーグリーンの能力はフェロモンのように異性にしか効かないのではないでしょうか。

一話で発揮されたワコの嗅覚も男の子限定と仮定すると、この島の女性は皆「ムンムン」としているようで、ますます放送時間帯を間違っている気がしますが、副部長も、もしかしたら匂いで綺羅星団を嗅ぎ分けているのかも知れませんね。
ところでなんで『ホスト部』は深夜帯放送だったんでしょうね(笑

次回はやっとスガタにスポットが当たるようですが、『王の柱』というタイトルなら「柱」のフェニキア文字はザメクとなるようですが、「魚」の意味もあるような?まさかのサカナちゃん絡みでしょうか。

そしてワコの印はウァウと読むようですが、「タウ」と同じ音列というか、よく似た読みであることが個人的に気になっているのですが、二人がとても近しい関係であることは間違いないのでしょうね。

この本も読んだことはないのですが、マンドラゴラという言葉にひかれてコメントをしました。

確かに、マンドラゴラという植物は本当にあります。ナス科の毒性の強い植物です。
(実物はまだ見たことありませんが)根が人型をしており、様々な伝説や言い伝えに出てきます。不思議な薬の材料だとか、引き抜いた時その悲鳴を聞いた者は死ぬ(おお、怖・・)、なので採取する際は犬を使った、などなど。
人間のような形をしていることや、その毒の性質などからこのような伝説が生まれたと思われます。
マンドラゴラの花言葉を調べてみたら確かに、「恐怖・幻惑」でした。まさにマンドラゴラにはぴったりの言葉ですね(汗)。


マンドラゴラに関する言い伝えは↓に詳しく出ています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%AF

http://www58.tok2.com/home/hermitage/monster/mandragora.htm

綺羅星!
大笑いしながら見てましたw

>そろそろ聴き慣れてきた『アプリボワゼッ』とかも、何だかいちいち可愛かったな☆
可愛かったですね~w最後の跳ねた感じが好きでした。

>『いや? スゴイなーって思って。 驚いた……あんた、ホンモノね』
小清水さんの「ホンモノね」って言い方がすごく良かったです。多分ケイトは難しい役だと思うんですが(ヘッド、サカナちゃんの次に紹介がありますし)うまく表現してるなーって思いました。

不勉強で気がつかなかったんですが、星の王子様から結構多用されてるんですねー。「アプリポアゼ」もそうだし、6隊長も星の王子様からみたいで。
ケイトが裏切った巫女なのかなーってなんとなく思いました。幹部の中でも重要人物っぽいんですよね…ヘッドとも親密そうだし、4話で使ってたサイバディは第2隊所有で、ケイトはサイバディが不明。巫女タイプであること隠してるのかなって思ったり。
Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

STAR DRIVER 輝きのタクト 第5話 『マンドラゴラの花言葉』

ナンダ?ナンダナンダ(;^ω^)?

『STAR DRIVER 輝きのタクト』第5話 感想

眼鏡の保健医オカモト・ミドリ。 普通のどこにでもいる保健医な彼女は、 普通に綺羅星十字団第6隊代表で、 普通に美少年好きの変態で…。 ...

STAR DRIVER 輝きのタクト 第5話  「マンドラゴラの花言葉」 感想

「おいしそぉ~~~」 「あっ しまった!」 STAR DRIVER輝きのタクト 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2011/01/26)宮野真守早見沙織商品詳細を見る

STAR DRIVER 輝きのタクト 05話『マンドラゴラの花言葉』

芝居は格闘技だとことで、演劇部はストレッチをおこなう。 それをやるのは室外にて。もちろん理由はファンサービスw

「STARDRIVER輝きのタクト」第5話

 第五話「マンドラゴラの花言葉」南十字島にて原因不明の小地震が続発する。同じ頃、南十字学園では、ヒナという謎の美少女が出現していた。瞬く間に学園中の男子生徒達の心を虜に...

STAR DRIVER 輝きのタクト 第5話 「マンドラゴラの花言葉」

 今回の戦闘がバカすぎて面白すぎ……

STAR DRIVER 輝きのタクト/感想/第05話「マンドラゴラの花言葉」/仮面だけでは隠しきれない想い

「あんた、ホンモノね」(イヴローニュ) 『STAR DRIVER 輝きのタクト』第五話「マンドラゴラの花言葉」のネタバレ感想です。

『STAR DRIVER 輝きのタクト』#5「マンドラゴラの花言葉」

「さぁ、味あわせて頂戴、あなたを!!」 マンドラゴラの花言葉は「恐怖、幻惑」らしい。 今回の敵は美少年大好きな校医オカモト・ミドリ...

STAR DRIVER 輝きのタクト 第5話「マンドラゴラの花言葉」

STAR DRIVER 輝きのタクト 2011年 カレンダー(2010/11/24)不明商品詳細を見る  オカモト・ミドリ。これまたぶっ飛んだ保健室の先生でした。とにかく美...

STAR DRIVER 輝きのタクト 第5話「マンドラゴラの花言葉」

己の信念のために戦う。例えバカっぽくても変態でも、信念を貫く姿は格好いい。

STAR DRIVER 輝きのタクト #5

今回のタクトの敵は、保健の先生ことオカモト・ミドリさんでした。学園では、このところ頻繁に地震が起きているようです。その地震が原因で、脚立から落ちたツバサ君がケガ

STAR DRIVER 輝きのタクト第5話 「マンドラゴラの花言葉

第5話 「マンドラゴラの花言葉

STAR DRIVER 輝きのタクト 5話

ババァ無理すんな。あと、結婚してくれ。というわけで、「STAR DRIVER 輝きのタクト」5話美少年好きで何が悪いの巻。年齢を若く偽る。現実から目を背け、遠ざかる。本当の自分ではない...

STAR DRIVER 輝きのタクト 第5話 「マンドラゴラの花言葉」 簡易草子

「演劇部を文化部だと思うな!芝居は格闘技だ!!」byエンドウ・サリナ 「オカモト先生はやはり美少年がお好きだから!!」by学園長 「こっそりやられたい放題♪」byシンドウ・スガタ 「残念ね、あな...

(オカモト・ミドリ)STAR DRIVER 輝きのタクト 5話「マンドラゴラの花言葉」(感想)

銀河美少年、イッツアピーンチ! タウバーンはヨドックを打ち破れるのか! タウバーンの行動を先に読まれ、戸惑いを隠せないタクトの表情。 デスノートの夜神月を思わせる戸惑いの表情。 ルックスが小畑健の絵を髣髴とさせる絵柄です。  

「STAR DRIVER 輝きのタクト」5話 マンドラゴラの花言葉

オカモト・ミドリ 今回は完全にこのオカモト・ミドリの話だった。 ワコに続いての腐女子かと思ったけど普通に美少年好きとは…。驚愕! 科学ギルドはなかなか良い兵器を開発したとは思うけど使う人が悪すぎ...

STAR DRIVER 輝きのタクト 第5話 「マンドラゴラの花言葉」 感想

美少年大好き―

STAR DRIVER 輝きのタクト 第5話「マンドラゴラの花言葉」

「綺羅星!!」「綺羅星!!」 合言葉で互いの素性がバレたw 今回はタウバーンvsヨドック!!   【第5話 あらすじ】 南十字島にて原因不明の小地震が続発する。同じ頃南十字学園では、ヒナという謎の美少...

STAR DRIVER 第5話「マンドラゴラの花言葉」

スタードライバーは生徒だけではないのね。 今回の銀河美少年タウバーンの対戦相手は、保健の先生でした。

STAR DRIVER 輝きのタクト 第5話「マンドラゴラの花言葉」

マンドラゴラの花言葉は…恐怖、幻惑。 って実在する花だったんだ(^^;  学園に現れた謎の美少女(笑) その臭いは危険と警戒するタクトさまたちですが…。 ▼ STAR DRIVER 輝きのタクト 第5話「マン...

STAR DRIVER 輝きのタクト 第5話「マンドラゴラの花言葉」

 今回もワコの妄想は絶好調!!(笑) シリーズ化ですか?  南十字島では最近地震が起きていました。巫女の封印が解かれたことによって北島にも影響がでているとか。  そんな中、学園にヒナという転校生がやって来て男子から超モテ! ガラス越しキスを誘う様子を...

輝きのタクト #05 マンドラゴラの花言葉

テレビ版の 『STAR DRIVER 輝きのタクト』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい) 謎の少女 (10/31 その2)  

STAR DRIVER 輝きのタクト 第05話「マンドラゴラの花言葉」

桑島さんに大爆笑でした

STAR DRIVER 輝きのタクト 第05話 「マンドラゴラの花言葉」

炸裂しました。 豪快にのうでぇ銀河くびすじぃ十文字あ... さこつぅ斬りぃおいしそ~、しまったー

STARDRIVER輝きのタクト第5話「マンドラゴラの...

美少年オタク登場っ--------------!?ファンサービスの一環で、外で体力作りを始める「夜間飛行」両サイドから見下ろされたテラスには、男女の見学者が♪やっぱ「夜間飛行」はみんな人...

STAR DRIVER 輝きのタクト 第5話 「マンドラゴラの花言葉」

・規則さえ守ればいいのか  今回、校則違反という言葉が何度も使用され、校則というルールがひとつの指針として示されていたように思われました  たしかに、ルールというものは従うからこそ意味をなす...

STAR DRIVER 輝きのタクト #5

「マンドラゴラの花言葉」 軽くググってみたら花言葉は恐怖、幻惑らしいです。 ナス科の紫色な小さいお花でした。 また怪しげな。。 ファンサービス大事です。 にしてもカラフルな体操着だなぁ。 ちょ、頭打ってませんか?

STAR DRIVER 輝きのタクト 第05話 「マンドラゴラの花言葉」

総キャプチャー数102枚になってしまい さて、どうレビューすべきかと悩むヨペチコです。 今回は神回と言っても過言ではない! 禁断の扉が開かれる…

STAR DRIVER 輝きのタクト第5話の感想

演劇には体力が必要であることが説明されていて演劇にくわしい制作者がいるような気がしました。 オカモト・ミドリは時空をあやつれる能力があり、高校生のからだになって男子生 ...

◎STARDRIVER輝きのタクト第5話「マンドラゴラ...

演劇部の人たちが外で練習をする。潤部員の自転車部の人が裏方を手伝いに来てた。そして、地震が起こってツバサくんが怪我をする。保険のオカモト先生、ツバサくんのファンだった。...

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


☆オススメ