高田裕三 『CAPTAINアリス・3』の感想

CAPTAINアリス3
『CAPTAINアリス・3』

高田裕三
(企画協力/里見蘭)
講談社イブニングKC
2010年10月22日 第1刷発行/¥552+税





『パパ!!ごめんね 人を信じるって――痛快!!』


<ご紹介>
『イブニング』に掲載された第16話~24話を収録した第3巻。 型破りな女子パイロット・アリスが航空機事故と真剣勝負!なお話です。
抜群の操縦技術を持ちながらも、人格的適正ゆえに航空会社を転々としてきた長谷川アリス。 しかしピンチを楽しんでしまうというパイロットらしからぬ性格と、生きることへの執着を買われて、ASジャパン社の「チームガーディアン」に抜擢される。 そこは、社長令息・慧が「予知」した事故が起こり得る機体に乗り込み、万一の事故に対応する部署。 今回「チームガーディアン」のメンバー・円旗と共に乗り込んだ機体は、離陸の際にギアがパンクしたものの順調な航行に思えた。 だがそこに現れたのはハイジャック犯! 起爆スイッチを片手に持ち、飛行機の行き先をP国に変更しろと訴える犯人は、何と一人の女子中学生で…!? 


<感想>
面白かったのです! いきなり3巻から感想書きたくなっちゃうくらいに(笑)面白かったのです! 私は元々高田作品も飛行機のフォルムも好きだったので、1・2巻もそれなりに楽しんでいたんだけど、3巻はめちゃめちゃ楽しみました。 それは、この作品がアリスの親離れの物語なんだと見せ付けられたから。 父の教えに雁字搦めになっていたアリスが、そんな「自分自身」から解き放たれるための物語だと分かったから。 その道を示したのがアリス以上に親の影響を撥ね退けてきた金蚕であることも、彼に認められたいという一心で他人を信じようとしたアリスも、ホントめちゃくちゃ熱かった! うわーイイです、この熱気、大好きですw  


この熱さを支えたのは、今までの巻できちんと築かれた舞台設定でしょう。 アリスが父親から受けた英才教育のために天才的技術を得た反面、パイロットとしては異質になってしまったこと、また慧の「予知」を無視できずチームガーディアンが創設されたこと…など、航空業界としては異端な舞台を提示できたことはかなり大きい。 その上で(変な表現だけど)魅力的な事故状況が創られているので、スリリングな展開にしてもしっかり進んでいくんですね。 ギアがパンクした物理的故障。 ハイジャックという非常事態。 そういう状況に加えて、アリスを含めた乗務員たちに不足していた「信頼関係」。 それらが絡み合ってどんどん悪化していくパニック状況をいかに乗り切るか――というだけでもフィクションとして面白いのに、何故ハイジャックを仕掛けたのかという謎や貴代が執った「大人のやり口」、説得力ある金蚕のバックボーンなどのドラマが幾重にも重なって、降伏したくなる程のドキドキ感でした! 


あのですね、まずどう考えたって、アリスの周りは波乱万丈すぎます(笑)。 これはオカシイ。 こんな航空会社絶対イヤ!なレベルでオカシイです。 でも大事なのは、彼女の『誰もあの世にいかせない!』と言う熱い想いだし、それはアリスだけに留まらないみんなの願いだっていう部分なのでしょう。 だから多分今回のケースで言うと、本来なら一つになれるはずのクルーがアリスの存在によって纏まれなくなったこと自体が、一番のエマージェンシーだったのだと思う。 アリスは他人を信じられない。 そんな彼女を円旗も信じられない。 アリスに『立場をわきまえろ』という円旗の言い分は正しいけれど、でもきっと、人の命を預かる現場ではそれすらも「甘い」んだろうな。 


…とはいえ、仕事に対する信頼が仕事でしか得られないというのも本当なんだよね。 「シップを傷つけるのは未熟だからだ」という台詞もあったけど、今回仕事への覚悟を見せ付けられるシーンが本当に多くて、社会人である私は自分の未熟さに置き換えてしみじみ思ってしまう。 円旗のように優秀な人でも足りない部分があるというのは、「仕事」に対する終わりのない追求心みたいなものを感じさせてくれます。 飛行機のトラブルが物語を進めるためだけに存在せず、アリスたちの成長を促すものとして描かれているのがすごくイイ。 ドラマの裏にはそれを支える覚悟があるんだと見せ付けられるんですよね。 『難しいなら喜んでやれ』は、自分の今後の指針に出来たら良いなと思います。 …それこそ難しそうだけども!(笑)


そんな浮き沈みを見てきたので、金蚕の言葉で他人を信じる痛快さを思い知ったアリスが「マタリック・ナ・カイビーガン」達にエールを贈った場面で、ちょっとホロリとなっちゃいました。 それは多分、今までのアリスが持っていなかったもの。 そして、金蚕の言葉と自分の頑張りで、アリス自身が手にし始めているものでもあると思うのです。 いろんな人から影響を受けて生きていくなかで一番の支えになるものだと思うので、アリスが足掻きながら自分を磨いていく姿をもっと見てみたい。 人を信じる気持ちがどんな風に彼女を変えていくのか、すっごく楽しみですw  ・・・楽しみと言えば、金蚕さんとのロマンスの行方はどーなんだろう!?(笑) その辺も楽しみですー☆



Loading...

>bonoさん

コメントありがとうございましたw

>『デカガール 4』に夢中で気づかなかった。

それはそれでbonoさんらしくてイイっすねw 私は『デカガール4』、買ったけどまだ読んでないです。 そっちも読みたい…。

えーと、何だか全体的に「bonoさんそれ褒め過ぎ!」的なコメントを頂いてくすぐったいのですが(ありがとうございます、光栄ですw)、でもね!

>でも、この感想が先に読めてよかったです。

そんな、先読んじゃダメです!(笑) 私なんかの感想は後で気にしてもらえるだけで充分ですのでw 
3巻、読んであげてください。 あなたの(?)ダッシュ400くんが頑張ってますよー。

あちゃー。
もう出てるんですね、書店に。
『デカガール 4』に夢中で気づかなかった。

でも、この感想が先に読めてよかったです。
「これぞ、りるさんの真骨頂」って感じで。

>今回仕事への覚悟を見せ付けられるシーンが本当に多くて
>社会人である私は自分の未熟さに置き換えてしみじみ思ってしまう。

これですよ、コレ。
働く漫画読みの栄養補給に。
「空夢ノート+」

>optiさん

コメントありがとうございましたw

>3巻でさらに面白くなってそうですね。

そーなんです。 1巻も普通に楽しめたんですけど、3巻のテンションはすごかったですよー。
普通に描けばパニックものになるんだろうけど、そのパニックを楽しんじゃおう!という前向きさ加減は、不謹慎を通り越して「魅力」になってます。

>これは気になりますw

で・す・よ・ね!(笑) ちょっと4巻楽しみすぎますw

1巻だけ、どこぞで立ち読みした覚えがあります。
3巻でさらに面白くなってそうですね。
物語として、もちろん楽しみにはしていますが・・・
>金蚕さんとのロマンスの行方はどーなんだろう!?(笑)
これは気になりますw
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


☆オススメ