アニメ『STAR DRIVER 輝きのタクト』の感想/第7話『遠い世界』

STAR DRIVER<スタードライバー>輝きのタクト 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス (2011-01-26)
五十嵐卓哉/榎戸洋司/伊藤嘉之/神前暁
宮野真守/福山潤/早見沙織/石田彰/戸松遥/坂本真綾


●第7話『遠い世界』

『 ・・・多分、キミはもう引き返せない 』


今度こそスガタがメインに違いない!と思ってたのに活躍したのは部長だったよ!という第7話でした(そこかよ・笑)。  いろんな人が引き返せないところまで来てるんだな、という印象で、サブタイトルの『遠い世界』もそれを感じさせます。 初めてタクトが悩む姿が描かれたけど、それだって彼が前進している証。 悩んで背中を押してもらって、やっと友達のために動けたのに、その結末が友達との隔絶だというのがホント切ない! でも、それでも、タクトには 『行けよ、銀河美少年!』 と私も伝えたい。 まだ踏み入れたことのない世界へ。 一歩ずつでも。 

今回しみじみと感じたのがエンディング曲との調和と、それから「覚醒」「掌」「側」というキーワード。 EDはスタドラのもう一つの世界観が反映されていてまさに青春!って感じなんだけど、今までで一番歌詞と本編がリンクしてたような気がするのです。 微かな距離では届かない、言い訳ばかりを束ねて今を逃げてた、崩れそうな弱さと向き合える気がしてる…などは、今回どれもタクトが実感したものなんじゃないかなって思います。 スタドラ観終わった後って妙に泣けるのが不思議だったんだけど、きっと歌詞を聴くことで本編が反芻されるからなんだろうなぁ。 三つのキーワードについては後述します。


●人物メモ ・・・今回なし(笑)。

●会話集+感想+連想 
『え、と・・・すいません、聞いてませんでした・・・』 (タクト)
『授業中の余所見もほどほどにしなさい』 (教師)

ルリからワコとスガタの欠席理由を訊ねられ、『何も聞いてないけど』と嘘をついたタクトが、その反動で教師にも「聞いてませんでした」としか答えられない脚本が巧い。 小さなこととはいえ「嘘」には「対価」が必要となる。 両義的な表現の多いこの作品らしいひとコマだなぁと思いました。 タクトにしてみれば授業中の余所見どころか、授業の方が余所見なくらい、頭の中は二人のことでいっぱいなんだろうな。 そんなタクトを見遣る人妻カナコと委員長ケイトの視線が意味深いです。 たぶんカナコはカナコなりにタクトを心配してるんじゃないかなって思うんだけど…。


『もう死んでいるのと同じか、或いは既に息をしていないか』(プロフェッサーグリーン)
『・・・』 (イヴローニュ)
『・・・』 (スカーレットキス)
 
ここでイブローニュが、スガタを好きだと公表されているスカーレットキスと同列の描かれ方をしてるので、ニチ・ケイトはスガタを好きなはずだという私の以前からの予想が当たってる、と、思いたい!(←なぜ弱気・笑) しっかしミドリ先生、プロフェッサーグリーンの時は大好きなはずの「美少年」にも冷たい物言いですね。 とても「鎖骨ぅぅ☆」とか言ってた人とは思えない!(笑) これが後で出てくる「覚醒」の表現なのかな、という気がします。


『ザメクのドライバーが覚醒するなら、我が綺羅星十字団もそれなりの対応を考えねばならない。 敵にすれば厄介だぞ』 (ヘッド) 
で、「覚醒」。 ここでいう「覚醒」というのは単純にスガタが目を覚ますという意味ではないんだろうなぁ。 綺羅星十字団の人たちが皆「二面性」を持っていることを考えると、アプリボワゼして何らかの理由で「覚醒」すると二面性が生まれるのかなって。 だとすれば、ラストで見せたスガタの豹変も、ドライバーとしての「覚醒」が齎したものであって、スカーレットキスに操られた訳ではない、というのが私の予想だったり。 ――まぁ既に外した予想があるのであたってるかどうか分からないけれども(笑)。
あとちょっと意外だったのが、綺羅星がスガタを招き入れる理由が「厄介だから」だってこと。 もっと「王には絶対来て欲しい!」みたいな前向きさで迎えるのかと思ってた。 この辺の力関係は、微妙な何かがありそうです。


『いいえ、それでも私は、彼らに期待しているんです』 (サリナ) 
一人芝居の練習ではなく、誰かに語りかけているような部長が印象的。 部長はやっぱりイケてますね! 話し相手は誰なのかなって考えた時に、ふと思い浮かぶのは――副部長かな!?(笑) いずれにしろ、部長は副部長を信頼してるんですよね。 タクトにコーヒーを勧めたのも、副部長が彼を心配する素振りを見せたからなんだろうな。


『あの二人のために、今キミが出来ることはきっとある。 ただ側にいてやるだけでもいいじゃないか。 本当に辛くて、とにかく友達に側にいて欲しいと思う時は、誰にだってある』 (サリナ) 
部長にもそういう時があったのかもしれない。 そして、その時側にいてくれたのが副部長なのかもしれない。 その温かさを知っているからこそ、ワコとスガタの絆の強さに負けず「ただ側にいてやる」ことを選んできたんだろうし、タクトならもっと違う関わり方が出来ると信じられたんだと思うのです。 
部長のこの台詞は、部長自身と仲良し三人組だけでなく、ラスト付近のヘッドにも当てはまる伏線なのかな?とも思いました。 彼が鳥籠に籠めてでもサカナちゃんを近くに置く理由もまた、「本当に辛くてとにかく近くにいて欲しい」から、なのかもしれないなって。 実際、彼は辛そうだもの…。


『タウの印はいつ受け継いだ?』 (ワコのお婆ちゃん)
『――え?』 (タクト)
『いつだ?』
『・・・一年くらい前です』

ワコやスガタが印を持って生まれたのとは違い、タクトの印は後天的なもの――しかも、一年前からの。 第6話の展開を考えると、おそらくタクトが印を継いだのは一年前の「誕生日」。 そして第4話で「昔っていうか…この傷が胸につく前の僕はもっと閉じていた」と言ってたのを考えると、傷を負ったのも同じ時期なはず。 更に「誰から」印を継いだのかと言えば、それはやっぱりジイちゃんからだろうと思うのです。 ワコのお婆ちゃんの『そうか…』という弱々しい受け答えから察すると、元の印の所有者が健在なのかどうかは疑わしいし、お婆ちゃんとジイちゃんが知り合いなのでは?という想像に繋がっていく。 ってことは、先代の銀河美少年がジイちゃんか!(笑) で、ワコのお婆ちゃんに横恋慕だったのかもしれない!(←横恋慕言うな・笑) …となると、タクトが最終的に選ぶのが、ジイちゃんと同じ道(=島を出る)なのか異なる道なのか…というのが物語の核になるのかな? …といろいろ考えちゃうんだけど、いくらなんでも早まり過ぎだろうと自分を戒めました(笑)。 


『何でここに・・・?』 (ワコ)
『心配・・・いや、ワコの顔を見たかったから』 (タクト)

そんなこと言うなよ、ときめくじゃん!(←私が!・笑) いやぁ青春ですね! 部長に訊かれた 『キミは、どうしたいんだ?』 の答えその1って感じでしたw 


『夕べの奴か・・・お前のせいで、スガタはっ!!』 (タクト) 
という訳で、サイバディ・カフラット(って聞こえた)とのバトル。 部長への答えその2って感じで、スガタのために戦おうとするタクトに迷いがないのがカッコイイ! バトルは相変わらずよく動いてて気持ち良いですね。 今回バトルシーンでタクトがやられる時の作画が、ひじょーに好みな感じに色っぽくてドキっとしましたw ミドリ先生の気持ちがちょっと分かるぜ!(←え?・笑)。 


『スガターーーっ!!(と、落ちるスガタをキャッチ)』 (タクト) 
ここでスガタを救ったのは、タウバーンの「掌」。 今回の敵がフェニキア語で「カフ=掌」の意味を持つ為か、カフラットは掌から人形を撃ち出すんだよね。 戦うための「掌」と、人を救うために伸ばされた「掌」。 それぞれ対照的な使われ方をしたこの「掌」が、ラストの驚愕へと導く伏線だった…という構成が上手すぎます! 


『・・・本っ当、面白い。 こうしてサカナちゃんの話が聞けるなら、俺もまだ頑張れる』 (ヘッド)
『・・・・・・』 (サカナちゃん)

誰かが側にいてくれるから頑張れる――前述した部長の台詞を裏付ける発言ですね。 彼がイカ大王とサムに大きく共感している理由が分からないけれど、今回はそれよりもサカナちゃんの反応の方が気になりました。 巫女は封印が破られれば外へ出られるはずなのに、逆にずっと籠められているサカナちゃんの立場は気になってたんだけど、もしかしたら「自分が出来ること」をヘッドのために実践してるだけなのかもしれない――囚われているというのは形だけであって、むしろ一緒にいたいのは彼女の方? 思ってもいなかった展開に、りるさんのラブコメ脳がうずいてます!(抑えて!・笑)


『気をつけろ。 お前、死にたいのか?』 (エンペラー?)
気をつけろ、左目が赤く光ったらギアスが発動するぞ!(笑) という訳で、魔王様が降臨なさいました・・・そうか、このための福山キャストか!と膝を打ちたくなるくらい、心底ぞっとする声でした。 福山さんの演技が切ないくらい上手すぎます! そして一層切ないのは、スガタを覚醒させたのがタクトの「掌」だということ。 ゼロ時間でスガタの体を守るために必死で伸ばした掌が、通常時間でスガタの精神を呼び起こすために伸ばした掌が、こんな切なさの呼び鈴になってしまうことが悲しすぎる…!  スガタは多分こうなるんだろうと思ってたけど、やっぱり切ないよ。 冒頭でも書いたけど、ここでEDに流れると「仲良し三人組」が謳歌している青春模様がよけい強調されるんですよね。 何て鬼のような演出効果なんだ!(大泣) 次週予告でタウバーンが戦ってたのがもしかしてザメクなのかなぁ。 タクトはワコの悲しい顔は見たくないって言ってたけど、じゃぁどうすれば良いのかな? どうなれば良いのかな…? と言うことで、次回がやっぱり気になるのでした!

ところで、本文中で「ギアス」だの「魔王」だの言ってる意味が全然分からないYO! という方は、こちらの感想をご覧になって中りをつけてくださいませ(笑)。 


Loading...

>こにぃでさん

いつもコメントありがとうございますw

>予想していたとは云え、あの冷たい眼差しのスガタは悲しすぎますね。

そーですよね…一度はあぁなるしかないと分かってても、やっぱり悲しい。 そして福山さんの鬼気迫る演技がまた…っ!!って感じでした。 ひたすら切ないです。

>ミナミとキタの巫女で、丁度コンパスの両極のような関係なんでしょうか

あぁなるほど! それは考えてなかったけど納得です。 もしかしたら、他の二人の巫女にも、そうやって添い遂げるような存在がいるのかもしれませんね。 そして四方が交わる点に存在するのがタクトなのかもしれません。

>アンデルセン童話がアレンジされて引用されているような印象もありますね。

『星の王子さま』もそうですけど、いろんなテイストが感じられるのも、物語に奥行きを生んでいると思います。

>キスによってて掛けられた呪いをキスで解くなら、

これはスカーレットキスのキスを受けたスガタのことでしょうか? 私は今のところスガタが操られてると思ってないのだけど、でもキスの上書きはして欲しいかも…無理矢理なキスのままでは、やっぱり切ないです。 スガタも、ベニオも。

>彼らは三人で一つであることを指し示しているように思われてならないんですよね

ザメクの印が王に似ている、という説よりも、こにぃでさんが書いてくれたこの説の方が私は好きです。 確かに、3人で支えあうっていう構図が彼らには合ってると思うのでw …切なさも含めて、だけども。

予想していたとは云え、あの冷たい眼差しのスガタは悲しすぎますね。

眠れないヘッドのために歌うサカナちゃんは、まるで童話のナイチンゲールのようですが、今までスガタの側で歌を歌っていただろうワコも、なぜか立ち位置が被ります。
ミナミとキタの巫女で、丁度コンパスの両極のような関係なんでしょうか。

優しかった少年の態度が豹変し、大好きだった少女の元を去るのは『雪の女王』で、魚の尾を取り戻すために愛する王子を刺すことができず、海の泡になってしまった『人魚姫』など、特にアンデルセン童話がアレンジされて引用されているような印象もありますね。

ただ、キスによってて掛けられた呪いをキスで解くなら、それはタクトではなく、妄想巫女さんの役だと思いたいのですが(笑 それに身を引いて海の泡になるのがタクトであるとも思いたくありません(汗

ザメクの印がまるで「王」の字を貫いたような形状だという考察もありましたが、それならば三本のラインの一方が中心に来るワコの印は、彼らは三人で一つであることを指し示しているように思われてならないんですよね。
Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『STAR DRIVER 輝きのタクト』第7話 感想

スガタが…。 今まで私自身良くわかってなかった事が1つありました。 ゼロ時間に、何故毎回ワコが呼び出されてしまうのか。 既に作中で語られていて、私が見逃していただけならば申し訳ないのです...

STAR DRIVER 輝きのタクト 第7話 「遠い世界」

 3人ではなく最初から2人と1人。この考え方は切ないですね。

STAR DRIVER 輝きのタクト 第7話 『遠い世界』

第7話 『遠い世界』 スガタが王のサイバディ・ザメクとアポリポワゼした翌日。昏睡状態に陥ったスガタを心配して、ワコは学校も休み朝から禊で祈りを捧げ、タクトはそんな二人に対し、何もしてやれないも...

STAR DRIVER 輝きのタクト 第7話「遠い世界」

スガタくーん。・゜・(/Д`)・゜・。 この島を王の柱が貫いた! 王のサイバディ・ザメクとアポリポワゼして、永遠の眠りについたシンドウ・スガタ。 1人祈り続けるアゲマキ・ワコ。 本当は3人組じゃなく、2人と1人だった・・・ 見てても仲良し3人って感じはしな?...

STAR DRIVER 輝きのタクト 第7話「遠い世界」

行けよ、銀河美少年――。 王のサイバディ・ザメクとアポリポワゼしたスガタ。 目覚めなくなったスガタのために祈るワコ。 何もできないと無力感に苛まれるタクト…。 サリナは、ワコたちの友達だから傍に行...

『STAR DRIVER 輝きのタクト』#7「遠い世界」

「あの二人のために、今君が出来ることはきっとある」 行けよ、銀河美少年☆ ワコのピンチに、もう一生目覚めないと知りつつも、 アプリボワゼしたスガタは、案の定眠りにつくことに。 そんなスガタに目覚めてくれと泣き崩れるワコを横目に、 タクトは今、自分がな...

STAR DRIVER 輝きのタクト 第7話「遠い世界」

スガタが王のサイバディ・ザメクとアプリボワゼした事は、綺羅星十字団にとっても重大なことだったみたい。 今のスガタの状態を確認する必要があるみたいだけど、ともかくも責任はブーゲンビリアが取れってか...

STAR DRIVER 輝きのタクト/感想/第7話「遠い世界」

「行けよ、銀河美少年」-エンドウ・サリナ- アニメ『STAR DRIVER 輝きのタクト』第7話「遠い世界」のネタバレ感想です。

STAR DRIVER 輝きのタクト 07話『遠い世界』

一夜明け、ワコとスガタは学園を休む。 それが何故か、その理由をタクトはよく知っている。だから授業中に集中力を欠いてしまうのは無理もないだろう……

STAR DRIVER 輝きのタクト 第7話 『遠い世界』 感想

タクトに次々と襲い掛かる試練は、”絆”の意味を知るためでしょう。 STAR DRIVER 輝きのタクト 第7話 『遠い世界』 の感想。

STAR DRIVER 輝きのタクト 第7話「遠い世界」

Cross Over(アニメ盤)(2010/12/01)9nine商品詳細を見る  ワコとスガタの深い絆を目にした上に、スガタも倒れてしまった事により、タクトは憂鬱となっていました。3人で仲良しと思っていたのが、スガタ+ワ...

STAR DRIVER 輝きのタクト 第7話「遠い世界」

「本当は3人組じゃなくて  二人と一人だったんじゃないかって…」 二人の為にやれる事があると部長に言われ行動するタクト! 今回はタウバーンvsカフラット!    【第7話 あらすじ】 スガタが王のサ...

STAR DRIVER 輝きのタクト 第07話「遠い世界」

部長、凄く良いね♪

STAR DRIVER 輝きのタクト 第7話 『遠い世界』

本当は3人組じゃなくて            2人と1人だったんじゃないかって・・・

STAR DRIVER 第7話「王の柱」

流石ニノさんいい事をおっしゃる。 タクトの心が吹っ切れましたね。 ニノさんだけでなく、幻海婆さんもみぃつけたア!!

STAR DRIVER 輝きのタクト 第7話 「遠い世界」 感想

変わり始めた関係―

STAR DRIVER 輝きのタクト 第7話「遠い世界」

STAR DRIVER 輝きのタクト 1 【完全生産限定版】意外に早くスガタが目を覚ましましたが、 意外すぎる展開へと発展! 先週から唐突に盛り上がっております(笑)

STAR DRIVER 輝きのタクト 第7話 「遠い世界」

・本当は2人と1人だったんじゃないかって  このように心から信頼していた者が深い眠りについたという状況の中では、人に頼りたいと心の拠り所を探してしまうというのが一般的であると思います  しかし...

STAR DRIVER 輝きのタクト 第7話 感想「遠い世界」

STAR DRIVER 輝きのタクトですが、ものすごくシリアスな展開になっています。シンドウ・スガタが昏睡状態に陥り、アゲマキ・ワコは海で祈りを捧げます。ツナシ・タクトも二人の為に何かしてあげたいと思います。 スガタとワコの宿命を考えれば、二人の幸福というのは想像...

STAR DRIVER 輝きのタクト 第7話「遠い世界」

アゲマキ・ワコを助けるため王のサイバディ・ザメクとアポリポワゼして、王の柱の力を使ってしまったため、昏睡状態となってしまったシンドウ・スガタ。翌日、ワコはスガタの目覚めを祈って禊ぎのために休み、タクトだけが登校しています。王の柱の存在は当然みんなの知る...

STAR DRIVER 輝きのタクト #07 「遠い世界」

シンドウ・スガタの暴走(?) どうも、管理人です。今週も始まりました、タクト感想。今回は実験も兼ねて、結構ざっくりといきたいと思います。やる気がないとかそんなオチじゃないです…多分w サリナ:「行けよ 銀河美少年!」 スガタがゼメクとアプリ?...

【暴君誕生?】STAR DRIVER 輝きのタクト 第7話「遠い世界」

 番組タイトル。「STAR DRIVER 輝きのタクト」ってどうも弱くないですか?例えば「銀河美少年伝説 STAR DRIVER」なら、「銀河美少年」というフレーズが目立つでしょうし。「銀河美少年」...

STAR DRIVER 輝きのタクト 第7話 遠い世界

スガタは自分を守る為にアポリポワゼしたと、涙を流すワコ。

STAR DRIVER 輝きのタクト/感想/第07話「遠い世界」/仲間はずれはすでに手遅れ?

「すでに手遅れだと思うけどな」(エンドウ・サリナ) 『STAR DRIVER 輝きのタクト』第七話「遠い世界」のネタバレ感想です。

◎STARDRIVER輝きのタクト第7話「遠い世界」

タクトが学校に登校。ワコとスガタは学校に来なかった。スガタは眠ってしまってた。キラボシ十時団の総会が開かれる。王の柱の話をヘッドがする。ブーゲンビリアの責任が大きいとい...

STAR DRIVER 輝きのタクト_第7話『遠い世界』感想 / テレビアニメ

一言結論:振り返れば、手遅れ  ネタバレありますので、以下は続きから。

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


☆オススメ